ここから本文です
鳥取県在住のアマチュア無線局JK4HNNのblogです。
西無線研究所の新技適CB機NTS111のフィールドテストが報告されています。


送信、受信とも高評価のようで、安心しました。

生産も確定し、価格は税抜き81,500円だそうです。


https://twitter.com/nishimusen

楽しみです。

ではまた

この記事に

開くトラックバック(0)


ビリー・ジョエルの「New York State of Mind (ニューヨークの想い)」を多重録音してみました。年末から録音し始めてやっと出来ました。

オケが出来てから、ちょっとキーが高すぎたかと思いましたが、なんとか声が出ました。マイクはAKG C3000というコンデンサーマイクを使ってみました。高感度できれいに録音できます。



1976年の曲で、高校生の頃よく聴いていましたね。ビリー・ジョエルといったら、「素顔のままで」とか「オネスティー」とか「ストレンジャー」とか、たくさん名曲を書いています。
レイ・チャールズをすごく尊敬しているのだそうです。おそらく、レイ・チャールズの「ジョージア・オン・マイ・マインド」に触発されて書いた曲でしょうね。ジャズやゴスペル、ブルースなどのエッセンスが入った名曲です。


ではまた

この記事に

開くトラックバック(0)

西無線研究所の新スプリアスCB機「NTS111」の予約が始まりました。フィールドテストを重ねたということもなさそうだし、第一ロットで購入するのはちょっと気がかりな面もあるのですが、おそらく第二ロットはないと思うので早速予約しちゃいました。


値段を3段階にして、自分が買いたい値段に入札?する、というユニークな方法です。どれくらい売れるのか予想ができないので、なかなかのアイディアだと思います。キャンセルになるのも困るので8,5000円で予約しました。

ロッドアンテナはそんなに長い物ではなさそうなので、飛びや受けの性能がそれほど高いということはないだろうなと思います。でも、あれだけコンパクトで軽量なのは魅力的ですね。自転車や登山、旅行などに持っていくのにはもってこいだと思います。

ではまた

この記事に

開くトラックバック(0)

ハ○キルーペもどき

近所の家電店に行ったら、レジの所にこんなものが置いてありました。
イメージ 1

イメージ 2

眼鏡の上から掛けられる拡大ルーペです。540円でした。もちろん中華製です。まあバッタモンかな、と思いつつも、ついふらふらと買ってしまいました(笑)。

スマホとか文庫本とか字が小さいと読みにくくて疲れますが、意外ときれいに拡大されて見えます。双眼鏡を覗いている感じですね。ただ眼鏡の度が急にきつくなった感じなので、逆にくたびれます。あと、視線をちょっと遠くにずらすと完全にピンぼけになるので、家で椅子に座っている時だけにしないと危ないです。

半田付けする時に使えそうです。本物は1万円以上しますが、しょっちゅうCMで流れていて、原価はどうなのかなとも思いますが。

ではまた

この記事に

開くトラックバック(0)

BCLラジオのアース



マグネチックループアンテナはノイズが少なくて良好なアンテナです。通信型受信機では同軸ケーブルを接続する端子があるし、高級なBCLラジオなら外部アンテナ端子とアース端子があるので、そのまま接続できます。しかし、普通のBCLラジオだとアース端子がないのでそのままでは接続できません。

またロッドアンテナやワイヤーアンテナはしっかりしたアースがあってはじめて本来の感度が引き出せます。それとアースにはシールドやフィルターの動作を安定させる働きがあって、ノイズを減らす効果があります。

BCLラジオからアースを取る方法としては、電池のマイナス側のバネから取ったり、イヤホンジャックのアース側から取ったりする方法が本に出ていました。もっと簡単に取れる方法がこちらに紹介されていました。

「BCLラジオをアルミホイルを敷いた上に置き、アース線を接続する」です。

<ループアンテナ>
ノイズが少なく、信号がクリアーに聞こえます。

<ロッドアンテナ>
ラジオを手で持つだけでもアース効果で信号が強くなります。アルミシートにアース線を接続すると信号が強くなります。

<ワイヤーアンテナ>
ワイヤーをロッドアンテナに接続すると信号はよく入ってきますが、ノイズが多いです。アース線を接続するとさらにノイズが上がります。アースをつなげてノイズが減れば申し分ないのですが、おそらくアース線がノイズを拾うためのアンテナになってしまっている感じです。アース線からアンテナへの回り込みを疑って、チョークコイルで遮断してみましたが、変化なしでした。本体そのものにアース線からノイズが回り込んでいるものと思います。

最近アースについてあれこれ調べていて、少し実験してみました。

ではまた

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 5

イメージ 4

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事