全体表示

[ リスト ]

舞台女優 今田裕美子

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

      

   ひとり芝居
   「真知子〜ある女医の物語〜」


いよいよ今日が、村山市での公演の日でした。
娘と一緒にでかけました。

昨年10月の「衣・食・住からの和と環境展」の時には、語り劇で協力をしてくれたこんちゃん。
あの時に、私は始めて女優としての今田裕美子さんに会いました。
その時、友人としてのこんちゃんとは違う女性がそこにいるのを感じました。

そして、舞台はきょうが始めて。以前の公演をこんちゃんと一緒にビデオを観せてもらったことがありました。(あ・・・一緒にビリーズブートキャンプをやった時でした。)

その時のお芝居と今回は、脚色が少し変わったみたいでした。

一人の女性の生き方を通して、いろいろなメッセージが伝わってきました。

女性が働くということ。
へき地医療の問題。
命の尊さ。

猫のエピソード。
お母さんの死。
小豆のお話。
恋人と大井沢。
自分が選んだこと。

途中、地元のおばあさんが、医者様がきてくれてどんなに安心して、嬉しかったのかという事を話す場面があります。

長靴を履いて、もんぺに割烹着。頭には手ぬぐいを被って、そして、見事な山形弁でそれを語ります。
会場からも拍手が湧きました

舞台にでていたのは、今田裕美子1人だけです。
吹雪の中、患者を励ましながら大きな病院へ向かう真知子先生。
酔った真知子先生も出てきました。
東京での楽しかった思い出を語る若い娘のような真知子先生。
やっぱりこんちゃんは女優なんだと改めて解りました。

生ピアノの演奏も息が合って素晴らしかったです。

舞台は撮影禁止だったため残念ながらその様子はご紹介できませんが、その後のトークショーは大丈夫との事でしたので、少し撮らせてもらいました。

彼女は児童劇団の指導もしていますから、たぶん教え子でしょう。
花束を渡された彼女はとても嬉しそうでした。

http://www.yamagata1.jp/51.html
(俳優 今田裕美子)

会場では、浅倉かおりさん、うさと展においでくださって男性モデルになってくださった須藤さん、それから、きくちいまさん、マイ箸クラブ・アイタックルの社長水沢氏、村山市の伊沢さんにもお会いすることができました。

このお芝居が、これからも全国各地で上演され続けることを祈っています。

それから、大井沢で医者として生きる事を選んだ真知子先生は、女性としての幸せは諦めるしかなかったけれども、こんちゃんはまだまだこれから、女性としての幸せも祈っていますよ。
こんなに魅力的なのですから。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事