全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
自らを「印象派写真家」という二人の写真家、小川勝久・佐藤ケイジュ両氏が、バラの季節に合わせて山形へやって来ます。
 
お二人とも東京在住。現在第一線で活躍中の写真家です。
 
小川氏は最近、絵のようなバラの写真作品を作られ、
佐藤氏は美しい風景写真を撮っておられます。山形が舞台になる事も多いようです。
 
小川勝久氏は「写真とは 真心で写すもの。」とおっしゃり、山形の酒、初孫のCMに出演されていたこともあり、このフレーズに聞き覚えのある方も多いのではないでしょうか。
そして、佐藤ケイジュ氏も「写真は、その時感じた の記録。」とおっしゃいます。
 
写真は、ある物をあるようにそのまま写すだけではなくて、心地好いと感じた自分の心をいかに表現するかという芸術作品であると捉えていらっしゃいます。
その場面に出逢わせていただいた感謝の心、撮らせていただくという謙虚な気持ちを忘れてはいけないとお二人は口を揃えます。
 
◆この度は、村山市の東沢バラ公園で、二人の講師によるレクチャー付きバラの撮影会を、
6月の第1日曜日に開催します。(主催/村山市観光物産協会・村山市商工観光課)
 
◆せっかくこちらに先生方がいらっしゃるこの機会に、
さらに深い写真の学びや、
写真の本当の楽しさをより多くの方に知って欲しいという気持ちで、
その前日には「バラを撮る心得、写真表現」などについて
しっかりとお話を聴く事ができる時間を設けました。
写真のお話はもちろんですが、人生観を含めたそのお話は、癒しの時間ともなりそうです。 
小川勝久、佐藤ケイジュ両写真家によるトークセッション。
聞き手・進行役に山形ではお馴染みの
ラジオパーソナリティーなども務める 浅倉かおりさんをお願いしました。
(会場/東根市タントクルセンター、主催/アトリエのあ・写真展開催実行委員会)
 
 そして、バラまつり開催中の約1ヶ月間、
東根温泉 のゝか本郷館喫茶ギャラリーにて
小川勝久氏の「バラの写譜展」を開催します。
和紙にプリントした味わい深い薔薇の写真と共に、心を休める「安らぎのティータイム」を、お楽しみ
下さい(会合などの貸し切りで入れない場合もありますからご了承ください。事前にご確認いただければと思います。)                               
 
 ※このチラシの薔薇は小川先生の作品で、東沢バラ公園で撮られたものです。
中央の赤い薔薇の品種は「はながさ」と言います。
 
企画1)「バラを写そう!」撮影・講習会  ■日にち:6月6日(
■会場:東沢バラ公園(山形県村山市楯岡東沢1−25)■時間:1回目10時〜12時/2回目14時〜16時 
■講師:小川勝久・佐藤ケイジュ ■参加費:2000円 ■定員:各回30名ほど(合計60名ほど) 
■主催:村山市観光物産協会・村山市商工観光課 ■問い合わせ先:0237−55−2111 
※チラシの住所は村山市役所の住所でした。バラ公園の住所は楯岡東沢1−25です。
※白いビニル傘をお持ちください。もちろんカメラもね。
 
企画2)「薔薇の写譜」小川勝久写真展  ■開催期間:6月2日(水)〜74日(日)
■会場:のゝか本郷館 喫茶ギャラリー「魔笛」(山形県東根市温泉町2丁目1−1)0237−42−1711 
      http://www.nonoka.jp/
■ギャラリー営業時間:8時〜21時
■企画:アトリエのあ
 
企画3)「写真表現の心得」トークセッション ■日にち:6月5日(
■会場:東根市さくらんぼタントクルセンター(山形県東根市中央1丁目5−1)
■時間:14時30分〜17時30分 
■講師:小川勝久・佐藤ケイジュ/聞き手・進行役:浅倉かおり 
■参加費:3000円 学生1000円→きのう決定しました。(学生証を提示してください。)
■申し込み締め切り:5月25日(本日掲載のお知らせは31日となっていますが、その後25日に訂正して印刷しました。)
■主催:アトリエのあ・写真展開催実行委員会 
■問い合せ・申し込み:023−633−9902(鈴木)※事前お申し込みをお願いします。        

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事