Kim's Room

ご無沙汰しておりますが、元気にしております。 2011.04.08 kim

全体表示

[ リスト ]

チェ 28歳の革命

イメージ 1製作:2008年 アメリカ/フランス/スペイン 
原題:CHE: PART ONE
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
出演:ベニチオ・デル・トロ (エルネスト・チェ・ゲバラ)
    デミアン・ビチル (フィデル・カストロ)
    サンティアゴ・カブレラ (カミロ・シエンフエゴス)
    エルビラ・ミンゲス (セリア・サンチェス)
    ジュリア・オーモンド (リサ・ハワード)
    カタリーナ・サンディノ・モレノ (アレイダ・マルチ)
    ロドリゴ・サントロ (ラウル・カストロ)

ストーリー: 1955年、メキシコ。アルゼンチン人の青年医師エルネスト・ゲバラ。南米大陸の旅を続ける彼は、自らも喘息を抱えながらもラテン・アメリカの貧しい人々を救いたいという志が芽生えていた。そんなゲバラはある日、独裁政権に牛耳られた祖国キューバで平等社会の実現を目指す反体制派のフィデル・カストロと出会い意気投合する。そして、政府軍に無謀とも思えるゲリラ戦を仕掛けようという彼らの作戦への参加を決意するゲバラだったが…。 allcinemaより
初公開年月:2009/01/10


(まだ公開3日目ですが)、やっとやっとや〜っと、『CHE』を観ることができました!!
今上映中の作品は『CHE: PART ONE』という原題の通り、『CHE』という映画のあくまで前半。 『PART TWO』を観ないことにはこの映画については語れないかなぁ…というのがあり、私もたとえ4時間超でも一気に上映して欲しかったのですが、制作側にも興行側にもそれぞれ事情はあるでしょうし、この映画については、世界的にみても比較的早い時期に日本で観れること自体が幸運なことと思っているので、そこは3週間後の『PART TWO』上映を楽しみに待ちたいと思います。

ということで、『PART ONE』を観て思いついたことをいくつか…。
このブログを開設した4年程前に『モーターサイクル・ダイアリーズ』が上映されていたのですが、その映画ですら、トロさまの『CHE』の勉強の為に…と観に行った私だったりします;;;
(『モーター〜』では、ゲバラを演じたガエルくんの好演もあり、その後スペイン語圏の映画に沢山触れるきっかけにもなりました。)
なので、私的には、チェ・ゲバラについて、キューバ革命については勉強の時間もあり、この度の映画も興味深く観ることができましたが、既にご覧になった方の”解りにくい”というご意見ももっともと思ったり…(^^;

南米をバイク旅行したときに、既に医学より社会的なことに関心が向いたようですが、ゲバラを革命家にしたのは、キューバのフィデル・カストロ前議長との出会い、そしてキューバ革命への参加ですよね。
ということで、メキシコでのカストロと出会い、グランマ号で80人の同士とキューバに上陸し、ゲリラ活動をしながら組織を大きくし、果ては多くのキューバ国民の気持ちも掴んで革命を成し遂げた経緯はちゃんと描かれていると思いました。

が、バティスタ独裁政権に支配されたキューバがどういう状況だったか、キューバ革命は必要だったのか、革命はどのように成し遂げられたかについては、断片的に出てきてはいましたが、解りにくかったと思います。
キューバ革命を理解するには、やはり革命の首謀者、カストロの視点でなければわからないと思うし、そこら辺に興味をお持ちで手っ取り早く映像で観てしまいたいという方は、『チェ・ゲバラ&カストロ』というDVDがレンタルできると思いますので、そちらをご覧になった方がわかりやすいかと思います。
ちなみに、鑑賞直後の私の感想では…  ”ジャケット写真がガエルくん@ゲバラなのに、もろカストロのストーリーでした(^^; オリジナルはもっと長いドラマのようですが、それを120分に短縮してるので、あらすじを映像にしたような仕上がりになってます。 手っ取り早くキューバ革命やカストロについて知りたい方には効率の良い作品だと思いますが、ゲバラについて知りたい方、もっと突っ込んで革命について知りたい方には物足りないのでは?”
という訳で、ゲバラがどうやって革命家になって行ったのかを知りたかった私的には、本作はかなり満足しているのです。

私はこれまで、ゲバラ自身の著書としてはボリビア時代の日記を半分ほど読んだだけなのですが、映像では前出の『モーターサイクル・ダイアリーズ』、『チェ・ゲバラ&カストロ』の他、『チェ・ゲバラ-人々のために』というドキュメンタリー映像、それに先週末ヒストリーチャンネルで放送していた『モーターサイクル旅行記』、『カストロ 人生と革命を語る』などを観ています。
そんな中から浮かんでくるチェ・ゲバラの人物像というのがあるのですが、本作でベニシオ・デル・トロがどの程度体現しているのかというのも興味があったところです。

どれも興味深いエピソードが語られていたのですが、印象に残っているキーワードとしては、
自分にも他人にも厳しい、マルクス・レーニン主義、人懐っこい、重度の喘息持ち、女好き?(笑) など

カストロ前議長によると、危険な任務には一番に志願したそうです。 あまりに向こう見ずなため、君にはここで命を落とされては困るんだと諭したこともあるそうな。 それに、ゲバラは3回大きな過ちを犯したそうです。 それは、発作が起きると呼吸困難に陥るほどの重度の喘息持ちながら、グランマ号でキューバに上陸する際に吸入器を持っていなかったということなのですが、ボリビアに行く際にも持っていなかったとか。
ゲバラは幼い頃からの喘息持ちで、それを自分の人生の一部と捉えていたようなのですが、何故??
そのようなエピソードは、『PART TWO』で描かれているだろう、ボリビアで命を落とすことになった遠因にもなっているような気が…。

また、本作の冒頭にゲバラについての簡単な紹介映像がありましたが、そのの中で、アルゼンチンの裕福な家庭で育ったとありますが、実際は上流階級の家庭でも経済的には厳しかったようですね。 が、自由な雰囲気の中、いろいろな職業の人が集まる集会所のようだったとか。
そんな、まだアルゼンチンにいた頃のエピソードですが、従兄弟が母親から貰ったシルクのシャツを黙って失敬して帰ってことがあるそうです。従兄弟がゲバラの母親に聞いてもらうと、シャツを売った金で1週間食べることができたよと返事が来たとか(笑) その反面、お金に困っている友人には、貯金通帳を差し出し、サインしてあるから必要なだけ使ってくれと言ったそうです。
キューバ革命後、農業や工業の大臣に就任しても、質素な生活で、砂糖プラントの建設が急務とわかれば工具を持って出かけたというエピソードもありますが、ほんと、表裏なく、終始一貫した主義の持ち主だったようですね。

ベニシオ・デル・トロは、ゲバラを演じながらも、偉大な革命のアイコンであるためいろいろ悩んだようですが、激しさとか厳しさとか優雅さとか飾り気のなさとか人懐っこさ、後にカリスマと呼ばれた要因をちゃんと表現できていたように思います。

最後にミーハーなことを…(^^;
私的には、実はこれが一番観たかったのですが(笑)、俳優陣はラテン系の豪華俳優が集結してましたね!
トロさまはプエルトリコ人なので、オスカーで助演男優賞を受賞した『トラフィック』もスペイン語で演じてました。 が、ゲバラの愛称にもなった”チェ(ねぇ君と呼びかける時に使う言葉)”はアルゼンチン訛? 実際に使っている様子を聞けたのは興味深かったです。 それに本作では実に25キロの減量で臨んだそうですが、冒頭の激痩せぶりはびっくりしました〜(@@;
フィデル・カストロ役には『ウェルカム!ヘヴン』でボクサー役を演じていたデミアン・ビチル。 カストロ前議長については、ヒストリーチャンネルのインタビュー映像を3時間分観ただけなのですが、ルックスは勿論、雰囲気とか仕草とかも似ていたような。
で、カストロの弟、ラウル役がロドリゴ・サントロくん!! 重要な役でしたね〜! 出演シーンも多くて満足^^。 カストロとゲバラを結ぶメッセンジャー役でしたが、でしゃばり過ぎないチャーミングさが弟らしくて良かったです♪
ラウル・カストロは辞任した兄に替わり、2008年2月に議長に就任したのですよね。
で、ゲバラの部下で、後に司令官になっていたカミロ役のサンティアゴ・カブレラ!! 彼のことも楽しみにしていたのですが、んもう、素敵でしたね〜^^。 初めて名前を聞いたという方、『HEROES/ヒーローズ』ではシーズン1にしか出演していないのですが、アイザック・メンデスという未来を描く画家はご存知でしょうか。
はぁ〜、ラテン系イケメンの皆様、ご馳走さまです!?(笑)

イメージ 2
写真左より
カミロ役:サンティアゴ・カブレラ
ラウル役:ロドリゴ・サントロ
ゲバラ役:ベニシオ・デル・トロ
カストロ役:デミアン・ビチル
2008年カンヌ映画祭より


閉じる コメント(19)

顔アイコン

そうですね。この映画は背景をあらかじめ予習しておかないと、眠ってしまう危険大ですよね。TBお願いしますね。

2009/1/12(月) 午後 7:57 mossan

顔アイコン

深く知れば知るほど興味がわいてきそうですね。私はこれからチェについては勉強していきたいと思っています。没後50年ということでチェに関する展示会ももようされるようなので、時間があれば大阪まで見に行こうかなと思っています。チェの実像に迫るためにも、早く後半が観たいです!
TBさせてくださいね。

2009/1/12(月) 午後 7:59 オネム

顔アイコン

おぉ、ラテン系イケメンがお好みだったのですね。^^;
いや〜でも、チェ・ゲバラについては相当な思い入れがあったのですねぇ。 『モーター〜』もこの映画のためになんて、すごいっす。^^;
というより、デル・トロ様のために、という方が正解ですかね。^^;
TB、お願いします。^^

2009/1/12(月) 午後 10:38 サムソン

顔アイコン

もっさん、ですね、ソダーバーグ監督はあまり親切ではないといつも思うのですが(^^;、自分なりにテーマを持って観に行かないと置いてけぼりを食ってしまいますね。
TBありがとうございました!

2009/1/13(火) 午後 1:49 kim

顔アイコン

オネムさん、展示会、いいですね〜;;; そういった催しは当地にはやってきても凄く遅いので期待しないで待ってみます(^^;
後半が楽しみですね♪
TBありがとうございました!

2009/1/13(火) 午後 2:02 kim

顔アイコン

サムソンさん、元々ラテン系が好きなのか、トロさまに嵌りラテン系が好きになったのかわかりませんが、とにかく好きです(笑)
で、ラテン系好きになると、ガエルくんにしろ、ディエゴ・ルナくんにしろ、気になるところですが(笑)、ラテン系で顔が売れた俳優さんが少ないせいか、やはりキューバ革命をテーマにした映画に出演しちゃうんですよね。 なので、観ざるを得ないところもあるかな(笑)
TBありがとうございました!

2009/1/13(火) 午後 2:27 kim

キューバ革命戦争を通して「ゲバラ」という人間を描いている作品だと思いました。
国境を超え、時を超え、いまなお・・・世界に愛される人物チェ・ゲバラ・・・後編も楽しみですね^^
トラバお願いします!

2009/1/13(火) 午後 8:17 くるみ

アバター

さすが、Kimさん!
下準備のレベルを超えてますね(^^ゞ
見ていて俳優さんが誰が誰なのかよくわからなくなって、とりあえずトロ様だけ探してた私でした(-_-;)
そうか〜、アイザックの彼とはさっぱり気づきませんでした(^_^;)

2009/1/13(火) 午後 9:01 木蓮

顔アイコン

くるみさん、コメント&TBありがとうございました〜♪
後編の公開もホント楽しみですね〜!

2009/1/14(水) 午前 9:34 kim

顔アイコン

もくれんさん、『CHE』を観終えると、私の中でのキューバ革命もやっと終止符を打てそうです(^^;
で、映画が始まって、私もロドリゴくんはすぐに分かってニヤリ〜♪としたのですが、トロさまにはほんと驚いて、えぇ??(@@;状態でしたよ〜;;; 体が半分になってましたよね(^^;
でで、アイザック、ベレー帽のゲバラに対して、パナマ帽?かぶってましたが、あぁ〜なんて素敵なんだろう…とうっとりしてしまいましたよ。 今回の一番の収穫だったり…(^^ゞ
TBありがとうございました!

2009/1/14(水) 午前 9:35 kim

アバター

ずいぶん前からずっとこの映画を紹介されていたKimさんの感想、楽しみにしておりました。(^^ゞ
私もにわか勉強ながらドキュメンタリーを観たり少し予習していったため、面白く観ることができました。
カリスマ的人気を今も誇る革命家チェの姿が変に脚色されることなく描かれているのがいいですね。革命成功後が描かれる後編がとても楽しみです。
ところで、「チェ・ゲバラ&カストロ」ってガエル君がここでもゲバラを演じているんですね。これは知らなかったDVDなので探してみたいと思います。(^^)
TBさせてくださいね♪

2009/1/17(土) 午前 7:40 choro

顔アイコン

僕もやっと観ることができましたKimさんにずっと前からこの作品のこと教えてもらってたんで楽しみにはしてたんですが予習する時間はなかなかなくてウキペディ読んだ程度で行ったんですよね。
それにしてもデルトロはすごい演技やったと思いますね。彼の役者魂を感じました。
TBさせて下さいね。

2009/1/17(土) 午後 1:37 SHIGE

顔アイコン

Choroさん、公開まで、一ファンの私的にも長い年月でしたよ〜(^^;
「チェ・ゲバラ&カストロ」、『モーターサイクル〜』のガエルくんをイメージして見ると、扱いがほんの脇でガッカリするかもです〜(><)
TBありがとうございました!

2009/1/18(日) 午前 3:01 kim

顔アイコン

SHIGEさん、早々のご鑑賞、ありがとうございます!
この映画はトロさまが作りたかった映画なので、気合の入れようもわかるというものですが、ちゃんとゲバラのカリスマ性のようなものが出てたので良かったと思いました^^。
Part兇發匹Δひとつ!?(笑)
TBありがとうございます!

2009/1/18(日) 午前 3:41 kim

チェと言う人物を1本の作品で語ることができないくらいに、多くの関連作品がありますよね。私はちょっと分からない部分もあったので、2部を観るまでにさらなる(?)予習をしなければ…なんて思っています(^_^;)
ロドリゴくんもいい役でしたね。でも、ゲリラをやるには可愛いすぎるルックスです(笑)TBさせてくださいね♪

2009/1/18(日) 午後 8:56 [ - ]

顔アイコン

SHIMAさん、私が知る限り、チェ・ゲバラはルックスも内面も素敵な人なので、資料に接する機会があったら是非ご覧になってみてください^^。
で、ロドリゴくん、あれだけのルックスだし、ブラジルでは大スターなのに、いつまでも愛らしくて謙虚で、私がハリウッド俳優よりラテン系とかヨーロッパ系の俳優に惹かれるのは、そんなところかも知れません^^。
TBありがとうございました!

2009/1/19(月) 午前 10:04 kim

これは熱かったです!
観てて燃えました。
かなりのパワーをもらいました。
ベニチオ・デル・トロは、ほんと、凄い役者ですね!

2009/1/21(水) 午前 11:09 [ - ]

顔アイコン

わ〜い♪ ロックな男、中ちん的にも熱い映画だったのですね^^。
トロさま的に、とても思い入れのある映画なので、沢山の人に観ていただきたいです〜♪

2009/1/21(水) 午後 8:47 kim

顔アイコン

ある程度の予備知識がないとついていくのに苦労しますが、説明がましくないところが逆に良かった部分でもありました。
これを見てゲバラに興味を持って調べればより良いことですね☆
TBさせてください!

2009/2/15(日) 午後 9:37 かず

開く トラックバック(9)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事