Kim's Room

ご無沙汰しておりますが、元気にしております。 2011.04.08 kim

全体表示

[ リスト ]

 
今年は新作のチェックが全くできておらず、毎年楽しみにしているゴールデン・グローブ賞ですらノミニーチェックもしていなかったのですが(^^;、やっぱ受賞作、ノミニー作は見応えのある作品ばかりなので、今後鑑賞予定を立てるためにも受賞結果くらいはまとめておこうかと…(^^;

今年のドラマ部門の作品賞は『スラムドッグ$ミリオネア』ですか! 『トレインスポッティング』のダニー・ボイル監督、で、脚本を手がけたのは『フル・モンティ』のサイモン・ビューフォイ。 インドの貧しい少年が『クイズ・ミリオネア』を勝ち抜いて行くという物語とか。 作品賞、監督賞、脚本賞、音楽賞の4冠ですね! 日本では4月公開予定とか。

ケイト・ウィンスレットの2冠というのも凄いですね〜;;; これはますます来週末日本でも公開になる『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』が楽しみですね〜^^。

あと、何と言ってもヒース・レジャーが『ダークナイト』で助演男優賞を受賞したのが嬉しいです!




セシル・B・デミル賞

★スティーヴン・スピルバーグ


作品賞(ドラマ)

★スラムドッグ$ミリオネア
 ベンジャミン・バトン 数奇な人生
 フロスト×ニクソン
 ザ・リーダー(原題)
 レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで

女優賞(ドラマ)

★ケイト・ウィンスレット  「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」
 アン・ハサウェイ  「レイチェル・ゲッティング・マリッド(原題)」
 アンジェリーナ・ジョリー  「チェンジリング」
 メリル・ストリープ  「ダウト(原題)」
 クリスティン・スコット・トーマス  「I've Loved You So Long」

男優賞(ドラマ)

★ミッキー・ローク  「ザ・レスラー(原題)」
 レオナルド・ディカプリオ  「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」
 フランク・ランジェラ  「フロスト×ニクソン」
 ショーン・ペン  「ミルク(原題)」
 ブラッド・ピット  「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」

作品賞(コメディ/ミュージカル)

★ヴィッキー・クリスティーナ・バルセロナ(原題)
 バーン・アフター・リーディング
 ハッピー・ゴー・ラッキー(原題)
 In Bruges
 マンマ・ミーア!

女優賞(コメディ/ミュージカル)

★サリー・ホーキンス  「ハッピー・ゴー・ラッキー(原題)」
 レベッカ・ホール  「ヴィッキー・クリスティーナ・バルセロナ(原題)」
 フランシス・マクドーマンド  「バーン・アフター・リーディング」
 メリル・ストリープ  「マンマ・ミーア!」
 エマ・トンプソン  「Last Chance Harvey」

男優賞(コメディ/ミュージカル)

★コリン・ファレル  「In Bruges」
 ハビエル・バルデム  「ヴィッキー・クリスティーナ・バルセロナ(原題)」
 ジェームズ・フランコ  「スモーキング・ハイ」
 ブレンダン・グリーソン  「In Bruges」
 ダスティン・ホフマン  「Last Chance Harvey」

助演女優賞

★ケイト・ウィンスレット  「ザ・リーダー(原題)」
 エイミー・アダムス  「ダウト(原題)」
 ペネロペ・クルス  「ヴィッキー・クリスティーナ・バルセロナ(原題)」
 ヴィオラ・デイヴィス  「ダウト(原題)」
 マリサ・トメイ  「ザ・レスラー(原題)」

助演男優賞

★ヒース・レジャー  「ダークナイト」
 トム・クルーズ  「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」
 ロバート・ダウニー・Jr  「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」
 レイフ・ファインズ  「ある公爵夫人の生涯」
 フィリップ・シーモア・ホフマン  「ダウト(原題)」

アニメーション作品賞

★「ウォーリー」
 「ボルト(原題)」
 「カンフー・パンダ」

外国語映画賞

★「Waltz With Bashir」
 「The Baader Meinhof Complex」
 「Everlasting Moments」
 「Gomorrah」
 「I've Loved You So Long」

監督賞

★ダニー・ボイル  「スラムドッグ$ミリオネア」
 スティーヴン・ダルドリー  「ザ・リーダー(原題)」
 デヴィッド・フィンチャー  「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
 ロン・ハワード  「フロスト×ニクソン」
 サム・メンデス  「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」

脚本賞

★「スラムドッグ$ミリオネア」
 「ザ・リーダー(原題)」
 「フロスト×ニクソン」
 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
 「ダウト(原題)」

音楽賞

★「スラムドッグ$ミリオネア」
 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
 「チェンジリング」
 「ディファイアンス」
 「フロスト×ニクソン」

歌曲賞

★“The Wrestler” ブルース・スプリングスティーン  「ザ・レスラー(原題)」
 “Down To Earth”  「ウォーリー」
 “Gran Torino”  「グラン・トリノ」
 “I Thought I Lost You”  「Bolt」
 “Once In A Lifetime”  「Cadillac Records」

閉じる コメント(8)

授賞式生で見てましたが、スピルバーグのスピーチが長かった^^;
おかげで後半はスピーチに時間がとれず、『スラムドッグ〜』なんて思いっきり短いコメントになってしまって気の毒でした^^;
ケイトの2冠は驚きでしたね。

2009/1/13(火) 午後 5:07 pu-ko

アバター

やっぱりヒースが取って嬉しいですね♪
これからまたいろいろ見るのが楽しみです(^^ゞ

2009/1/13(火) 午後 9:04 木蓮

顔アイコン

Pu−koさん、生で観られるなんて羨ましい;;;
日本ではアカデミー賞はWOWOWが今年も生中継してくれると思いますが、GG賞はBSが2週間程遅れて放送するのかな?(私はBS未契約なので観れません^^;)
アカデミー賞やエミー賞では、事前に、スピーチは手短にというようなアナウンスがパフォーマンスであったりとか、時間になると音楽で催促するとか工夫しているようですが、長年の功労に大御所に贈られる賞にそのようなことは失礼ですもんね(^^;

2009/1/14(水) 午前 9:18 kim

顔アイコン

もくれんさん、『ダークナイト』でのヒースのジョーカーは、助演の域を超えてましたもんね。
で、日本公開が決まっている作品については英語の原題ではなく日本語表記にしているのですが、今年は日本語タイトルが多くて嬉しいですね〜! 楽しみです♪

2009/1/14(水) 午前 9:33 kim

顔アイコン

去年はGG賞のパーティがキャンセルになって寂しかったけど、今年は派手にやってくれてますね。最近ハリウッド・パワーが落ちているので、これは嬉しいニュース。『スラムドック〜』はインドで撮られたのだけど、これを期に、ダニー・ボイル監督は、またボリウッドで撮るのだそうです。このところの不景気でハリウッドから大きな資本が引きあげられたそうで、これからのハリウッドの映画製作環境が不安です。

2009/1/17(土) 午後 3:08 [ nomad ]

顔アイコン

やっぱこの季節は華やかな映画祭のニュースで盛り上がって寒さを忘れなきゃですね^^。
ハリウッドでも作品的に大作よりもインディペンデント作品に主流が移っているようですが、この先ますますその傾向が顕著になるのでしょうかね? 私的にはアクション大作などよりも、じっくり描かれたドラマが好きなのですが、が、興収が見込めなければ制作されないのは同じですからね〜(^^;

2009/1/18(日) 午前 9:37 kim

ダニー・ボイルは『トレインスポッティング』の監督なんですね。
アカデミー賞ではデヴィッド・フィンチャー監督に獲ってもらいたいです。
あと、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーの夫婦での受賞とかヒース・レジャーの受賞だったら、かなり盛り上がりますよね。

2009/1/23(金) 午後 7:29 [ - ]

顔アイコン

『ベンジャミン〜』もまだ未見なのですが、予告編などからすると、あのデヴィッド・フィンチャー監督の映画なの?という感じですよね。
で、ブラピ&アンジー夫妻も、揃ってオスカー・ノミニーなんて、凄いなぁ…;;;
今年のホストはヒュー・ジャックマンということですし、華やかな授賞式になりそうですね^^。

2009/1/24(土) 午前 2:09 kim


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事