Kim's Room

ご無沙汰しておりますが、元気にしております。 2011.04.08 kim

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1製作:2008年 アメリカ
原題:SEX AND THE CITY
監督:マイケル・パトリック・キング
出演:サラ・ジェシカ・パーカー (キャリー・ブラッドショー)
    キム・キャトラル (サマンサ・ジョーンズ)
    クリスティン・デイヴィス (シャーロット・ヨーク)
    シンシア・ニクソン (ミランダ・ホッブス)
    クリス・ノース (ミスター・ビッグ)
    ジェニファー・ハドソン (ルイーズ:キャリーのアシスタント)
    キャンディス・バーゲン (VOGUE編集長)
    デヴィッド・エイゲンバーグ (スティーヴ:ミランダの夫)
    エヴァン・ハンドラー (ハリー:シャーロットの夫)
    ジェイソン・ルイス (スミス:サマンサの恋人)
    マリオ・カントーネ (アンソニー:ウェディングコーディネイター)
    ウィリー・ガーソン (スタンフォード:キャリーのゲイの友人)

ストーリー: セックス・コラムニストのキャリーは、新聞の連載コラムを辞めるものの3冊のベストセラー本を出版し、プライベートでもミスター・ビッグと順調な関係を築いていた。一方、PR会社社長のサマンサは年下の恋人で俳優のスミスとロサンゼルスに移り住み、彼のマネージメントを手掛けている。また、元アートディーラーのシャーロットは夫ハリーとの間に子供が出来ず悩んでいたが、中国人の養女を引き取り母親業に専念。そして敏腕弁護士のミランダは、夫スティーブと子供と暮らすも多忙な仕事と家庭の両立に悪戦苦闘していた。それでも彼女たちの友情は今も変わらず固い絆で結ばれている。そんなある日、キャリーはついに結婚を決心するのだが…。 allcinemaより
初公開年月:2008/08/23


先行上映で観ていたのに、今頃記事にしてみたり…(^^;;;
わずか2ヶ月前に集中放送で観終えたばかりの、にわかドラマファンの私としても大満足の映画だったのですが、一番書きたいことは、ネタバレしたくなく、どうしたものかと考えているうちに、時間ばかりが過ぎ……
(っていうか、レンタルDVDの『ナルコ』を観ているうちに、私自身がナルコってしまってたのですが…(笑)
なので、今回は、キャリーのストーリーには触れず、この映画でパワーを貰えたサマンサを中心に書きたいと思います。

ドラマシリーズのスタートは1998年とのことですが、その時キャリー達は30歳、それなりにキャリアもあるけど、恋愛にも結婚にも興味津々。 生き方を探ってきた30代でしたね。
結局、結婚より自分らしい生き方を選んだキャリー。
子供ができ、家庭と仕事の両立を決めたミランダ。
心から愛し、理解しあえる夫とめぐり会えたシャーロット。
ガンも退散!?世界は自分中心で回っているサマンサ。
ニューヨークのパワーウーマンたちと自分とでは比べようもないのですが、恋愛に傷つくキャリーに、子育てと仕事の両立にアタフタするミランダに共感しつつ観たドラマでした。

本作はそれから4年後という設定なのですが、キャリーは3冊ものベストセラー本を出版したようですが、相変わらずビッグと付かず離れずの関係をつづけながらの気ままな一人暮らし。
仕事と子育てにてんてこまいのミランダに、幸せな奥様のシャーロット。
そして、サマンサはというと、ロスで優雅に……  ???
え゛〜;;;、何に驚いたって、自己チューなサマンサが、スミスに尽くしているではないですか〜(笑)
ドラマシリーズの最後の方で乳がんが見つかったサマンサでしたが、その時サマンサを支えたのがスミスだったのですよね。 何かと男気のあるサマンサのこと、俳優として売り出し中のスミスに、今度は自分が尽くす番と思ったらしいのですが、一人の男に4年とは…、サマンサ姐さん的には大事件ですね;;;

と、事前にスミスの出演は知っていたし、楽しみにしていたのですが、これまでのサマンサ姐さんの武勇伝を思い返すと、今でもスミスと一緒にいたのはちょっと驚き;;;
てか、スミス、AXNで放送してたサリー・フィールド主演のドラマ、『ブラザーズ&シスターズ』で、ゲイの次男くんの恋人として出演してたのよね〜;;;(ソープドラマの俳優役でした〜^^;) そうと知っていたら録画したのに;;; 再放送があったら、じっくり確認しなきゃ。

ドラマでは、シモネタ発言しか印象になく、ついていけない感があったサマンサでしたが、今回の映画で、私的に一番好きだったのが実は彼女だったのでした。
サマンサはPR会社の社長ということですが、(仕事の場面はあまり出てきませんでしたが)何事も手配は素早く的確で、彼女の仕事に対する能力の高さが伺えます。 そういえば、観客もまばらな劇団で演じていたスミスを、売れっ子俳優にしたのもサマンサですもんね。
映画では四者四様の生き方があったのですが、完璧に自立したサマンサの、”自分のことが大好きだから自分のために生きる”という決断も応援したくなるものでした。

そんなサマンサは劇中で50歳を祝ってもらっていたのですが、んま〜ビックリ;;;
仲の良い4人だったので、サマンサも同年代なのだと思ったら、10歳近くも年上だったのね〜(@@;;;
にして、女体盛り(笑)を披露できるなんて;;;  自分が大好きなサマンサは、自分への投資も惜しみなく、最新の美容技術なども逸早く取り入れていたとはいえ、天晴れですっ!

映画でだったかな? キャリーが43歳になるのが怖いと言ってて、ミランダは45歳だったかな、多分、女として終わりの歳を言っていたのだと思うけど、ドラマの中に40代を生きるサマンサがいた訳ですよ。 そう考えると40代も怖くないというか、捨てたもんじゃないというか(笑)
世の中にお洒落に元気に生きる40代、50代を増やすためにも、またドラマシリーズをやってくれないかなぁ……。


●MEMO
オフィシャルサイト
シネマトゥデイ:イケメン発掘調査隊(ジェイソン・ルイス)
WOWOW ONLINE:スミス来日独占インタビュー動画
 さすがスにミスのサマンサ分析は鋭いなぁ〜。 てか、スミス、クリント・イーストウッド似??
 で、へぇ〜! 「CSI:科学捜査班」と「Dr.HOUSE」にゲスト出演するんですね〜。
 (Dr.HOUSEは、シーズン4のEpisode 13,14 Evan Greer / Dr. Brock Sterling役)
イメージ 1製作:2008年 アメリカ 
原題:WHAT HAPPENS IN VEGAS
監督:トム・ヴォーン
出演:キャメロン・ディアス (ジョイ・マクナリー)
    アシュトン・カッチャー (ジャック・フラー)
    ロブ・コードリー
      (スティーヴ・“ヘイター”・ハーダー)
    トリート・ウィリアムズ (ジャック・フラー・シニア)
    デニス・ミラー (Judge R. D. Whopper)
    レイク・ベル (Tipper)
    クイーン・ラティファ (Dr. Twitchell)

ストーリー: ウォール街で働くジョイはその完璧主義な性格が災いし、フィアンセにフラれるハメに。一方、同じニューヨークで父親が経営する工場を解雇されたお気楽な男ジャック。そんな彼らはそれぞれ親友を連れて気晴らしにラスベガスへ繰り出し、ホテルの部屋のダブルブッキングがきっかけで出会った。ところが、すぐに意気投合した2人はその夜、酒を飲んでバカ騒ぎした末、勢いで結婚してしまう。翌日、事の次第に気付いた2人は一転して険悪モード。だが婚姻の無効手続きをしようとした矢先、ジャックがジョイの25セントを投入したスロットマシンで300万ドルもの大金を当てるのだった。しかし、賞金の所有権を互いに主張して譲らない2人は、その決着を法廷に委ねるが…。 allcinemaより
初公開年月:2008/08/16


あはは〜! これは単純に面白かった! 爽快、爽快^^。
鑑賞予定に挙げてはいても、DVDでもいいか…と思っていたのですが、スマスマのゲストだったキャメロンとアシュトンを観て、俄然観たくなったのでした。
番組でも二人の掛け合いが面白くて、映画に期待するものがあったのですが、期待通り、それ以上!
…にしても、スマスマでもアシュトンのテンションの高さにあっけにとられたのですが、映画では倍のテンションでしたね〜(^^;

結婚生活をする上での落ち度が相手にあると、賞金の300万ドルは独り占めできるとあって、真剣モードでの足の引っ張り合いがあったのですが、心底笑えました〜。
中でも一番良かったのが? キャメロンの回し蹴り(爆) さすが超一流セレブ、鍛え上げてますね〜、シャープに決まってました。
一方アシュトンは、カウンセラーに自分がどれだけキャメロンに苛められているかを切々と訴える作戦に出たのですが、ミジメな感じが笑えましたね^^;
いわゆるコメディには笑えないことも多い私ですが、こちらは心底笑えました。

ず〜とジャック役のアシュトンが、ジャック・ブラックに見えてしょうがなかったのですが(笑)、ドレスアップすると、二人ともエレガントで素敵だこと!!
カウンセラーのクイーン・ラティファが言うように、最高の相性の二人でした。
面白かったし、最後はジーンとして、良い気分転換になりました〜^^。

あ、それにしても、ベガスで挙げた結婚式での二人は、かなりの阿呆ですね〜(笑) あれ、二人ともシラフでやってたとしたら、相当な演技力です!? 笑笑。
それから、それから、エンドクレジットの後に、トホホなおまけ映像がありましたね。 最後まで残って観たからといってどうということもありませんが…(^^;


製作:2008年 アメリカ 
原題:THE MUMMY: TOMB OF THE DRAGON EMPEROR
監督:ロブ・コーエン
イメージ 1出演:ブレンダン・フレイザー (リック・オコーネル)
    ジェット・リー (皇帝)
    マリア・ベロ (エヴリン・オコーネル)
    ジョン・ハナー (ジョナサン)
    ラッセル・ウォン (ミン・グオ)
    リーアム・カニンガム (マグワイア)
    ルーク・フォード (アレックス・オコーネル)
    イザベラ・リョン (リン)
    アンソニー・ウォン (ヤン将軍)
    ミシェル・ヨー (ツイ・ユアン)

ストーリー: 古代中国。自然界を操る魔力を持った皇帝は、呪術師の娘ツイ・ユアンに不死の魔術を発見させるが、皇帝に愛する人を殺された彼女は皇帝と臣下全員を呪いにかけ、陶器にしてしまうのだった。それから約2000年後の1946年、ロンドンで幸せに暮らすリックとエヴリンのオコーネル夫妻は、持ち主を不死の泉へ導くとされるブルー・ダイヤ“シャングリラの眼”を上海の博物館へ戻しに行く、という任務を外務省から託される。すると現地には、ハーバード大学に留学しているはずの息子アレックスがいた。実は彼は、2000年前の皇帝陵を発掘する大偉業を成し遂げていたのだった。しかし、一家がその皇帝のミイラを見に博物館を訪れると、中国を世界最強の国にしようと手を組んだ館長とヤン将軍が“シャングリラの眼”を奪い取り、皇帝を生き返らせてしまう…。 allcinemaより
初公開年月:2008/08/16


私は結構楽しんだ映画でしたが、『ハムナプトラ』のファンの方の評価がイマイチというのも分かるかな(^^;
原題は”ミイラ”だし、予告編などで中国が舞台と知っていたとはいえ、『ハムナプトラ』というとエジプトを連想&期待してしまい、中国の風景には違和感が…。
それに、前作までは、冒険家の父とエジプ人の母を持ち、自身もエジプトの考古学に詳しいエヴリンが、知識を生かして遺跡や秘宝を発見する際のスリルや感動が見所の一つだったのですが、今作では、(危険が伴うことなのでオコーネル夫妻に託されたとはいえ、)“シャングリラの眼”を上海の博物館へ届けることが目的で、夫妻に中国自体には思い入れもないわけですからね(^^;  何故エブリン役がレイチェル・ワイズからマリア・ベロになったのかはわかりませんが、レイチェルが出演しなかったのは正解かも。 私もマリア・ベロだったことであまり活躍の場のないエブリンに気遣うことなく開き直って楽しむことができたと思います。

てか、Mr.ハムナプトラのブレンダン・フレイザー演じるリックもすっかりオヤジ?…(^^; 今作では息子アレックスが既に大学生ということでしたが、演じたルーク・フォードもブレンダンより更にデカイ? 今回の舞台となった皇帝陵を発掘したのもアレックスだし、持っている銃のコレクションもアレックスの方がクールで、父親の悲哀を感じてしまったかも;;;
が、衝突し合いながらも信頼関係で結ばれているリックとアレックスの父子関係には心温まるものがあり、ミッシェル・ヨーの母娘関係とともに今作の見所の一つでしたね。
あ、そうそう、タキシード姿はブレンダンの方が断然カッコよかった^^。

あと、ジェット・リー目当ての方的にもイマイチだったのかな?
皇帝役はあまり美味しい役ではなかったですね(^^;;; が、私的には、今作のキャストではミッシェル・ヨーが好きなのですが、彼女とジェット・リーの一騎打ちは華麗で見とれてしまうシーンでした。
やっぱね、ピストルでバンバン撃ち合うだけのアクションっていうのは飽きるし、そんな中で彼らのアクションは良いアクセントになっていましたね。

と、イマイチな点ばかり書いてしまいましたが、実際は、皇帝が会得していた自然界を操る術とか、サンスクリット語を操るツイ・ユアンの呪術とか、東洋的な神秘が興味深かったし、シャングリラを探すところなどはワクワクしました。 兵馬俑とミイラ軍団の全面対決シーンは迫力があり、最後まで面白く観ることができ、眠くなることもありませんでしたね(最近の私の最上のホメ言葉。笑)。
が、やはり後世に遺すべき史跡などをバンバン破壊しちゃうのは、映画と分かっていても心が痛むなぁ…。 と、小心な私です(笑)
 


イメージ 1
製作:2008年 アメリカ 
原題:JUMPER
監督:ダグ・リーマン
出演:ヘイデン・クリステンセン (デヴィッド・ライス)
    ジェイミー・ベル (グリフィン・オコナー)
    レイチェル・ビルソン (ミリー・ハリス)
    サミュエル・L・ジャクソン (ローランド・コックス)
    ダイアン・レイン (メアリー・ライス)


ストーリー: ミシガン州に住むデヴィッドは同級生のミリーに想いを寄せるごく普通の高校生。そんな彼は冬のある日、川に転落してしまう。だが、溺れそうになったデヴィッドは次の瞬間、図書館へ移動していた。自分にテレポート能力があると知った彼は、母が家を出て以来、人が変わってしまった父のもとを離れニューヨークへ。そして、その力を使って銀行の金庫から大金をせしめ、自由を満喫するのだった。しかし一方で、デヴィッドと同じ能力を持つ“ジャンパー”たちの抹殺を使命とする組織“パラディン”のリーダー、ローランドにその存在を気付かれ、つけ狙われ始める。10年後、瞬間移動で世界中を旅していたデヴィッドは偶然ミリーと再会、またやがてジャンパーのひとり、グリフィンに出会うのだが…。 allcinemaより
DVDリリース:2008-07-23


ヘイデンくんというと、スターウォーズでのアナキン役は凄く良かったし、私的にもお気に入りなのですが、彼は善と悪が混在した感じが魅力だし、実際そんな作品への出演が多いですよね。

本作のデヴィッドもジャンパーとしての能力に気づいたのは、大好きなミリーへの愛ゆえだったのですが、その後は仲違いすることの多い父親の家を出て、能力を使って銀行からせしめた大金で、世界中をジャンプしつつの優雅な一人暮らし。
そんなだから、サミュエルおじさん扮するコックスに狙われちゃうんだよ〜(><)

と、ジャンパーについては、理解は簡単なのですが、問題はサミュエルおじさん達のグループについて…。 最初はコックスが自身で偽っていたように、CIAかなんか、国家機関とか、世界機関のエージェントだと思ったら、
パラディン”とは、オフィシャルサイトによると
“ジャンパー”が世界に与える脅威に早い時期から気づいていた古代からの集団であり、世界中の“ジャンパー”を発見して抹殺することを使命とする、戦士に似た精鋭たちの組織。“
とのこと。 そこら辺はイマイチ理解しにくかったかな?(^^;

何しろ、コックスに狙われてからのデヴィットは、逃げて逃げで逃げまくり、それこそ死闘を繰り広げることになるのですが、パラディンも長年のジャンパー狩りで、凄〜いノウハウを身に着けていて、ジャンパー捕獲グッズも彼らの弱点を見事掴んだクールなものだし、ジャンパーがテレポートした痕跡を辿ってどこまででも追いかけてくるのですよ〜;;;

パラディンたちのそんな努力のせいか、成人するまで生きていられるジャンパーは殆どいないということで、彼らは他のジャンパーの存在を知らなかったりするんですよね。
が、やはり能力の高いジャンパー、ジェイミー・ベルくん扮するオコナーは、コックスに存在を知られていても生き延びていて、二人は”マーベル・チームアップ”を組むのですが、ジャンパーたちも横のつながりを持つことでパラディンに対抗できるようになるのか?

と、ジャンパーの能力の表現方法や、パラディンとの戦いシーンは、さすが『ボーン・シリーズ』、『Mr.&Mrs. スミス』を手がけたダグ・リーマン監督、スタイリッシュでカッコよかったですね。 それに、世界各地をジャンプしまくるシーンも圧巻で、映像的には面白かったです。

キャスト的にも、サミュエルおじさんの怖〜いパラディンのボスは迫力があったし、ジェイミー・ベルくんも嵌っていたような。 
で、ご覧になった方の評判などで、『The OC』のお気に入り、サマー役のレイチェルが心配だったのですが、彼女が演じたミリーは多少説教臭くもありましたが、まっとうなヒロインだったので安心しました(^^; 

が、やはり主人公のデヴィットが応援したくなるようなヒーローでもなく、良いのか悪いのか、微妙〜だったことが、映画の評価に繋がっているのかな?という気もしました。
それに、この映画終わってない?(^^; 次も作る気満々??(^^;;;


イメージ 1製作:2007年 イギリス/フランス 
原題:MISTER LONELY
監督:ハーモニー・コリン
出演:ディエゴ・ルナ マイケル
サマンサ・モートン マリリン
ドニ・ラヴァン チャップリン
ヴェルナー・ヘルツォーク 神父
レオス・カラックス レナード

ストーリー: マイケルは、幼い頃から自分に対する違和感を抱え、いつしかマイケル・ジャクソンを演じることでようやく生きていられる不器用な青年。仕事としてモノマネを披露している時はもちろん、それ以外の時もずっとマイケル・ジャクソンになりきって生活していた。ある時、老人ホームでの仕事の際、彼はマリリン・モンローとして生きる美女と出会い、恋に落ちる。彼女は夫のチャップリンと7歳の娘シャーリー・テンプルと一緒に、スコットランドの古城で他のモノマネ芸人たちと共同生活を送り、彼らと地上最大のショーの実現を目指していた。そんなマリリンに誘われるまま、スコットランドへと向かうマイケルだったが…。 allcinemaより
DVDリリース:2008-08-08


ディエゴ・ルナくん主演作だし、”マイケルな僕は、マリリンな君に恋をした”っていうコピーもいいカンジで、凄〜く期待して観始めたのですが……。
こちらマイケル・ジャクソンなディエゴくんとマリリン・モンローなサマンサのラブロマンスじゃないのね(^^;

マイケル、マリリン、チャップリン、リンカーン、マドンナ、ジェームス・ディーン、ローマ法王、エリザベス女王、等など…、他の誰かに成りすまさないと生きていけない人たちは、実社会では孤独な存在。
似たもの同士が集まって共同生活をし、劇場を作って”地上最大のショー”を開催するが…。

同時に語られるもう一つのストーリーは、パナマで布教活動をしている神父とシスター達が主人公。
小型飛行機で貧しい地域に食料を投下している作業中、誤ってシスターの一人が落下してしまうが…。

どうも感性を必要とする映画のようで、私的には観やすい映画ではなく、凹んでしまうような孤独感、絶望感…。 と同時に、肩の力を抜いて生きていけばいいんだという、吹っ切れた爽快感のようなものも感じられ…。
ハーモニー・コリン監督作品は初めてで、戸惑いのようなものを感じてしまったのが正直なところですが、後引く映画であることは間違いないですね。

映像には凄く惹かれるものがありました。 マイケルに扮したディエゴ・ルナくんも、マリリンに扮したサマンサ・モートンもチャーミングだったし、舞台になったパリもスコットランドも素敵。
また、オープニングで有名なボビー・ヴィントンの”ミスター・ロンリー”が聴けるのですが、フルコーラスで聴いたのは多分初めてで、詩の意味とかにもぐっときてしまいました…(^^; その他にも昔の懐かしさを感じる曲をサントラに多く採用していたようですが、ポップな映像に不思議にマッチして、見ていて心地よかったです。


開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事