Kim's Room

ご無沙汰しておりますが、元気にしております。 2011.04.08 kim

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1
製作:2007年 イギリス 
原題:Long Way Down
監督:David Alexanian
出演:ユアン・マクレガー
    チャーリー・ブアマン

ストーリー: ユアンとチャーリーはスコットランドを出発し、イギリス、フランス、イタリア、チュニジア、リビア、エジプト、スーダン、エチオピア、ケニア、ウガンダ、ルワンダ、タンザニア、マラウイ、ザンビア、ボツワナ、ナミビアを経て、ケープタウンまで、85日間かけて24,000kmの難関コースを走破した。 サバンナ、砂漠地帯、山岳地帯、そしてジャングルへと挑む道中、さまざまな難題に直面するのは勿論のこと、現地の人々や野生動物との触れあいから体感する豊かなアフリカ文化などもたっぷりで、挑戦・笑い・感動がつまったスリルと冒険のバイク・アドベンチャー。 ナショジオチャンネルより
DVDリリース:2008/10/29予定


あぁ〜、10週にわたって楽しませていただいた『ユアン・マクレガー大陸縦断〜バイクの旅』も、ついに終わってしまいました〜;;;
何でも、前回の英国からユーラシア大陸経由でニューヨークを目指した大陸横断の旅(Long Way Round)から3年ぶりとのこと。(といっても、私は半年前に見終えたばかりですが…^^;)  あの後、チャーリーは本当にパリ・ダカール・ラリーに出場し、今ではその方面でひっぱりだこの人気者なのだとか^^。
が、今回はアフリカを縦断するとあって、身の危険は東ヨーロッパからアジアの比ではなく、ゲリラやテロリストへの対処方法なども真剣に学んでの出発です。

スコットランドからフランス、イタリアを経由してシチリア島までのヨーロッパルートは、シルバーストーンサーキットでキャンプしたり、ローマの史跡を間近で見たりとバイク旅行ならではの映像が楽しかったのですが、アフリカに渡るにあたっては、チュニジアの入国ビザがアメリカ人スタッフには下りないということもありましたね。 そのスタッフたちとは次の国で合流できたのですが、アフリカの入り口で拒絶された感じ?前途多難な予感…。

が、チュニジアは『スターウォーズ』のロケが行われたところとあって、今でも残っているセットにユアンは大喜び。
オビ=ワンがスターウォーズのセットに! 観光客もさぞかし驚き、大騒ぎになるかと思いきや…、意外や意外?
殆ど気付かれることなく、サイン攻めにあうこともなかったユアンは、ホッとするやら寂しいやら…!?

エジプトではピラミッドを初めとする巨大遺跡の数々にアフリカを体感し、感激する二人でしたが、何しろ時間に追われて慌しく、堪能している間がありません。 というのは、アスワンから出航するフェリーが1週間に1便しかなく、それに間に合わないと大幅に予定が狂ってしまうためなのですが、ただでさえ走りにくいダートなアフリカの道を、休む間もなく追われるように走り続けるのに、ユアンもチャーリーも疑問を感じ始めるんですね。 そういえば、ついつい愚痴ばかり出てしまうことに、ユアン自身も『ユアン・マクレガー、大陸縦断”愚痴”の旅』とジョークを飛ばしてました(^^;

旅行って、仲の良い友人や家族で出かけても、価値観の違いなどからケンカになったり、一方が我慢ばかりしたりといった事態になることも多いのですが、ユアンとチャーリーはそんなこととは無縁。 本当にピッタリ価値観が同じで気が合うのだと羨ましく思っていたのですが、そんな二人でもあまりにきついスケジュールだとときに険悪になっちゃうんですね(^^; やっぱ、無理なスケジュールは禁物です。

旅は、スーダン、エチオピア、ケニア、ウガンダ、ルワンダ〜と、いよいよアフリカの内部へと入っていきます。
そういえば、アスワンからスーダンへのフェリーで出会ったスーダン人の少年が、普通に英語を話すのに驚いたのですが。 そうなんですよね。 アフリカの歴史はヨーロッパ諸国に支配された歴史でもあるのですよね。 なので、英語やフランス語を公用語としている国も多いようですが、ジャンボというよりハローなアフリカって…(^^;

二人は旅の途中ユニセフの施設などにも積極的に立ち寄っていたのですが、英国の小児ガン患者とその家族が暮らすホスピス、アフリカのエイズ患者の施設、ルワンダの大虐殺があった学校や記念館などは、特に印象に残っています。

また、今回は旅の後半、ユアンの奥様のイヴが10日間ほど参加していました。 
なんでも、彼女はバイクに乗るのも初めてとのこと。 事前にユアンたちと練習していましたが、そんなんでアフリカを走るなんて、勇気がありますよね;;; が、彼女の勇気が本当に発揮されたのはアフリカでの本番走行で。 砂や砂利にタイヤをとられて何度も転んでしまうのですが、その度に起き上がって前に進むのですよ。 これには旅の後半で疲れ気味のユアンも勇気付けられたみたいですね。

そして、感動のフィナーレ。 サイドミラーに映ったバイクの列は映りきらないほどず〜っと続き、ゴールには家族が…。
番組ではその後については触れていませんでしたが、噂では南米〜北米大陸を北上する『Long Way Up』でシリーズを締めくくるのでは?とのこと。
本当に二人はまた旅立つのではないでしょうか…^^。



全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事