Kim's Room

ご無沙汰しておりますが、元気にしております。 2011.04.08 kim

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 
先日、『チェ 28歳の革命』を観て、(トロさまは私的には別格なのですが)、ロドリゴ・サントロくんにしろサンティアゴ・カブレラにしろ、ラテン男ってなんてチャーミングなんだろう〜♪♪と浮かれている私的に、今日の記事のテーマは、ズバリ!”ラテン男の魅力について語る”の予定だったのですが(笑)

前の記事に取り上げた通り、ライアン・フィリップ…、…というか、英国男のサム・ライリーに目が留まってしまい…(^^ゞ (英国男にもヨワイ^^;)
うん、サム・ライリーってやっぱ好みだわ〜♪と、久しぶりに検索魔と化した私は、彼が『Law & Order』シリーズにゲスト出演しているのを知ったのでした。
『Law & Order』と言えば、今FOX系で放送中なので、観れるのだったら観たいじゃないですか。
ということで、どのシーズンの何話目に出演なのか、さらにIMDbなどを調べまくったのですが、これがまたわかりにくい(^^;

先日のゴールデン・グローブ賞のTV部門でも『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』に出演のマリスカ・ハージティが主演女優賞にノミネートされてましたが、このシリーズはエミー賞でも毎年ノミネートされてますし、そもそも気になるタイトルだったので、昨秋から契約した FOX CRIME で放送中の『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』のシーズン3は時間が合えば観ていたのでした。

ということで、『Law & Order』といえば、『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』のことだと思っていたら、年末から『LAW & ORDER:犯罪心理捜査班』というのがFOXで始まって、『Law & Order』のスピンオフって言う触れ込みで、そもそも『Law & Order』って何なの?というのがあり……

ウィキペディアによると…
■ ロー&オーダー(原題:Law & Order)は、アメリカ・NBCで1990年9月から放送されているディック・ウルフ制作の刑事・法廷ドラマ。2008年に第18シーズンを放映し、現在米国で放映中のプライムタイムのドラマの中で最長寿の番組である。また多くのスピンオフ作品を生んでおり、現在2つのシリーズ「LAW & ORDER:性犯罪特捜班」「LAW & ORDER:クリミナル・インテント」が継続中である。

■ LAW & ORDER:性犯罪特捜班(原題:Law & Order: Special Victims Unit、略称SVU)は、アメリカ・NBCで1999年9月から放送されているディック・ウルフ制作の刑事ドラマ。2008年9月より第10シーズンが放映される。『LAW & ORDER』のスピンオフ作品の一つである。日本ではFOXCRIMEにてシーズン3が放送中である。

■ LAW & ORDER:犯罪心理捜査班(原題:Law & Order: Law & Order:Criminal Intent)は、アメリカ NBCおよび傘下のUSAネットワークで放送されているディック・ウルフ等制作の刑事ドラマ。 2001年9月から2008年8月まで第1〜7シーズンが放映。 第7シーズン以降はUSAネットワークで放映されており、NBCは再放送を扱う。ロー&オーダーのスピンオフ作品の一つである。日本ではFOXにてシーズン1が放送中。

アメリカでは現在『LAW & ORDER』のシーズン19、『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』のシーズン10、『LAW & ORDER:犯罪心理捜査班』のシーズン8を放送中みたいですね。
日本でもCSI:シリーズは人気が高く、「CSI:科学捜査班」の他、スピンオフのNY,マイアミも放送されてますが、『LAW & ORDER』の方が歴史が古かったのですね。


で、私はこれが知りたくて調べたのです(^^;な、サム・ライリーのゲスト出演エピソードは…
●LAW & ORDER:性犯罪特捜班:シーズン8、#4  日本では現在シーズン3放送中
●         〃         :シーズン9、#7       〃
●LAW & ORDER:犯罪心理捜査班:シーズン4、#4  日本ではシーズン1が放送開始になったばかり(^^;
ゲストといってもチョイ役のような気がするし、彼の出演エピソードは日本ではまだまだ当分放送されそうになく、放送される頃には忘れてしまうかもしれない…(^^;;;

開く トラックバック(12)


最近、にわかにブログ更新が頻繁ですが、私、日中ヒマかも?、ヤバイかも?
失業しちゃったらどうしよう…(^^;;;

という訳で?、久々に映画ニュースなどをチェックしていたら、ライアン・フィリップ、エヴァ・グリーン、サム・ライリー出演のSFスリラー?『Franklyn』のトレイラーに目が留まり、ちょっと調べてみたので記事にしたいと思います。

こちら、10月に開催されていたロンドン映画祭に出品されていた作品で、英国では2009年2月公開予定ですが、日本での公開は今のところ未定みたいです。

監督は英国の新鋭、ジェラルド・マクモロー。
ストーリーは、2つの平行した世界(現代のロンドンと宗教によって支配された未来都市)に分かれた4つの失われた魂が、あることをキッカケに衝突し交錯するというもの。

『ダークシティ』や『Vフォー・ヴェンデッタ』のような感じとか? 私は『ヴィドック』が過ぎりました。

ちなみに、この作品、当初は主人公のプリーストにユアン・マクレガー、ミロ役にはポール・ベタニーが予定されていたようですね(^^; そもそものキャスティングでも観たかったかも…;;;



というか、サム・ライリー的には…、って、サム・ライリーは、私の昨年度劇場鑑賞作品のベスト10にも入れた『コントロール』で、NEW ORDERの前身、JOY DIVISIONのヴォーカル、イアン・カーティスを演じていた俳優ですが、彼の今後の出演作的には、2005年のフランス映画、『13/ザメッティ』のハリウッドリメイク作品、『13』への出演も決まっているようで、こちらの方が確実に日本で観れそうですね。 アメリカでは、2010年に公開予定とか。

13人で行われる集団ロシアン・ルーレットをギャンブルの対象とするアンダーグラウンドの邪悪なゲームに巻き込まれた一人の青年の運命を、全編モノクロによる硬質なタッチで緊張感いっぱいに描いた衝撃のインディーズ・ムービーで、出演は他に、ミッキー・ローク、レイ・リオッタ、50セント、ジェイソン・ステイサム、レイ・ウィンストン。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事