ここから本文です
木村写真館~散策の風景、流離の旅、季節の花、編集作品
旅、花、散歩、レタッチの写真を掲載しています

書庫全体表示

道案内


箱根駅伝の10区の後半になったころ

玄関のドアが開く

そのあとピンポーンが二度鳴る

お年寄りが立っていた

大きなガーゼを顔面に貼っていて驚いた。

診察券を見せてこの病院に行きたいので

道を教えて欲しいと云う

口頭で話したが何度も聞き返す

紙に書こうとしたが同じと思い

車で連れて行くことにしたが

車で来ていると云うので帰りが困ると思い

病院まで先導することにして

駐車場まで連れて行きましたが

その駐車場の記憶が薄いのです

ここ左かな?真直ぐかな?と云う。

広いという記憶はあるのでやっと見つけられた。

しかしどこに駐車したのか忘れている。

やっと見つけて病院へ行く

診察ではなく忘れ物を受け取るということでした。

話を聞くと元旦に厄除けの帰りに転倒して

地面に手を着かず左顔面を強打したようで

意識が薄らいで暫く倒れたままのようでした。

近くの人が救急車を呼び治療ができた

病院から電話があり来てくれというので

2日に来たが道がわからないので帰り

3日に来て、なぜか我が家に道を聞たようです。

不思議な出会いですが

手助けするのが務め、明日は我が身

そう思い行動しました。

厄除けをして20分もしないのに

大けがをするなんて運が無いですね

高崎から来た84歳の老人は高級車を乗っていた

ナビがついている感じはする。

無事帰ることを願い、見送った


イメージ 1

この記事に

  • 顔アイコン

    明日は我が身 なんてね。
    とっても いいことをしましたね。

    [ よーちゃん ]

    2018/1/4(木) 午後 9:13

    返信する
  • > よーちゃんさん
    84歳の人と会話をすると
    何度も繰り返す事が多い!
    でも、頑張れと応援したいですね

    [ 旅人 ]

    2018/1/5(金) 午後 0:05

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事