ジェット噴射のように

わらび座ミュージカル『アトム』のファンによる応援ブログ。『アトム』公演終了に伴い、更新を終了しました。ありがとうございました!!

全体表示

[ リスト ]

行ってきました……

ようやく、カンアミデビューしてまいりました。
芸事を題材にした作品だけに、今これを上演できるのは確かにこの劇団だけかも、という気がしました。
 
だってさ。
 
お芝居なんだから、実際に天才的な踊りを見せなくたって、
そういう設定なんだってことで話を進めることはできるでしょう。
 
でも、そこをきちんと見せられるのと見せられないのでは説得力が違います。
 
エキゾチックな曲舞に(そしてそれを舞う乙鶴に)観阿弥が心惹かれる様子。
『翁』の千歳を舞う初々しい世阿弥を観て、将軍がうなづくとき。
自然居士を上演する観阿弥の舞に合わせて、老若男女が一緒に踊り出す場面。
 
どれも美しくチカラ強い舞を観られるからこそ、納得のいくものになっている気がしました。
 
冒頭やエンディングで見せる太鼓や舞も、劇中の人々の身のこなしも。
きちんと訓練された動きの美しさが、物語に深みを与えていたように思います。
 
まあ、もう一度観に行きますので、詳しい感想はその後で。
 
歌舞劇ロマン『カンアミ伝』
■シアター1010(東京都足立区)
2011年2月20日(日) 開演時間 14:00
全席指定:S6000円、A5500円(わらび座FC・足立区民割引S4500円、A4000円)
 
 
そして同じ時間に、福岡県の飯塚では『アトム』です。
 
ミュージカル『アトム』
■イイヅカコスモスコモン 中ホール(福岡県飯塚市) 
2011年2月20日(日) 開演時間 14:00
自由席:一般2500円、中高生1200円、3歳〜小学生800円、親子3000円
 
現キャストでの『アトム』は、あと3回だそうです。
飯塚市での公演はキャパ600席弱のややこじんまりした会場で、
きっと今回もいい公演になりそうな気がします。
 
こうやって思い浮かべるだけで、あの場面やこの場面が目に浮かびます。
飯塚でも、たくさんの方が『アトム』を観に来てくださいますように。

この記事に

閉じる コメント(2)

ですね、わらび座だからこその題材です。和平さんはどうでした?エンターテイナーでしたか?

2011/2/20(日) 午後 7:12 [ 北の残党 ] 返信する

はい、観阿弥さまは、素晴らしいエンターテイナーでいらっしゃいました。
そして、他の方々のパフォーマンスにも感動しました。

わらび座らしい見どころの多い舞台でしたね〜。

2011/2/20(日) 午後 10:20 [ kiki ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事