CRAZY RIDE !!

人力乗り物大好きなTEDの不定期ブログ

全体表示

[ リスト ]

今日の練習

今日はローラー台で一時間しっかり汗を流しました。




最近ローラー台を買いまして、ローラー台の凄さにただただ驚くばかりです。
何がすごいって、その発汗量!!
自転車はいかに風で放熱するかが重要なんですねー
そうしみじみと感じさせるほど、というか冬場なのにTシャツが絞れるほど発汗するって…
皆様脱水症状には気をつけましょうね。冬でも起きるんですからね!

あと、身体を絞るなら食事制限も大切ですが、一番早くて身体に良いのは
「筋肉をつけ、筋肉量増大による基礎代謝を向上させ、更に摂取カロリー数よりも運動カロリー数を上回る運動をする」
だと考えます。〜〜ダイエットとか言ってる本とかありますけど、早い話運動すればいいのにと本気で思います。
するならガムダイエット。ガム噛んで満腹中枢刺激して、あまりご飯を食べなくていい状態を作る。
顎を動かすことが脂肪燃焼を助けるという怪しい研究結果も有ることですし。
その代わりこのガムダイエット、一つ難点があります。
ガムを食べ終えて30分〜1時間後に猛烈な空腹を感じます。
ハンガーノックや空腹で力が入らない等になっては困るので、食事前にガムは食べ終えましょう。






そして必ずプロテインを適量摂取。
最近このプロテインの重要さに気づきました。
バイト先の配属変更で勉強する機会が有りまして、その時事実を知って驚きました。
今までどれほど無駄なことをしてきたのだろうと。もっと早く知っていたらもっと速くなれたのではないかと。

アスリートが普通にトレーニングをして、食事で崩壊後の修復用のタンパク質を普通の食事で摂取することは事実上不可能と言われています。
それほど体は筋肉が崩壊してタンパク質を欲しているためです。
トレーニングをどれだけしても、身体を支える筋肉を破壊したままでは本来のパフォーマンスを引き出すことはできません

一般的に運動後の身体には体重1kgに対し、タンパク質は0.8g必要と言われています。
大体私が60kgなので、私は一日48g必要ということになりますね。
もちろん運動の負荷にもよるでしょうが、間違いなく普通の食事をしていては理想摂取量には届きません。
タンパク質を多く含む卵や鶏肉、大豆、牛乳などを必要量摂取してしまうと明らかなカロリーオーバーです。
タンパク質が足りないと筋肉が発達しない、それどころか疲労状態が続き、次の日に悪影響をおよぼすこともあります。

そこでプロテインを利用します。
そもそもプロテインという言葉の意味をご存知でしょうか?
実はプロテインという言葉は、英語で言うタンパク質の事なのです。
日本ではプロテイン=黒々テッカテカの大盛り兄貴を想像するでしょうけど実際にはそのようなものではないのです。
人間、動物が生存していくために必要な物、それがプロテイン(タンパク質)なのです。

プロテイン自体にはカロリーは多くは含まれていないため、安心してプロテインを摂取することができます。
プロテインを運動後30分以内に摂取することを厳守せねばなりません。この時以外に摂取してもあまり効果は期待できません。しかし夜寝ている最中はタンパク質が不足しますので、トレーニング後30分と夜寝る前にプロテインを摂取すると効率が良いです。
更に、体内に糖分が存在しないとタンパク質や脂肪を動力源として使って行ってしまうため、せっかくの摂取したタンパク質が無駄になってしまいます。そこで同時に糖分も少々摂取すると良いと言われています。

−実はプロテインにも種類があります。
パッケージにはホエイ、カゼイン、ペプチド、ソイ、などの言葉があると思います。
これらはすべてタンパク質であり、タンパク質の種類の違いになります。
基本のプロテインはホエイプロテインになります。こちらが最も安価でスタンダードです。
一般人はこれで十分です。これ以上の物を求めるときには何らかの理由が必要になります。
次にカゼイン、ペプチドについてですが、これらはタンパク質の分解割合を示します。
ペプチドは分解率が高く、比較的吸収が早いです。逆にカゼインは吸収が遅いです。
つまり分解度が違うと吸収される時間が変わりますので、それらを複合的に組み合わせることにより、より長時間修復、超回復効果を望めます。しかし、製造方法が難しくなるため、値段が倍ほど変わってきます。
ソイたんぱくは大豆など植物から作られるタンパク質のことで、植物性のタンパク質になります。
そのため動物性よりも更にカロリーが低いです。限界まで絞るマラソンランナーなどよく使用されます。
難点としては植物性タンパク質より動物性タンパク質のほうが筋力がつく(植物性たんぱくは筋力がつきづらい)ぐらいでしょうか?むしろそれを利点として筋肉現状維持、身体は絞るといった使い方もできます。



現在は様々な会社からプロテインは発売されており、味も効果も前時代とは比べ物にならないほど向上したそうです。
おすすめ商品としてはDNSさんのホエイプロテイン カフェオレ味ですね。
他社さんのプロテインは飲みやすさ重視のため甘く作られていることが多いのですが、このプロテインは一味違います。
プロテイン=甘いという概念から脱却し、少し苦味を入れてカフェオレを忠実に再現したモデルになります。
初めて飲んだ時には衝撃でした。甘いモノばかりが常識の世界でこのような商品が有ることに驚きでした。
自分は学生のためそんな金額も出せるわけもなく、おとなしく店舗最安値の商品を飲んでいますが、効果は変わらないですし、味も美味しいので全く問題有りません。
それに所詮プロでもない人間が「ここに効く、こう強くなる」製品を使った所でお金のムダと思っています。
最大限の努力をして勝てなければ何かに差があったと受け入れるべきです。
次から次へと良いものに変えた所で努力量を変えないと上のステップにはいけないと思っています。
しかしながらその最大限の努力の最低限の必要物としてプロテインは入れるべきです。
何かにむかって頑張りたいという気持ちを無意味にしないためにもプロテインの摂取をお勧めします。





ざっとまとめてみたらこのようなものでしょうか?
つまるところただ練習するだけだと意味がなくなってしまうので、きちんと身体のケアもしましょうとのことでしたw





これを大学1年の頃からやっていたら…と考えても後の祭りですねハイ。
ちょっと脱いだらかっこいいおじさま目指して体力づくり、地足戻しを頑張ってみましょうかね!

閉じる コメント(2)

プロテイン・・ローラー台・・あのとき、あの練習で、あの期間で使っていれば・・と同じ後悔をかかえている貴方のお友だちのびあんきですしくよろ。

2012/2/24(金) 午前 9:48 [ びあんき ]

顔アイコン

ビアンキさん
うーす( ^ω^)ホントに一年の頃からこういう練習してたらと思うわ。練習したら早くなるぐらいにしか考えてなかったからね。これからもまだまだ有るんだ続けてやってみようじゃねーかww

2012/2/25(土) 午前 1:43 [ TED ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事