ここから本文です
com2のブログの様なやつ
子供が大きくなった時にこの工作物を使って貰えると嬉しいブログです。

書庫全体表示

記事検索
検索

全107ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

やほーブログ

ちょっと考えましたが、このままこのブログは閉鎖しちゃう事にします。

お世話になりました。

フェイスブックやってますので本名知ってる方は良かったらそっちで絡んでくださると嬉しいです。

FINE.ODデモ

修理完了記念にFINE.ODの音と、ついでにP-Veltを使ってみた動画撮りましたんで良かったら聴いて下さい。

いいっすよ、P-Velt。
あとはサイズバリエーションの充実を望みます。



HUMANGEAR FINE.OD修理

以前FINE.DSをバラして回路トレースした事があった訳ですが、この度FINE.ODのジャンクが手に入りましたので修理がてらバラして回路採ります。


イメージ 1

イメージ 2



DCジャックの接触不良でした。
バラすまでもなくすぐ直っちゃった訳ですが、折角なのでバラします。


イメージ 3

イメージ 4



実績があったので面倒には違いないですが手順は分かってますので割とすんなりここまでバラせました。


イメージ 5

イメージ 6



iPhone便利。
撮って拡大すれば定数が確認出来ます。


イメージ 7


無事トレース完了。
満足したので売っちゃいます。(ました)
非常に具合が良かったので紹介です。


私はいわゆるハイブリッドピッキングという、通常のピック弾きに加えて中指を駆使して指弾きも併用するスタイルなんですね。
ちょっと前まではチキンピッキングなんて言われてましたが、あれの進化バージョンです。

人差し指もフリーになったらより弾き方のバリエーションも増えるのではと思いサムピックにチャレンジしたりしましたがイマイチ弾きにくいんですよね。

サージカルテープでピックを巻いてみたりもしましたがすぐ取れちゃいました。


そんな時にこれです。



イメージ 1




サムピック的なものなんですが、シリコン製でお好みのピックを取り付けて使用するというものです。

一般的なサムピックに比べるとフレキシブルで通常のピック弾きに割と近い感覚で弾けます。

慣れてるピックが使えるってのもいいですね。


ただですね、私の指だと大き過ぎでした。
深く装着しなくちゃいけなくて、そうするとピックの位置が第1関節付近になっちゃいました。

そこで、たまたま持ってた事務用指サック(紙をペラペラめくるのが楽になる、その名もメクリン)を装着、その上からP-Velt。
バッチリです^ ^



イメージ 2




JAZZ3タイプとティアドロップタイプがあります。
私はJAZZ3の方が具合が良かったです。

P-Veltさんにはサイズバリエーションの充実をお願いしておきました。


https://www.p-velt.com/

参考サンプル




LUMPY‘S TONE SHOPのCLASS A  OVERDRIVE。
トーン12時、ゲイン13時くらいです。

アンプはKORGのMV-50です。

全107ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事