のんびり走ろうかな SR400FIのブログ

ブログ引っ越ししました https://kingreenteal.blog.fc2.com/

SR

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全25ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ポトンから2週間が経とうとしています。

クランクケースを割ることを決意して作業を進めてもらいました。

ついに、出てきたようです。

イメージ 1
となりのガムテープは慌ててもがいて突っ込んで、一緒にとれなくなったもの

いもネジ君はクランクケースを割ったとたんに ポロリと出てきたそうです。

イメージ 2
ガムテープは張り付いておりました これが負の連鎖でした

今回ついでにオイルポンプもオーバーホールしてもらいます。

7万㎞の車体なので、腰下はいいタイミングだったと考えるようにしました。


もう一つついでに・・・・こいつを投入

イメージ 3





穴からポトン・・・と

あれから1週間が経とうとしています。



色々といろいろな方に相談して気持ちが切り替わりましたので、書いています。


まずは、今回のことは私の作業ミスが全ての原因です。

パーツ等につきましては全く問題はありません事をお伝えしたいと思います。

イメージ 1
このいもネジ君が・・・

イメージ 2
このブローバイホース穴に・・・

落ちました(涙)

イメージ 3
パーツを取り付けました

イメージ 4
ブローバイホースも取り付けました

ここまでは良かったのですが・・・・

イメージ 5
このサイド減圧ホースを・・・

イメージ 6
この位置から出そうと考え・・・

ちょっと片側が浮いてきてしまいました。

ここでいもネジを回して締め直していったところ・・・・コトン!

なんとも悲しい音がしました・・・・

何が起こったのか分からず、パーツはするっと外れ・・・・

やっと何をしでかしたのか気づきました。

サーーーっと血の気が失せました。

よく写真を見ると、パーツをしっかり下まで差し込んでいなかったようです。

これが原因で、いもネジ君が次第に上に浮いていき最後は穴に・・・コロン

クランクケース内に異物侵入(涙)

色々と検証していただいた結果、クランクケースを割ることになりました。



腰上オーバーホールをして1年、1万㎞。

おしい・・・・・・・クランクケースを割る・・・・ということは・・・

そう考えている時に別のことを考えている自分がいました。

今回のことを全てチャラにすることができるあのことを・・・・





朝からSRの作業をしていて、ちょっと作業ミスをしました。

するとそこから負の連鎖が続き・・・・

イメージ 1
JAFのロードサービスでToohipへドナドナ

ん〜なかなか厳しそう・・・・

これを機に次なるステップへいくか・・・・いくか・・・いくか

しばらく沈黙します。




イメージ 1
TOOHIPにてタイヤ交換 アローマックスGT-601 120/80 Hレンジへ

イメージ 2
15㎜ダウンのため、ボアエースナイトロンを10㎜延長

イメージ 3
ケニーロード東側展望台

イメージ 4
雲海が・・・

イメージ 5
明日のピースライド会場の上のケニーロード

イメージ 6
根子岳も色づいています

イメージ 7
草原の真ん中に

イメージ 8
阿蘇を東から見おろす

イメージ 9
荒々しい阿蘇の風景

イメージ 10
絶景ポイントひとりじめでした

イメージ 11
イチョウと阿蘇神社

菊池阿蘇スカイラインを通って帰りました。

明日はピースライドですね。

いい景色が待っていますよ。

今日はほとんどバイクに出会いませんでした。

明日の阿蘇はバイクであふれるかもですね。

タイヤ交換と阿蘇の風景はまた次の機会に・・・・


イメージ 1
リコール作業中

SR400FI購入店にて作業中です。

シート・タンクを順に取り外しております。

イメージ 2
SR400FI 本当にスリムな車体です

イメージ 3
さてさて問題の場所は・・・・

イメージ 4
オイルラインの付け根の場所です

オイル漏れは一切ありませんでしたので、規定トルクで増し締めだけですみます。

右下のゴムダンパーの部分までタンクが被さりますので、タンクを外さないで作業するのは結構難しいかもしれません。

トルクレンチを使って規定トルクまで締め付けますので、普通のトルクレンチだけでは不可能です。

トルクレンチアダプターが必要らしく、わざわざバイク屋さんは昨日注文されたようでした。

午後に届いたので、夕方からの作業になりました。

トルクレンチアダプターはこんなものでした。

イメージ 5

イメージ 6
このように接続してくいっと増し締めされました。

時間にして10秒ぐらいです(笑)

タンクの脱着がかなりの時間を要しました。

手紙では、作業時間が30分となっておりましたが慣れた人がやったときの時間です。

FIのタンク脱着をしたことがないバイク屋さんだと、2倍ぐらいの時間はみていた方がいいかもしれません。

ホースが経年劣化で硬くなっていたのと、タンク裏のホースクランプが非常に外しにくくはめにくい形状をしていました。

一人でタンクを持っての作業では非常に難しい作業になります。

今回2人の方で作業をしていただきました。

このホースクランプの部分をホースバンドにすると作業効率が上がるでしょうね。

SR400FIの購入店ではおそらく初めてのSR400FIタンク脱着だったと思います。

最後まで丁寧に作業していただきありがとうございました。

次回はホースを新しくして、ホースバンドを活用いたします。

イメージ 7
外したガソリンタンクは来年の夏まで休憩です

もう一つのタンクに着せ替えました。

ここまでの作業が全て無料なのでぜひやっておく必要がありますね。

イメージ 8
タンクを変えただけで別なバイクに感じます

イメージ 9
リアタイヤが終わりました 交換です


あ・・・サイドスタンドに整備済の白いマークは書かれなかったような・・・

まあ・・・・いいか・・・



全25ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事