ここから本文です
長崎 琉球古典音楽研究所ブログ
長崎佐世保近郊や福岡近郊で三線をやってる(やりたい)けど琉球古典の研究所(教室)がないので困っているとか諦めているという方に
大きい黄色の水仙!と勝手に言ってたら
ラッパ水仙!と言う正式な名前がありました。

イメージ 1

花言葉は”うぬぼれ・自己愛”だそうです...なんかな〜ですね...

桜の花も咲きましたよ!

イメージ 2

実は植木鉢のさくらんぼの木ですがきれいです。


イメージ 3

久々の福岡教室でした。

イメージ 4

やっぱり顔を合わせてのお稽古は力が入って楽しいですね。
四月からは新しい方が入って来られる(予定)なので
ますます楽しくなると思います。

最近、大村の三線サークルが盛り上がってて(いつのまにか17名です)
そちらの元気なみなさんにエネルギーを持っていかれてます(笑)

古典をしっかり稽古しないと!と反省気味です...


長崎のデイケア施設への慰問を予定していたんですが
諸事情で中止になり、慰問先を三線サークルのメンバーが勤めてらっしゃる
大村市の施設に変更しました。

ぜひお願いします!と快く受け入れていただいたので
気持ちも新たに頑張りたいと思います。

民謡を私のお弟子さんのお友達の女性に歌ってもらいます。
それから、手伝ってもらうのは無理!と諦めていた太鼓を
入れてもらえることになりました。
ありがたいですね。

舞踊は男踊り(二才踊)が三題あるので、太鼓の有無は
踊りの見栄えと仕上がりを大きく左右します。

良かったです。三線も張り切って歌いましょう!

施設のみなさんに沖縄琉球の風を少しでも感じていただいて
喜んで頂けるように丁寧に頑張って歌いたいと思います。



この記事に

開くトラックバック(0)

3月3日に長崎大学創楽堂で行われたリュートの演奏を聴きに行きました。

少し早めに行って、学食で晩御飯をいただきました。
二人で千円なり! 良いですね!
実は、嫁さんとは大学の同級生で二人で良く学食で飯を食ってました。
最近の学生さんはグループで来てもスマホをいじりながら時々会話
するくらいなんですね。

イメージ 1

42〜3年前の超貧乏だったけどとても楽しかった学生時代を思い出しました。

イメージ 2


リュートの音楽はとても優しい音色と旋律で心が落ち着きます。

イメージ 3

セットリストです。

イメージ 4

谷川俊太郎さんの詩も良いし、リュートに乗せたボーカルも
ジャジー?なベースも良かったですね。

出演者のプロフィールです。

イメージ 5

無料でこんな素晴らしい演奏が聴けるなんて....
...って事でCDを二枚買ってちゃんとサインも頂きましたよ。


奏楽堂です。

イメージ 6

約100名くらいのスペースでしょうか?
舞台の段差は小さく奥行もあまりなく舞台袖もないので
琉球舞踊の公演には少し厳しいですが、来られているお客さんの
音楽(演奏会)に対する向き合い方がちゃんとしている?
(目と耳が肥えてる?)様な気がします。

公演は文化庁の”大学を活用した文化芸術推進事業”として
行われている様ですね。

国の重要無形文化財として登録されている”琉球舞踊”の公演をぜひ
長崎大学創楽堂でやってみたいですね。

帰りに係の方に名刺を渡して”いつか公演をやらせて下さい!”と
ちゃっかりお願いしちゃいました。

まあ、無理でしょうが...

昨日は大村での手合わせのあと、大村ゆんたく会三線サークルの
懇親会が”大村富士松”と言う割烹料亭でありました。

みなさん元気で素晴らしいですね!

イメージ 7

三線サークルなのにウクレレ演奏???
お上手でしたよ!

三線を始めた動機も練習時間もそれぞれですが
とにかく楽しい!(今のところは..)とみなさん仰ってます。

練習(稽古)の結果をすぐに求めず、ゆっくり楽しみながら
一緒に上手になって行きましょう!とお話をしました。


私は沖縄で、三線にとても助けられて三線のお陰で大切な仲間も
たくさん作れました。

その三線と琉球音楽への恩返しが始められた様に思えた夜でした。

この記事に

三線(音楽)が繋ぐ縁

今日は3月3日、ひな祭りですね。
5月3日に、12月に産まれた女の子の孫ちゃんが沖縄から来るので
その時にお祝いしましょうね。
女の子の孫...可愛いですね。

イメージ 1

沖縄の旧3月3日(今年は3月30日)のひな祭りは
浜下り(ハマウリ)でご馳走を持って磯(ビーチ)に行き
海に脚を入れて(身体を清めて)、女性の健康と幸せをウニゲーサビラします。

大潮になるので今は潮干狩り(磯遊びで貝やタコをとります)が主流?で
”浜下り”言葉だけが残ってる様です。


20数年前に沖縄へ転勤して仕事をしてたのですが、お話してても
本土企業の人間!と言うだけで騙されるのでは...と警戒されました。

特に年配のお客様からは相手にされず話も聞いてもらえなかったですね。

イメージ 2

転勤してすぐに首里公民館に通って三線の稽古を始めていたので
諦め半分で”三線の音色良いですよね〜、私大好きです!”とお客様に
話したら、”イェ〜あんた三線やってるの?、上等さ!頑張ってね〜!”と
何となく心を開いて頂いた様な...気がしました。

営業のツールに使ったみたいでなんか作為的で少し気持ち良くないし
映画みたいな話ですけど...本当なんですよ。

その時は八重山民謡を稽古していたんですが、お客様からは
棟上げと新築祝いには”かじゃで風節を歌ってちょうだいよ〜!”と
言われて琉球古典音楽の稽古を始めたような気がします。

イメージ 3

本当のエピソードをひとつ!
名護の二世帯住宅の打ち合わせに訪問した時に、三線のケースが三つほど
あって長押の上に野村琉音楽協会の教師免許状が掲げてありました。

仕事(営業)の話をする前に
”先生(お父さん)、御前風の稽古をつけて下さいませんか?”と
お願いして、三線をお借りして一緒に歌わせてもらいました。

”上等!あんたに全て任せるからあとは息子と話をしてちょうだい!”
で契約していただきました。
もちろん新築祝いは座開きから舞踊まで大賑わいでしたよ。

これまた、嘘のような本当の話なんです。

イメージ 4

三線が繋ぐご縁!
沖縄には
富川一門の研究所の先生とお弟子さんや野村流音楽協会のみなさん
箏曲研究所の先生とお弟子さん、太鼓の研究所の先生とお弟子さん
笛の仲間、それからいつもお世話になっている舞踊研究所の先生とお弟子さん...

福岡、北九州と下関の琉球古典芸能の仲間のみなさん
福岡の教室と長崎教室に通って来られるお弟子さん達
大村のゆんたく会三線サークルの15名のみなさん!

勘定したことはないのですが、すごい数の先生やお友達に囲まれています。

もし三線をやってなかったらこれが全てゼロになる...と思ったら
人(友達)好きの私はゾッとしますね。

三線に改めて感謝です。

イメージ 5

今度の日曜日は大村ゆんたく会三線サークルの懇親会が舞踊手合わせの後
大村で行われます。

やっと時間が出来たから!子育ても一段落したから!
三線の音色が好きだから!とみなさんのサークルに参加された
動機?(理由?)は様々です。

みなさんとゆっくりお話出来るのを楽しみにしています。











この記事に

イメージ 7

長崎創楽堂(長崎創楽堂を活用したアートマネジメント人材育成事業局)から
3月の音楽イベントのお知らせを頂きました。

イメージ 1

その中で、東アジア・ミュージック・フェスティバル
日中韓国際交流演奏会「春、東アジアを聴く」に行こうと思います。

イメージ 2

中国琵琶、二胡、竹笛、揚琴の中国アーティストによる演奏と
ヴァイオリン、ピアノそれから日本からは尺八、お筝、十七絃の演奏が
あります。

それにギターの山口修さんも出演されます。
いつもの楽しいMCは聞けるでしょうか(笑)

3月9日(木)19:00開演です。
なんと、無料なんです!

先日の川田知子さんのヴァイオリンコンサートもそうですが
一流のアーティストの演奏会が無料!!!
有り難いです。

3月3日も創楽堂でリュートの演奏会があるので行きます。
なんか...無料狙いみたいだけど...いい音楽を無料で!素晴らしいことですよね。

”長崎創楽堂を活用したアートマネジメント人材育成事業局”へ拍手!!!です。



イメージ 3

2月に友達のてっちゃんのライブへ行ってきました。
てっちゃんは福島出身のパーカッショニストで作曲家です。

イメージ 4

東京を拠点に音楽活動をしていましたが2年前(3年前?)に
パートナーである、あきちゃんの故郷の長崎に移住し
そこを拠点に全国で音楽活動を続けています。

ライブではてっちゃんの作曲した曲を聴かせてもらいました。
美しいメロディーで心が豊かに優しい気持ちになります。

イメージ 5

ドラムもとても繊細なタッチで流れるようなリズムで
優しい人柄がそのまま音になってる様に聴こえます。

今日、長崎の旧香港上海銀行長崎支店ホールでてっちゃんの
ワンマンソロライブがあります。

イメージ 6

即興曲?が中心になるのかな?

旧上海銀行長崎支店のライブは偶数月に定期的にやるそうなので
皆さんにもぜひ聴いてもらえたらと思います。


いつも身近にいろんなジャンルの良い音楽をおいて
心豊かに生活したいですね。






この記事に

沖縄三線稽古

梅の花が咲きました。

イメージ 1

我が家は少し高台に建ってるので周辺に比べると開花が遅れ気味ですね。
これからメジロが来てウグイスが鳴けば春がやって来ます。


昨日まで沖縄でした。

イメージ 2

毎週でも通って稽古をつけてもらいたい気持ちはあるものの
今は時間が取れる範囲で伺って指導を頂いてます。

細かい節回しや工工四の解釈の違いなどとても勉強になります。

それから楽典(野村琉音楽協会のバイブルです)についてはいつも
野村琉音楽協会の長浜会長へ直接電話して教えて頂いています。

本当に有難いです。

将来は長浜会長に福岡に来ていただいて、研究所のメンバーや
協会の会員さんを集めてレクチャーをお願いしたいです。

まずは会員を集めなさい!ですね。 頑張ります。

イメージ 3

サークルの方から三線を買いたい!との相談があったので
馴染みにしている壺屋の文化堂を紹介しました。

イメージ 4

三線の入手にはネットだったり、お土産屋さんだったり
いろいろ方法はあるしその方の考え方?だと思うのでこれが!と
一概には言えません。
なので私も強くは薦めないのですが、やはり楽器は楽器屋さんで!と
思います。
それも、出来れば楽器のわかる方と同行してもらって手に取って買う、のが
理想ですね。それが難しければ信頼出来る人からの紹介で、アフターやメンテも
ちゃんとやってくれるお店から買うのが一番かな?と思います。

それからご自分の信頼出来る三線屋さんと長く付き合うことでしょうか...


イメージ 5

いろいろ話をしていて、ちゃんとした?お客さん(リピーター)も
ついているようですが、それこそ通販やお土産品として買われる方も多く
沖縄での買い替え需要も少なくなって厳しいようです。

上原さん(文化堂店主)が言ってました
”口でいろいろ説明しても、結局は三線でしか答えは出せないですよね”

内地で三線を楽しんでいる私たちのためにも頑張って欲しいです。


文化堂のあとは、いつものように公設市場のベトナム料理屋さんで
フォーを食べてからに桜坂の公園でのんびり〜して時間を潰します。

イメージ 6

なんじゃこりゃ?
演劇の舞台?
アート?

明日からです!とか言ってたから多分なんかのイベントでしょうね。

イメージ 7

のんびり〜してたら猫も寄ってきました。


イメージ 8

大村空港からの船窓からはオレンジの太陽が見えました。

黄砂でしょうか?
春先になると長崎には偏西風に乗って中国からの砂(黄砂)がやって来ます。

洗濯物とか呼吸器系の疾患がある方には大変困りますが
いよいよ春の訪れ!のようです。








この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事