全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

JaSECT近畿地方会にて

少し前の話になりますが2月10日は京都テルサへ
日本体外循環技術医学会近畿地方会へ
実技セミナーを受けに行ってきました。
 
体外循環技術認定士の試験を受けるためにこの実技セミナーは必須項目なんですが、受験をする方が多いので試験が近い方から優先ということで2年間振られ続けていました。
 
そしてようやく私もその試験が近い方の一員に入り今回なんとか受けることができました。若干寝坊してしまいぎりぎりセーフで会場入りでしたが・・・(笑)
 
 
内容は今後ここを見ている方で受ける方がいらっしゃるかもしれないので詳しくは書かない方が良い様な気もするのであえて伏せておきますが、とても有意義な実技セミナーになりました。
 
イメージ 1
写真を見たらなんとんなく察しはつくと思いますが、実際に人工心肺を操作してポンプオンからポンプオフまでの一連の操作。
 
その途中起きるトラブル。
それに対するディスカッション。
 
人工心肺中こういう事がおきました。
さあどうしましょう?
 
などを一人一人やっていくわけです。
 
 
指導をして頂いた方々はよく学会でもお見かけする百戦錬磨の方々で、経験や知識の引き出しがすごく多くとても勉強になりました。
 
今回実技セミナーでいくつかのトラブルシューティングと事例を経験しましたが、実際に手術中に予期せぬトラブルが起きたとき自分はパニックにならずパーフェクトに対応できるのか?
 
多分今のままでは無理でしょう。
 
当たり前ですが、この実技セミナーを受験の必須項目のために受けたってだけで終わっていてはだめなんですよね。
せっかくたくさんのアドバイスや知識を頂いたのでいざその時が来ても少しでも落ち着いて対応出来るように、病院でももっと積極的にトラブルに対するシミュレーションを回路を使ってスタッフみんなでディスカッションしながら行い、持続していこうと思いました。
 
 
京都府担当/福山
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一般社団法人大阪府臨床工学技士会
     第4回呼吸療法セミナーのお知らせ
   今回より、3学会合同呼吸療法認定士認定更新ポイントの25点が付与されます!
 
   テーマ:集中治療領域での呼吸管理の基礎
   現在のICU等における呼吸管理の実際、そして実施に必要な知識が講義の内容と
   なっております。
   また今回が大阪府臨床工学技士会にてはじめてのポイント付与となります!
   これから呼吸療法認定士を取得される方も25点が必要です。
   また更新にも5年の間に50点以上のポイントが必要です!
 
   ぜひぜひ、皆さまご参加ください!
 
   事前登録制ですので、
   大阪府臨床工学技士会ホームページからご登録ください。
   
 
   開催日   : 平成25年3月31日(日)
   開催場所: 堺市産業振興センター イベントホール
             (最寄駅:地下鉄なかもず、南海中百舌鳥駅)
   開催時間: 9:55〜16:15
   参加費   : \4,000 (学生、職種、会員、非会員問わず)
 
      詳細はこちら http://www.osakace.com/post/4580 
           (大阪府臨床工学技士会ホームページ)
 
                                             大阪担当:奥田
 
 


 
2013217日(日)兵庫県臨床工学技士会主催 
教育と育成のカンファレンスに参加しました。
養成校での教育体制や臨床実習の実際と課題、そして施設における卒後教育からキャリア開発まで、幅広く大変充実した内容でした。
キーワードは、コンピテンシー、目標管理、ノンテクニカルスキルなど。コンピテンシーとは「優秀な成果を発揮するための能力的(行動)特性」などと定義されています(学術的な定義ではないようです)。ハイパフォーマーはその優れた成果を出すために、環境や状況にどのようにアプローチしているかなど、成果の基となる行動概念(あるべき姿)をモデル化します。そしてそれを基準にすることで、人材開発・育成におけるツールの一つとして活用するという話でした。
コンピテンシー、目標管理など多くのツールを上手に併用すること、人材育成の仕組みを作り、そしてそれを評価してさらにいい仕組みを作る。まだまだ問題は多く残っていると思いますが、管理者だけでなく教育を受ける側も、素晴らしい教育が受けられる風土作りが必要だと思います。これらのことに対して、もっと知識を得る必要があると改めて感じました。                    
イメージ 1
               (兵庫県担当/高木 雅史)
奈良県臨床工学技士会 定期勉強会のお知らせです。
 
日時 平成25年2月16日(土) 17:30〜
会場 奈良医大 臨床研究棟大会議室
 
パートⅠ 【周術期管理参画の現状】 
講師 一般社団法人 奈良県臨床工学技士会 会長 萱島道徳
パートⅡ 【静脈血栓塞栓症予防について】 
講師 日本コヴィディエン株式会社 クリニカルサポート課 高垣聖子先生
 
主催 奈良県臨床工学技士会学術部 手術・集中治療部会
担当 天理よろづ相談所病院 藤本
 
皆様の御参加お待ちしています!
詳しくは↓↓

はじめまして

はじめてここにブログを書かせて頂く京都担当の福山です。
皆様はじめまして。
京都担当はもう一人三宅さんというビックな大先輩がいるのですが今回は私下っ端の福山が書かせて頂きます!!
 
さてさて・・・
どんな内容の事を書こうかと考えたのですが、とりあえず初めてなんで自己紹介でもしようかなと思います。
自己紹介なので何一つこの記事に有益な情報は無いので興味ない方は違うページにいってもらって結構です!去る者追わずです!
 
でも・・・本当は
・・・読んでほしい・・・切実
この記事も夜勤の休憩時間を潰して書いてるんです!!
頑張っているんです!!
 
それでは自己紹介です。
 
 
まず、私は関西出身ではありません。
出身は大分県別府市というのどかな温泉街で生まれ育ちました。
生まれも別府、育ちも別府な純正別府市民です。
 
ラーメン行こうぜ!マクド行こうぜ!くらいの軽い感じで
風呂(温泉)行こうぜ!って小さい頃から普通に言ってるようなある意味特殊?な場所です。裸の付き合いって奴ですね!
 
もちろん臨床工学技士の育成校も大分県の専門学校に通い、
就職も地元の病院で・・・って考えていました。
 
しかし!!人生はそんなに甘くなく、一番行きたいと思っていた地元の病院からは振られてしまい途方に暮れました。
あまり就活をしていなかったため、もうどこでも行ってやると奮起し受けた京都大学病院に受かり現在5年目ですがこの職場で頑張っています。
 
京都に来た始めの頃はもちろん京都に知り合いも友達もいなく、プライベートは一人で寺巡りに繰り出すなんとも味気ない日々でした。
たまに会いに来てくれる家族や友人・・・
その人たちが帰っていくときの寂しさ・・・
尋常じゃないです!震えます。
 
しかし少しずつ京都での生活にも慣れていき職場に友人もでき、仕事にもやりがいが出てきて今の奥さんにもここで出会えて素晴らしい毎日を過ごしています。
 
そんな中約1年前に上司から
 
上司:福山君Yボード委員やってみない?
 
私:はい。いいですよ。
 
っと軽い気持ちで参加したのですが、今では参加できてよかったと感じています。
 
出身校から離れた土地で働く私みたいな人って他の病院の方との繋がりとかすごく少ないんです。地方会とか言っても知り合いにまず会いません。
これすごく寂しんです。
しかし関西Yボード委員になって11人の同じ年齢くらいの(かけ離れた人もいますが 笑)方と出会えました。
しかも委員の皆様のアツい気持ちや若手の技士の立場に立って少しでも役に立てるように動いている姿勢にも驚き、感化されまさに一石二鳥、三鳥所じゃないです。
 
・・・ってここまで思っていることをただひたすら書いてますが自己紹介あんまりできてないですね!(笑)
また次の記事にでも仕事内容や趣味でも紹介でもしたいと考えています。
需要ないか?(笑)
 
とにかく私もこのYボード組織の一員として、皆様にたくさんのフィードバックができるよう、今さら聞けないではないですが、今だからこそ聞ける若手技士の立場を生かした提案や企画をこれからも行っていきたいと考えています。
 
長々書きましたがこれで失礼します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事