星とかなんやらかんやら

転勤3年目 多忙な毎日で更新滞り気味

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全70ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

懐かし

所属クラブの観望会。
今回のテーマが、懐かしの機材ということで
我がコレクションのほんの一部を持参しました(^^
イメージ 1

もちろん御三家の一角 スリービーチ。

6cm双眼望遠鏡(超珍品)
6cm屈折赤道儀ST-420

奥に見えるのが、ケンコー6cn屈折経緯台
詳しくは下の専門チャンネルで(笑)

このほか、
中華製9cmF5屈折(すさまじい色収差がシングルレンズ風で懐かしい感じ)
タカハシの10cmF10反射赤道儀(操作性、見え味 文句なし!)

見比べで新たになった発見がありました。
双眼望遠鏡で金星を見ると、赤の色収差が出たこと。
見た目に反してFL1100mmという長焦点の為、付属アイピースK-20mmでは導入が至難の業だった事
そして、最大の発見が、3B6cmで見る月とケンコー6cmで見る月の明るさが明らかに違う事
コーティング等の問題レベルじゃありません。
ケンコーが6cm標準だとすると、多分4cm位の明るさとなります。
つまり、筒内の迷光環で4cmにケラレてる・・・いや、ケラレさせた?(にやにや
つまり絞りが入ってます・・・
この時代の御三家には、斜鏡で絞るのは良くある手段でしたが。
屈折でもやはりあったんですねぇ。
ネットでは3B屈折でそういう事例があるとは知ってましたが・・(富田先生のインプレで)
そのおかげで、多分F10の屈折というlことで、木星は縞もシャープに見えて、月も色収差無くて
これはこれで良く見える。
これしか持ってないと、きっと満足してしまいそう。

そして私の心も満足しました(にやり
そう
御三家はこうでないと・・・ふふふ
当時のスリービーチの機材の闇が垣間見え楽しい観望会でした(^^

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

方向性

55cmドブ、F3.3にして観望会で低い接眼部で大口径がコンセプトだったのに

いつのまにやら、写真鏡になってしまってます。

22日晩も近場のスポーツセンターで店開き。

雲が多かったので、しばらく待機後、22時頃から組み始め

7割組み終ったころ

この山奥のスポーツセンターの駐車場めがけてパトライトが・・・・

もちろん、自分一人なので、職質か〜と覚悟しながらも

声かかるまでは組み立てに没頭。

案の定、職質でした(笑)

Q なにされてますか?

A 星見に来てます。(やましいことないもんね)( `,_・・´)フンッ

Q これは何ですか?

A 望遠鏡です(どでかいだろ驚いたか!)(・∀・)ニヤニヤ

Q、どこにお住まいですか?

A。・・・岡山です。転勤で広島から来ました。(望遠鏡への質問は?)(;´∀`)

Q すみません、免許証を拝見させていただけますか?

A はぁ、ちょっと待ってください(でっかい望遠鏡は無視ですか?)(´・ω・`)ガッカリ…

その後、望遠鏡や星には全く触れることなく帰っていきました(´・ω・`)ショボーン

なにやら、ここの施設の備品の盗難があったようで、駐車場で灯りがちらちら光ってるのを見て

降りてきたそうです。

光害が無く、アスファルトで、夜間も出入り自由な場所は貴重なので

ここが立ち入り禁止にならないことを祈るばかり。

釣果はいまいち。


M101
イメージ 1
M97
イメージ 2
他はジミ天なので割愛。

55cmF3.3 ASAコマコレx0.73 F2.4 α7s ISO12800 5Sx11〜50枚コンポジット

今回、このF2.4仕様でα7sで動画モニター見ながら導入が思った以上に楽しかったです。

おとめ座〜しし座を適当に流してたら、次々に小さな10等級以上の銀河が横切っていく・・・

改めて当初の目的の、モニター付けてα7sでリアルタイム眼視観望にも使いたいと思った次第です。

写真は、ASAコマコレだと拡大率がもっと高いASI290MMをつなげた方が良い感じ。

α7sにはやはりパラコア2の方が良いかも。

色々組み合わせて、最良を探していくのもまた楽しいもんですね。



この記事に

開く コメント(4)

初ポチ

新年初ポチ

キャノン赤ラインです。

イメージ 1



1万円台で格安でした。

今年は良いこと有りそう!























というのはウソ。

はい、初ウソです。
イメージ 2




センサークリーナーのFujin 2 です。

キャノン用なのでLレンズ風でおしゃれ。

センサーのチリホコリは、トーンカーブ画像処理したときに良く浮かび上がります。

これでホコリを吸出してアチャーな仕上がりを予防です。

しかし、その前に遠征しないと。

この記事に

開く コメント(8)

ライブ風動画

一度やってみたかった臨場感のある中継風動画。12/23 加茂川SPにて。
55cmドブにCマウントレンズで縮小光学系
Cマウントレンズを∞にしたのにピンボケ(笑)
でもM42はピントばっちり。

今年はろくに活動してなかったので、来年ら何とか納得のドブでのディープスカイ撮影を極めたいと思います。
納得の写真が撮れたら、ビギナー部門の写真投稿でもしてみます〜

この記事に

開く コメント(10)

やはり


出てくると思ってました。

私の究極の眼視コンセプトと同じです。

私の場合は、口径を大きくして、その集光力とソニーα7sという超高感度動画撮影が可能なカメラで

リアルタイムのカラフルな星雲等を見る事でした。

45cmドブによる動画

この望遠鏡は、副鏡のセンサーを配置して、そのデータを覗く感じですが

倍率変更をどうやってるのかが気になります。

光学的にやるのか、センサーをクロップ拡大してるのか。

光学的にする方が解像が良いでしょうけど、10cmだと集光力が無いので

像が暗くなりノイズが増えて見苦しくなりそう。

多分、クロップ画像ビジョンをルーペで拡大する感じ?

スタンドアローンでセンサーはソニーIMX224 

まあ結局、天体ビデオカメラ内蔵のニュートン反射望遠鏡っていう事ですな(笑)

PC不要なのが利点です。



今後、このメーカーが20cm 30cmと開発していくと面白い事になりそうです。

新たなドブの方向性が見えてきましたね。

この記事に

開く コメント(0)

全70ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事