こちらキンモクセイ文庫です

2014年からブログ開始。2015年5月28日に「キンモクセイ文庫」オープンしました。勧誘・出会い系のコメントはお断りします。
今月のキンモクセイ文庫の開館日、また休館日は以下の通りです。

●1・3・5・8・10・12・19・22・24・26日 / 10:00〜18:00 (14日は10:00〜17:00)
●2・6・17・28日 / 13:00〜18:00
●4・11・13・16・18・20・23・25・27日 / 15:00〜18:00

※7・9・15・21・29・30日は休館いたします。また諸事情により、急な用事が入って開館時間が変更になったり休館になる日があります。ご迷惑をおかけして申し訳ないです。

文庫にお越しになる際のアクセス等につきましては、1月の日記をご参考ください。

また、キンモクセイ文庫の日常の様子や、時々記念日や季節の行事の時期に合わせて文庫の一角で行う本の企画コーナーの紹介については「キンモクセイ文庫」のツイッターをご覧になってください。

さらに今月参加予定の催しは以下の通りです。

・4/9〜4/15 みつづみ書房 春の一箱古本市:伊丹 みつづみ書房
「キンモクセイ文庫」で出店の予定です。また9日は文庫主もみつづみ書房さんで店番をしていますので、お立ち寄り頂けましたら何よりです。
※みつづみ書房さんサイト

・4/15 やなぎやガーデンマーケット:叡山電車出町柳駅前 やなぎやギャラリー中庭
「キンモクセイ文庫」で参加の予定ですので、当日お立ち寄り頂けましたら何よりです。

・4/29 もりの一箱古本市:もりのみやキューズモールBASE1F&まちライブラリー軒先
昨年に続き、今年も「キンモクセイ文庫」で参加の予定です(今回は用事の関係で29日のみの参加になります)。よろしかったらお立ち寄りください。
※【ブックフェスタ】まちライブラリー@もりのみや開催のイベント

こちらは来月の予定になりますが、ゴールデンウィークの5月3日(水)には「中之島まつりで一箱古本市」に「キンモクセイ文庫」として参加する予定です。
※第1回「中之島まつりで一箱古本市」店主さん募集

また「キンモクセイ文庫」としての出店ではないですが、6月11日(日)には、滋賀の木之本で【木之本ひとはこ古本市 いろはに本箱】が開催されます!(当日文庫主も足を運ぶ予定をしています)。そちらのご案内も、先日木之本の「あいたくて書房」さんへ伺った時にお預かりしていますので、キンモクセイ文庫でもお配りします。ご興味のある方はお声かけください。
※木之本ひとはこ古本市「いろはに本箱」ただいま出店者募集中!

この記事に

開く コメント(0)

先日まとめました3月の予定の内、参加の催の予定しに追加です。

3/18〜3/20 いまどきのブックフェアVol.3 Inpact Hub Kyoto(西陣産業創造會舘(旧西陣電話局)2階)
こちらのイベントにも出品者として参加する事が先日確定しました!
19日の「こどもブックフェスタ」では、当日お持ちする本も児童書・絵本が中心ですが、そちらとはまた別に、一般書の小説やエッセイ、また文庫で集めていますジャンルの本をこのイベントでは出品する予定です。
イベントの会期は18日の13:00〜15日の15:00ですので、そちらにもどうかお立ち寄りください。

詳しくは以下のリンク先のサイトをご覧ください

・50時間限定本屋 いまどきのブックフェア(3/18〜20)

この記事に

開く コメント(0)

今月のキンモクセイ文庫の開館日、また休館日は以下の通りです。

●1・4・6・8・11・18・20・22・25・27・29日 / 10:00〜18:00
●5・12・14・26・30日 / 13:00〜18:00
●2・7・9・13・16・21・23・28日 / 15:00〜18:00
※3・10・15・17・19・24・31日は休館いたします。また今月は急な用事が入って開館時間が変更になったり休館になる日があります。ご迷惑をおかけして申し訳ないです。

文庫にお越しになる際のアクセス等につきましては、先月の日記をご参考ください。

また、キンモクセイ文庫の日常の様子や、時々記念日や季節の行事の時期に合わせて文庫の一角で行う本の企画コーナーの紹介については「キンモクセイ文庫」のツイッターをご覧になってください。

さらに今月参加予定の催しは以下の通りです。

・3/15 やなぎやガーデンマーケット:叡山電車出町柳駅前 やなぎやギャラリー中庭
「キンモクセイ文庫」で参加の予定ですので、当日お立ち寄り頂けましたら何よりです。

・3/19 こどもブックフェスタ〜こどもとおとなと本とあそびと〜
大阪府立大型児童館ビッグバンで行われますこちらのイベントにも「キンモクセイ文庫」として参加の予定をしています。
当日は児童書や絵本の古本販売の他、母が手づくり布絵本の教室で作りました布絵本の展示や、布おもちゃの魚釣りゲームの企画も検討中です。よろしくお願いいたします。

詳しくはリンク先の主催の大阪府立児童館ビッグバン及び、協力の大吉堂さんの案内をご覧ください。

・ビッグバンからのお知らせ こどもブックフェスタ〜こどもとおとなと本とあそびと〜出店者募集!

・こどもブックフェスタ 〜こどもとおとなと本とあそびと〜(大吉堂ブログ)

イメージ 1


この記事に

開く コメント(0)

こちらの日記は、ツイッターで「いいねされた数だけ本棚の本を紹介する」というタグを見つけ、「本棚の本」=文庫の本となりますが、少しでもキンモクセイ文庫の本の紹介となりましたらと思い、「キンモクセイ文庫」のツイッターでツイートしたもののまとめになります(またこちらでは、ツイートでは字数が足りなくて説明が足りなかった所の補足もあります)。

イメージ 1

(1)『モーツァルトの宗教音楽』(カルル・ド・ニ著)文庫クセジュの1冊。モーツァルトの宗教音楽についてミサ曲から晩年の『レクイエム』まで解説した1冊。自分がミサ曲を聴いていくきっかけとなったモーツァルトのミサ曲についての紹介のある貴重な本。

(2)『おまじないは魔法の香水』(あんびるやすこ作)。ハーブ魔女トパーズの後を継いだ少女ジャレットの話「魔法の庭ものがたり」の1冊。ある日レスキュー犬を目指す小型犬、ギフィがトパーズ荘の庭に現れ、一方片思いの男性を振り向かせるための香水を依頼する女性もトパーズ荘に…?

(3)『季節のカントリーノート』(高柳佐知子著)。高柳佐知子さんの1979年1月から1980年2月までの期間の絵日記的な1冊。イラストだけでなく、日記として添えられた文章も高柳さんの書かれたものがそのまま用いられ1冊となった素敵な本。

(4)『アルザスのおばあさん』(プーパ・モントフィエ絵・文)。筆者が「オマ」と呼ぶフランスのアルザス地方に住む祖母とのひと夏の思い出を描いた絵本。素朴ながらアルザスの風景や筆者の祖母の家の様子などが細かに描かれた1冊。

(5)『アントルメ・メゾン ヨーロッパのデザート用菓子』(飯田深雪著)。母親が飯田深雪さんの系統のアートフラワーの教室に通っていた子どもの頃、図書館でこの本と出会い「飯田深雪さんはお菓子の本も書いていたの?」と驚いた所から手に。この本で初めて知ったお菓子も。

(6)『The Bird's Christmas Carol』自分が小学校の頃読んでいた偕成社の「少女名作文学シリーズ」の中で1番好きな物語『クリスマスの天使』(ケート・ダグラス・ウィギン著)の原著。見つけた時は正に「どひゃっほう!」と。

(7)『気まぐれ列車で出発進行』(種村直樹著)。文庫に置いてある、兄が愛読して集めたレイルウェイ・ライターの種村直樹氏の本の内の1冊。「種村直樹さんの本で読むならまずどの本?」と兄に聞いた時に勧められたシリーズの1作目。 

(8)『東日本大震災 消防隊員死闘の記』。東日本大震災の被災地の南三陸消防署・亘理消防署の消防隊員、また被災地に応援に駆け付けた兵庫県隊の神戸消防局の消防隊員による、震災当時の被災地の状況とその中での消防隊員の活動についてまとめた体験記。

(9)『われらの図書館』(前川恒雄著)。昨年夏葉社さんから復刊された『移動図書館ひまわり号』の筑摩書房版の前年に同社から発行された、前川氏の図書館についての現場の体験と考察をまとめた本。図書館のあり方について30年近く経つ今に通じる問題となっている点の指摘も。

(10)『ねことおもちゃのじかん』(レズリー・アン・アイボリー作;木原悦子訳)。作者や作者の息子や友人の家の猫と、それぞれに由来のあるおもちゃを描いた絵本。この本の原著(『CATS AMONG THE TOYS』)と同じ絵の『THE BIRTHDAY CAT』は猫のオクトパシーがお気に入りのおもちゃを探す話でその違いも注目。

なお、こちらで紹介しました10冊の本を今日と明日は企画コーナーに置いています。よろしかったらお立ち寄りください(明日は学校図書館ボランティアのため文庫は午後3時からとなります)。画像では撮影の関係でこちらで紹介した本の内、一部の本が写っていなくてすみません)。

この記事に

開く コメント(0)

今月のキンモクセイ文庫の開館日、また休館日は以下の通りです。

今月はセミナーなどに参加しましたり、文庫主が東京で用事があり上京するため、休館日が増えまして、開館時間が変更になっていましたり、開館日が変更になっている日もありますのでご注意ください。

●1・4・6・8・18・20・22・27日 / 10:00〜18:00
●5・19・26日 / 13:00〜18:00
●2・7・9・14・16・21・23・25・28日 / 15:00〜18:00
※3・9〜13・15・17・24日は休館いたします。また9日から13日までは臨時休館のため連休となります。ご迷惑をおかけして申し訳ないです。

文庫にお越しになる際のアクセス等につきましては、先月の日記をご参考ください。

また、キンモクセイ文庫の日常の様子や、時々記念日や季節の行事の時期に合わせて文庫の一角で行う本の企画コーナーの紹介については「キンモクセイ文庫」のツイッターをご覧になってください。

さらに今月参加予定の催しは以下の通りです。

・2/10〜19(水曜日定休) 「絵本と大切な人に贈りたい紙雑貨」
神戸元町の雑貨店アトリエシードさんで、絵本やその関連本の料理やお菓子の本などを選んで置かせて頂きます(今回は比較的発行年が新しめの本や、個人的にお店にいらっしゃる方にお勧めしたい物語の本をセレクトしています)。また手作り雑貨の作家さんによる紙雑貨等の販売とお茶とお菓子のサービスもあります。ぜひいらしてください!
詳しくはリンク先のアトリエシードさんのブログをご覧ください。

●キンモクセイ文庫さんのとっておき絵本と大切な人に贈りたい紙雑貨展!2月開催! (2017年1月27日)

・2/15 やなぎやガーデンマーケット:叡山電車出町柳駅前 やなぎやギャラリー中庭
「キンモクセイ文庫」で参加の予定ですので、当日お立ち寄り頂けましたら何よりです。

また来月の話になりますが、3月19日に大阪府立大型児童館ビッグバンで行われます「こどもブックフェスタ〜こどもとおとなと本とあそびと〜」にも「キンモクセイ文庫」として参加の予定をしています。
当日は児童書や絵本の古本販売の他、母が手づくり布絵本の教室で作りました布絵本の展示や、布おもちゃの魚釣りゲームの企画も検討中です。よろしくお願いいたします。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事