爺児の旅日記、そのⅡ

旧宅の容量がいっぱいになりましたので、ここへ引っ越して来ました!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

カレーうどんと言っても
皿うどんです
茹でた麺に、カレーを掛けただけ
この日のは、ポークです。
和風だしでのばした、カレー汁ではありません。

豆乳豆腐も
いつもは、ニガリで作るのですが
実験的に、寒天で豆乳を固めてみました。
茗荷と柚子を散らして
これも、有りです!

サラダは、アスパラとキュウリ、レタス
ドレッシングでもマヨネーズでも、お好みですが・・・
私は何も掛けないストレートが好みです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

旅館の朝食が終わり
ゆっくり帰る用意を始めたころ、
霧(雲)がだんだん濃くなり、
視界は10mを切る状態・・・

フォグランプではなく、
漁船に積んでる、レーダーやソナーが欲しくなります。

小涌園方面へ下り始めると
急に霧(雲)の下、
函嶺洞門の駐車場では晴れ間も出始めました、
お正月の箱根駅伝が楽しみです。

土曜日の上りですので
小田原厚木道路は閑散としており、
家内でも運転できそうな状態ですが・・・
路上運転を30年もしていませんので、それは無理!
免許証は身分証明書代わりです(^^♪

α7+Leitz Elmar 50mmF3.5

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

豚カツの他に、もう一品
鶏むね肉を、薄くスライスして、
チーズを巻き込み、あげ焼きにしました。

むね肉は、5枚下ろし、魚より簡単です
残りは、翌日温めていただきました

ついでに、ポテトフライです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

家内の古希のお祝いで
箱根・芦之湯の松坂屋本店へ投宿、
30年ほど前に泊った思い出の宿。
当時は、学生さんたちの合宿で使われる宿でした。
木戸孝允と西郷隆盛が会談したゆかりのお宿です!

経営者も変わり、リニュアルされていますが、
偶然、同じお部屋へ通されました!

硫化硫黄の香りがする濁り湯、
お部屋にも源泉かけ流しの小さな内風呂、
何度も柔らかいお湯を楽しみました!

お料理は和風懐石の本調子、見事なものでした!
ウエルカムドリンクは、獺祭の3割9分磨(^^♪

テラスとロビーでは数種類のお酒やビール、
生ジュース、ソフトドリンクが無料で飲み放題!

囲炉裏のプレールームでは、十種類ほどの駄菓子が並び、
お持ち帰り自由とのこと、子供より大人が嬉しくなる雰囲気です。

朝は、湯豆腐、金目の焼き魚と盛りだくさん、
チェックアウトが11時ですので、ゆっくりお風呂につかり、
家内は、サービスビールを楽しんでいました。

箱根路 Angulon 65mmF6.8

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

芦ノ湖、湖畔は霧に覆われ
散策には少し無理
湖畔を半周して、関所のさらに先まで半周しました
道の駅で、栗やピーマン、生の落花生をお土産に

恩賜箱根公園は、初めて訪問しました
雨の為か、駐車場も閑散
駐車料金だけで、入場は無料です

雨も小雨から霧雨へ
栗拾いをしながら・・・
傘を差しただけで、散策を楽しめました

展望台から、湖畔までは高低差があり
数百メートルの距離では有りますが
健脚コーストなっていました!

LINHOF 6x9 SUPER TECHNIKA 用の
Schneider Kreuznach Angulon 65mmF6.8
SONY α7にて


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事