馬に乗って☆

最近は馬に乗れてないので、日々のつれづれが中心です(・_・;)

全体表示

[ リスト ]


会見そのものと情報番組のまとめなどを色々見てましたけどね

コメンテーターの感情的なコメントには心底うんざりしましたが(-_-)

(子供を猫可愛がりするような一方的な思い入れの事です)


私が気になったのは、日大側の
「指導者の指導と選手の受け取り方に乖離があり、
そのせいで選手に反則を犯させてしまった」
という言い分なんですよね

この言葉にずっと違和感があって

選手の会見を見ていたし、情報番組のまとめを聞いていて思ったのは
「そういえば、この選手は質疑応答の場面での受け答えが見事だったなあ(´・ω・`)」
という事

「20歳になったばかりの学生にこんな過酷な会見を大学側の擁護もなく開かせるなんて」
という世間の声があり、
「若いのに被害者を思いやり、見事な態度だった」
という世間の主な感想だったのですが

実は本当にすごいのは彼のメディアとの見事な受け答えにあったと思う

過ちを実直に認め、被害者に謝罪し、自らを晒す覚悟をしたところも
もちろんすごいのだが

彼の人柄だけにとらわれると、彼が優れたコミュニケーション能力の持ち主
というところが見えなくなってしまう


顔をさらし、若くしてあのような過酷な会見の場に身を晒し、
大勢のマスコミに囲まれ、質問されても、
彼は実直にありのままを答えているように見えた

マスコミの質問は前監督やコーチが悪いんだろ!、そうなんだろ!
というような誘導尋問のような質問が多くあったが、
彼は全く惑わされず、
「前監督やコーチがどう言おうが、僕がやった事」
と誘導尋問に乗る事はなかった

ただ自分が前監督やコーチとしたやりとりを淡々と答えた


弁護士にも当然、どのように話せばいいか、
どのように質疑応答すればよいか、打ち合わせもあっただろうけど

でも、あんな過酷な会見では言葉を間違ったり、
自分より前監督やコーチのせいにしてしまったり、
そのつもりはなくても少し感情的に大げさに伝えてしまったりもあると思うんだよね

でもそういう事はなかった


むろん彼が実直な人柄だからという事もあるんだろうけども

やはりコミュニケーション能力が優れているからという事があると思うんだよね(´・ω・`)

弁護士もメディアとのやりとりで彼がどんな受け答えをするか心配してたと思うけども、
彼が若いという事以外は全く危なげがない受け答えだった


…となるとですね

日大側の
「指導者の指導と選手の受け取り方に乖離があった」
という言い訳にはものすごく違和感が出てくるんですよ(´・ω・`)

コミュニケーション能力の高い人というのは、人の話って
言葉の内容だけじゃなく、声の調子から、表情から、
話している人がどういう人でどういう信条の持ち主で
どういう言動や行動をする人なのかまで可能な範囲で熟知して聞いてるものなんです

コーチとは付き合いが長いからどういう人でどういう指示をする人なのか
むろん知ってたろうし、コーチが
「QBを壊してこい!」
と言った場合は、どういう意味で言ったのか、正確に理解したと思うのです

前監督とはほとんど話をしないという事でしたが、
前監督の態度や言葉が何を示すのか、
当然、チームメイトやコーチの反応から理解してたでしょうし、
コーチが前監督からの指示を伝えに来た時も
どういう意味か正確に理解したと思うんですよね

会見でマスコミがおかしな質問をしていても正確に答えを返していた彼の様子から、
彼がコーチの指示を間違って理解することはありえないと思ったかな(´・ω・`)


私は彼がアメフトをもう辞めたいなら放っておいてあげる方がいいと思う

才能がどうのこうのじゃなくて、本人はもう思い出したくないだろうしね

それに

世間が彼をヒーローのように奉って、
彼は本当はそんなふうに思われるのは心苦しいだろうし、
そんなイメージが定着したら、窮屈で生活しづらくなると思うからね



アクセスランキングに参加しています。
ポチッとクリックして下さると嬉しいです 
         
イメージ 1

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事