ここから本文です
『静狙暴鯉』 南信州 魚紳倶楽部
今年こそはメーター越え!

書庫鯉釣り 釣行記’14

記事検索
検索

全1ページ

[1]

山上のダム湖にて

久しぶりの投稿になります、大変ご無沙汰しておりました。
 
 
さて、最近は何かと忙しくなかなか思うように釣りもできておりませんでした。
とは言っても短時間釣行にはちょこちょこ行ってはいたのですが釣果は相変わらず・・・
 
 
 
今回は以前から気になっていた山上のダム湖に行ってみました。
 
標高850m超えの細い渓流を堰き止めた小さな小さなダム湖です。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
 
早朝より竿を出しましたが真冬の防寒着を着てちょうどよいほどの気温です。(途中の道路には「気温7℃」の表示が・・・)
 
団子に喰わせはコーン。
 
セット完了から当たりが出ました。
 
イメージ 3
 
40cmにも満たない可愛い奴でした。
 
投入直後、隣の竿に当たり。しかしすっぽ抜け。センサーの鳴り方からおそらく同じようなサイズでしょう。
 
コーヒーを飲もうとお湯を沸かしマグカップにお湯を注いでいるとセンサーが鳴りました。
 
今度はリールからラインもどんどん引き出されています。重量感のある久しぶりのこの感触。
 
そして慎重にネットイン。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
こんな小さなダム湖にもこんないい魚がいてくれました。
 
納得の86cm。ん〜、久しぶりの80超えです。
 
 
その後も退屈しない程度に当たりは続きます。
 
が、なにしろサイズが小さい。
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
結局こんな似たようなサイズばかり9本。当たりは15、6回はあったと思います。
 
いいサイズの鯉も間違いなく居る。次回は小鯉を喰わせずに待てる釣りを研究しなければいけませんね。
 
冷え込んで小鯉の動きが鈍った頃がチャンスかもしれません。

新規ポイントで・・・

5月13日、新しいポイントへ行ってきました。
 
前日の午後、団子を10発ほど投入し翌日早朝から入ろうとたくらんでいました。
 
 
さて、朝4:00に起きて出発する予定でしたがどうやらアラームを止めて寝てしまったらしく気が付くと4:50。
 
慌てて準備をして家を出ます。
 
昨夜から雨が降り出し家を出た時にはまだ降り続いていましたが、ポイントに到着する頃には小降りになりセット完了した頃にはすっかりやんでくれました。
 
 
今日はまず団子に喰わせはコーンからスタート。
 
投入直後から竿先がはじかれますがアラームは鳴らず。どうやらウグイが頻繁につつくようです。
 
短時間の打ち替えを繰り返しますがウグイの猛攻でなかなか餌が落ち着かないため喰わせを干し芋にチェンジ。
 
1cm角に切って天日で干してカチカチにしてあります。コーンよりは餌持ちは良さそう。
 
 
打ちかえ時間を少し長めにとって当たりを待ちますがなかなか当たりがありません。日が高くなるにつれウグイの当たりも減って来て静かな時間が流れます。
 
 
そして11:20。
 
 
突然アラームが連続で鳴り響きリールからどんどんラインが引き出されます。
 
竿を手にして暫らく沖に走らせます。
 
いよいよ戦闘開始。
 
んん〜、良く引きます。パワフルな引きを楽しみながらじっくり寄せてきます。
寄せては引き出され寄せては引き出され・・・
 
ようやく浮かせてネットイン。
 
イメージ 1
 
74cm。思っていたよりサイズは伸びませんでしたが良く太った鯉でした。上から見ると幅の広さに驚くようなグラマーなレディーカープ。
 
 
イメージ 2
 
 
この後も強烈な当たりを期待しましたが昨夜からの雨の影響か徐々に濁りも入ってきたので早々に納竿。
 
まずは新規ポイントで1本出たので一安心。
 
このポイントはこれからが楽しくなりそうな感じです。
 
橋の真下なので雨もよけられますしね。
 
 
暫らくじっくり攻めてみようと思います。

甘くないねぇ・・・

昨日の雨は夕方には小降りになりましたが、夜まで降っていました。
 
今日の釣行ができるかどうか昨日の夕方に見に行ってきましたが濁りもさほど強くなくホッとしました。
 
 
 
朝4:00に起床・・・のつもりが20分ほど寝過し慌てて準備。
 
コンビニよって第1HGへ。
 
 
5:30セット完了。
 
昨日の雨でそこそこ水も増え、いい感じに濁りも入って釣れそうな雰囲気が漂います。
 
イメージ 1
 
30分後、左の竿にヒット。
 
そんなに大きい魚ではない感じ。すんなり寄ってネットイン。
 
イメージ 2
 
50cmを少し超える鯉でした。
 
 
そこからしばしの沈黙。
 
そして9:20。今度は真ん中の竿にヒット。
 
さっきの鯉よりはいい感じ。
 
慎重に寄せて本日2本目ゲット。
 
イメージ 3
 
70cmちょうど。
 
 
この調子だと4、5本は行けるかな。などと期待は高まったのですが・・・
 
 
その後は全く当たらず16:00まで餌の投入作業の繰り返し。
 
そんなには甘くないですねぇ。。。
 
 
サイズも上がらず、数も伸びず平凡な釣行となりました。
 
でもまあ、最近はとりあえず鯉の顔が見れているので良しとします。

まとめて報告

このところ、何かとバタバタしておりアップできなかったのでまとめてご報告。
 
 
4月23日。
 
朝3:30に起床し第1HGへ。霜こそ降りていないものの結構寒い。
 
5:00にセット完了しコーヒーを飲みながら当たりを待ちます。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
7:00をまわった頃から山の上より眩しいほどの朝日が差してきてぐっと気温も上がってきました。
 
 
そして7:30。
 
本日最初の当たりが。
 
間違いなく魚は掛かっていますが大して引きません。
 
上がってきたのは・・・
 
イメージ 3
 
 
かわいい40cmのおチビちゃんでした。
 
その竿を打ち返して15分後。
 
モゾモゾとした当たりの後、一気にアラームが鳴りました。
 
 
今度はそれなりの手ごたえ。
 
嫌でも慎重になります。ゆっくり寄せてネットイン。
 
イメージ 4
 
 
今年初の80cm超え。85cmの鯉でした。
 
 
お昼に来客があるため11:00で納竿。
 
それなりに楽しめました。
 
 
 
 
 
4月28日。
 
当直を明けて第1HGへ。
 
セット完了は10:00を少し回っていました。
 
このところの晴天続きで今シーズン一番の減水です。
 
10:45。
 
単発的にアラームが数回なりようやく連続音。しかし弱々しい引きです。
 
 
足元に寄ってくると・・・ん?  色が変・・・
 
ネットインして見ると
 
イメージ 5
 
 
こんな奴です。
 
覚えている方もおられるでしょうか、昨年の11月23日にこいつが釣れています。大きさ、体の傷から見ても間違いなく一度釣っている緋鯉です。
 
もっと大きくなってからまた再開できることを祈ってリリース。
 
そこから沈黙が続きましたが・・・
 
15:00
 
 
一気にアラームが鳴りリールからどんどん糸が引き出されます。
 
ロッドを手にするも強い引きに耐えるため竿尻をお腹にあててこらえます。
 
ドラグをジージー鳴らしながら走ります。
 
暫らくのやりとりの後、グンっと軽くなりました。
 
仕掛けを回収すると、ダイニーマの6号の鯉用ハリスが結び目で切れていました。
 
 
何とも悔しい、凄い引きだっただけに・・・
 
 
その後は当たりなく16:00納竿。
 
 
なんとかこのところ当たりはもらえてる。
 
あとはしっかり取り込めるかどうか。
 
 
天竜川もいよいよいいシーズンに突入してきました。

桜の花の下で

朝起きると霜が降りて車のフロントガラスは真っ白。
 
寒さをこらえながらポイントへと向かいます。
 
 
 
 
さて、今年になって何回目の釣行になるのだろう・・・
 
恐らく2桁には到達しているはず。
 
 
しかし、今年に入って釣果は0。
 
雪の中、焚き火をしながらの釣行を繰り返していたと思ったら、気づけば4月。
 
 
 
ポイントの頭の上には桜が満開です。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
 
 
さて、このところ何度となく通い詰めているポイントです。
 
今まで釣果はありませんが、7:00にセットを完了してコーヒーを飲み始めるとポツポツモジリが。
 
嫌でも期待が高まります。
 
 
が、沈黙の時間が。
 
 
 
14:00をまわった頃1本の竿を移動。ロッドポットから外して竿掛けで対応。
 
それからポイントの周りに生え始めた蕨を摘み始めました。
 
しばらくすると上流から電力会社のボートが。すると、竿の方を指さして何か言っています。
 
先程移動した竿が大きく竿先が引きこまれています。
 
猛ダッシュで竿に戻るも、時すでに遅し。
 
バレておりました。
 
 
 
この時点でかなり心も折れましたが、夕方まで粘ります。
 
 
そして16:30。
 
 
待望のセンサー音。
 
すんなり寄ってネットイン。
 
イメージ 4
 
サイズ的には物足りませんが・・・
 
 
贅沢は言いません、今年の初鯉ですから。。。
 
 
 
ようやく天竜川にも春到来ですかね!

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事