ここから本文です
『静狙暴鯉』 南信州 魚紳倶楽部
今年こそはメーター越え!

書庫剣道

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

6月14日、中体連下伊那大会が開催されました。
 
いよいよ今シーズンの中体連のスタートです。
 
 
まずは個人戦から。
 
下條中剣道部も健闘し、男子は優勝、3位、ベスト8で3人が南信大会へ駒を進めました。
 
そして女子。我が家の娘も出場しましたが南信大会一歩手前で敗退してしまいました。しかし2人がベスト8に入り南信大会出場を決めました。
 
 
 
そしていよいよ団体戦。
 
まずは男子予選リーグから。
 
下條中男子は予選リーグを全勝し決勝トーナメント進出。
 
続いて女子のリーグ戦。
 
厳しい試合もありましたがそれぞれが役割をしっかり果たし全勝で優勝を飾りました。
 
イメージ 1
 
新人戦に続いての優勝。確実に力を付けてきてます。
 
 
 
最後に男子決勝トーナメント。
 
危なげなく勝ちあがりいよいよ決勝戦。
 
先鋒が二本勝ち。
 
次鋒、一年生ながら何とか喰らい付いて行きましたが一本負け。
 
中堅、ここでは二本勝ちしておきたい場面でしたが一本勝ち。
 
副将、残念ながらここで二本負け。
 
勝ち数、取得本数共に同数で大将戦へ。
 
試合中盤、出ばなの小手が決まり先制。しかし、その後面を返され1対1に。
 
そして試合は延長に。無理に勝負に出る場面ではなかったのですが・・・
 
面を奪われ最後の最後に逆転負け。
 
準優勝に終わりました。
 
イメージ 2
 
 
団体アベック優勝とはなりませんでしたが次は南信大会での戦いです。
 
男子はここでリベンジし県大会への切符を手にしてほしいと思います。
 
そして女子、新人戦では南信大会優勝を飾っています。今大会でも再び優勝しアベックで県大会出場を決めてもらいたいものです。
 
 
暫らく熱い夏が続きます。

開くトラックバック(0)

11月23日、上田市の上田城跡公園体育館を会場に第61回長野県剣道居合杖道薙刀大会が開催されました。
 
この大会はすべて1本勝負。怖い反面、チャンスもある大会です。
 
 
 
さて今回は他地区の子供たちと合同チームを結成。その名も「南舞剣友会」。
 
唯一この大会のみで結成してきたチームです。
 
 
 
部活を引退した男子3年生チームと、女子1年生チーム。
 
男女ともに1回戦を勝ち上がりましたが2回戦で敗退。
 
 
 
残念ではありますが思い出作りの良い大会となりました。
 
特に女子1年生チームは2回戦で飯田下伊那の各校エース級を集めた先輩チーム。
 
気持ちで少し押され堅くなっていましたが・・・
 
先輩たちから一言「まだまだ世代交代はさせないよ」と。
 
 
結局このチーム、中学女子の部優勝しました。
 
 
南舞剣友会チームも来年こそは優勝目指して頑張りたいものです。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3

開くトラックバック(0)

中体連新人戦南信大会

台風27号の接近が心配されましたが・・・
 
本日、中体連新人戦南信大会が諏訪西中学校を会場に開催されました。
 
下伊那大会をアベック優勝でこの大会に駒を進めた下條中剣道部。
 
まずはベスト4入りし県大会出場を目標に臨みました。
 
 
個人戦男女各3名づつが出場するも県大会には進めずその後の団体戦に少し不安が。
 
 
 
 
そして団体戦予選リーグ。
 
男女ともに2勝しリーグ1位通過で決勝トーナメントに進みました。
 
徐々に調子も上がり男女ともに決勝に進出。
 
 
 
女子決勝戦
 
先鋒の我が家の娘が2本勝ちすると、次鋒も続いて2本勝ち。中堅戦で勝利すれば優勝が決まります。
 
延長までもつれたものの1本勝ちしこの時点で優勝が決まりました。
 
この勢いのまま副将戦も2本勝ち、大将戦は引き分け。
 
相手チームに1本も奪われることなく優勝を飾ることができました。
 
イメージ 1
 
 
そして男子決勝戦。
 
下條中は4人での厳しい戦いを勝ち抜き決勝まで来ました。
 
先鋒戦、1本目の勝負どころで旗が割れ合議が掛かるも相手に1本が認められ先制を許しました。
 
が、2本目。微妙なタイミングでの打ち合いとなりましたがまたも旗が割れ合議に。
 
しかし、またも相手の1本となり悔しい2本負け。
 
次鋒戦はこちらは選手がいないために不戦敗。
 
中堅戦、延長戦の末引き分け。
 
後が無くなりました。
 
 
 
副将戦、1本先制するも2本目が奪えず1本勝ち。
 
大将戦は今まで見たことのないような気迫の試合で2本勝ち。
 
結果、2対2となるものの本数で3対4で悔しい敗戦となってしまいました。
 
しかし、4人のチームで準優勝。
 
選手は悔しい思いでこの大会を終えましたが立派な成績だと思います。本当によく頑張りました。
 
 
イメージ 2
 
 
男女ともに県大会への出場権を手にできたのですから胸を張って次の目標に向かって頑張ってもらいたいものです。
 
まだまだ新チームでの戦いは始まったばかり。
 
更なる成長を望みます。

開くトラックバック(0)

10月13日、岡谷市民総合体育館「スワンドーム」にて第42回南信少年柔剣道大会が開催されました。
 
昨年のこの大会では団体5部門中4部門で優勝と言う快挙を成し遂げました。
 
 
さすがに今年はそんなに簡単に勝てせてはくれないだろうと内心は思いつつも、子供たちには「全階級制覇」を目標にと伝えました。
 
 
今年は個人戦参加人数569人、団体参加チーム124チームの南信地区最大の大会となりました。
 
 
 
開会式終了後、まずは個人戦から。
 
私も審判をしていたので全員の結果はなかなかわかりませんでしたが・・・
 
小学校1・2年男女の部で準優勝と3位。小学校3・4年女子の部で準優勝。小学校5・6年女子の部で優勝。小学校5・6年男子の部で優勝。中学校女子の部で3位。全部で6名が入賞することができました。
 
 
 
そして、試合は団体戦へ。
 
まずは小学校4年生以下で行われる小学校低学年の部。
 
3・4年生男子5人で構成したAチームが初戦でまさかの敗退。ところが2年生の女子3人と3年生の男子で構成したBチームが決勝に進出。
 
残念ながら決勝では負けてしまいましたが副将、大将が最後に意地を見せてくれました。この小さな子どもたちのこれからがほんとに楽しみです。
 
イメージ 1
 
 
 
続いて高学年女子の部。本来5・6年生の女子3人で構成するチームなのですが我がチームは4年生2人と6年生1人で構成。この部門は2連覇中でしたが正直厳しいかなぁ、と思っていましたが・・・
優勝こそなりませんでしたが堂々の3位入賞。
 
イメージ 2
 
 
 
そして、今年どうしても獲りたかったタイトル、小学校高学年男子の部。昨年唯一優勝を逃した部門です。
このチーム、県レベルで戦えるだけの力を持っていながら春の諏訪湖錬成大会、先月の飯伊大会と今一歩のところで優勝を逃してきました。
さて、初戦から安定した試合運びで勝利を重ねてついに今年も決勝戦へ。
それぞれの子供がしっかり自分のポジションを戦い抜き・・・
 
ついに優勝!ついにこのメンバーで優勝を勝ち取ることができました。
 
抱き合って喜ぶ子供たちを見てこちらも本当に嬉しさを実感しました。
 
イメージ 3
 
 
 
次は中学女子。
 
3年生3名Aチーム、2年生2名1年生1名のBチーム、1年生3名のCチームと3チームを送り込みましたが、B・Cチームともに僅差で初戦敗退となり苦しい展開に。
しかし、部活を引退した3年生が意地を見せました。
準決勝で敗退するも、3位入賞。
 
イメージ 4
 
 
 
そして最後に中学男子。
 
Aチーム、Bチームともに準決勝進出。
 
Bチームは代表戦までもつれこみましたが残念ながら惜敗。
一方でAチームは決勝に進出。
 
そして決勝戦。先鋒から中堅まで引き分けるも副将、大将が1本負けし惜しくも連覇はなりませんでした。
試合の流れを作れないままズルズルいってしまったかなぁ・・・
 
イメージ 5
 
 
「全階級制覇」とはなりませんでしたが全階級で入賞を果たせたことは素晴らしい結果だったと思っています。
 
ほんとに子供たちは良く頑張りました。
 
勝ち続けることはほんとに難しいこと。しかし、負けることも子供たちの成長のためには消して無駄ではないと思っています。
 
この子供たちともっと稽古を積んでまた新しい目標に向かって頑張っていきたいと思っています。
 
 
下條少年剣道クラブの子供たち、本当にお疲れさまでした。

開くトラックバック(0)

中体連新人戦

10月5日、下條中学校を会場に中体連剣道新人戦が行われました。
 
新チームになって初の公式戦です。
 
 
まずは個人戦から。
 
女子の部、3位入賞1名、ベスト8に2名が入り南信大会への切符を手にしました。
 
男子の部、優勝と3位に2名が入りこちらも3名が南信大会へと駒を進めました。
 
 
 
そして団体戦。
 
まずは女子の部。2年生2名、1年生3名での新チーム。
 
歯がゆい思いの試合も多かったものの全勝で優勝しました。
 
イメージ 1
 
 
優勝とはいえまだまだ課題もたくさんありました。
 
各ポジションでの戦い方をしっかり勉強していかなければいけないでしょう。
 
 
そして男子。1年生の男子の入部が無かったため2年生4名での戦いです。
 
 
苦しい試合も多かったものの何とか勝ち続け最終戦は全勝同士の直接対決。
 
大将戦までリードを許す苦しい展開でしたが最終的に追い付き引き分け。
 
勝ち点、勝者数まで同数。結果は取得本数での勝負になりましたが、下條中が6本上回り優勝が決定しました。
 
イメージ 2
 
 
やはり、4名での戦いは厳しいものがありました。
 
試合開始時点で1敗を背負ってのスタートですからそれぞれにプレッシャーを感じながらの戦いだったことでしょう。
 
 
結果的には昨年に続き男女アベックでの優勝。
 
南信大会に向けてさらに頑張ってもらいたいものです。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
最後に・・・
 
先週は第97回飯伊地区秋季剣道大会が行われ、下條少年剣道クラブの子供たちもがんばりました。
 
小学校低学年  優勝。
 
小学校女子  優勝。
 
小学校高学年  準優勝・3位
 
中学校男子  優勝・準優勝
 
一般の部にも出場。
 
一般女子  3位
 
そして私も大将で出場した一般男子。
 
なんと、まさかまさかの優勝でした。
 
イメージ 4
 
私たちも子供たちに負けないよう、気持ちを新たにこれからもがんばっていかなければ。

開くトラックバック(0)

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事