ここから本文です
●●客観洞察ラテラルシンキングタイムBY金髪先生(高校教員免許)
♪ ゴッホより♪ ふつ〜に♪ ラッセンがっスキ〜!! は〜い♪

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

近年アシスト自転車が人気で売れてるそうです。実際使ってみると想像以上に楽ですが更に…
平成20年12月1日の道路交通法施行規則の一部を改正で駆動補助機付自転車の補助率引き上げ緩和され
アシストの定義が変わりました←解りづらいので実際に数式にすると…

           速-15
旧補助率= 1- ―――― ( ※時速15キロまで 人力1:電動1 )
             9

           速-10
新補助率= 2- ―――― ( ※時速10キロまで 人力1:電動2 )
             7

この数式をエクセル関数入力して割出された補助率↓

時 速旧基準新基準
10km/m1 2
11km/m1 1.857
12km/m1 1.714
13km/m1 1.571
14km/m1 1.429
15km/m1 1.286
16km/m0.889 1.143
17km/m0.778 1
18km/m0.667 0.857
19km/m0.556 0.714
20km/m0.444 0.571
21km/m0.333 0.429
22km/m0.222 0.286
23km/m0.111 0.143
24km/m0 0

それをグラフ表示してみた補助率グラフ↓
イメージ 1
一見、電動補助が2倍になった様な錯覚になりますが、
実際は人力1に対する補助率なので、パーセンテージ化を数式化すると…

             補助率
アシスト割合= ―――――― ×100(%)
            1+補助率

この数式をエクセル関数入力しグラフ表示してみた電動アシスト割合グラフ%↓
イメージ 2
つまりは↑こういう事です。これでやっと電動アシスト量の推移が把握できました。
今までありそうで無かった補助比率図。水色や桃色でない分が実際漕ぐ自力量で
電動アシストは時速24キロ以上では電動補助は無くなるよう設計されてるのです。
新規格変更で補助範囲の最高速は変わりませんが低速時や坂道で1.33倍ほど楽に漕げます。

adobeのソフトは色々マスターしてきたものの実はエクセル未経験で練習を兼ねて初挑戦!
一旦エクセル解説サイトを見てからですが一応難無く出来て一安心しました。瞬時に算出され便利♪
出来なかった事を克服する達成感を常に求めてるから色々出来る今がある気がします。

■日本メーカー電動自転車名特徴
ヤマハ&ブリヂストンPAS&アシスタ先駆者で高品質
パナソニックvivi等バリエーション豊富
三洋エナクルジェネ独自技術開発
宮田カルラク自転車創りの老舗
サンスター技研i-bike小型自転車特化

新規格アシスト自転車の発売は2009年になる模様
ニッケル水素電池式のエネループバイクは2月上旬発売予定
マイナーな三洋ですがパナソニック傘下になり電池等の規格が統一されれば期待大。
イメージ 3
ニッケル水素単三乾電池が詰まってるんだろうか?
価格的にリチウム以下にならないと利点を見出しにくいが一番煎じの話題性は高いですね

ニッチに多彩ジャンル展開中のパナソニックが今年はシェアを伸ばしてます。
↓Panasonicフリッパーは未だニッケル水素式なのでエネループかリチウム化に期待。
イメージ 4

ちなみに私のはアシスト回路が故障したYAMAHAパスをアクセルで走る様に改造した物です
みなさんの自転車選びのポイントはどんな所でしょうか?

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事