鈴(りん)の 時 ☆

氷川きよし君コンサート日常ブログ☆
きよし君「ー氷川きよしの故郷は、このコンサートですっ!。何時までもっ、この故郷に居られるよう精進しますっ!!。」ー故郷しぐれを歌唱する前に、きよし君は力強く声を上げた。−えっ?まだ頑張るのっ?もう頑張らなくて良いよう〜っ・・・いっぱい精進出来てるよう〜っ・・・。・・・いったい何処まで上がるのよう〜っっ??。・・・付いてくファンも大変ですう〜っっ・・・。ふふっ・・・まあ、こういう人よね・・・。ー私達には初めての新歌舞伎座バージョンは歌も、衣装もっ絢爛豪華っ〜!!。オープニングの白の着物に紫袴で、じょんがら挽歌、一剣、箱根八里の半次郎、そうして白雲の城できりりっと凛々しい横顔見せつつ、セリから見事に消えるー・・・。そいで、お約束の西寄さんー。挨拶の後、続く自虐ネタの数々で観客爆笑っ・・・。けど、そのど真ん中辺りで、前列観客から何か声が掛かったらしくー「えっ?あ・・・もうすぐ出て来られますーっ・・・。繋いでるんですよっ・・・これでも・・・。好きで喋ってるんじゃないんですう〜っっ・・・。出て来られる時は言いますからね・・・。」ーきゃっはっははは〜!。ー「きよし君はっ?」と聞かれた様子・・・。一階は歌舞伎座会員の方が多いのかな〜?。きよし君コンサートを知り尽くす常連ファンは、空気で流れが解るから、司会者が進める方向へ上手に乗れる・・・。ーしかし何時も思うけど西寄さんって人間的に強い人よね〜。自虐ネタで職を立たせる自体、自分に自信なければ出来ないもんね〜。きよし君とは又違う意味で大きい人よね、興味はないけど・・・。17日の夜は文句言われる前に釘差してたわね・・・。「トークショーしてるみたいでしょうけど、繋いでるんですよう〜っこれでもっ〜・・・。」ーくっくっく〜!・・・結構気にしてたな〜っっ・・・あっはっは!。そうして、待ちに待ちましたっ!、力強い間奏に載って現れた、きよし君っ!。颯爽と、豪奢な金モールの付いた、エメラルド色も美々しい衣装のきよし君ー歌うは、言わずと知れた、男花っ!!。ひと声歌い、スウッと2階の高さに迄、身体は浮かび、背後の金色の二つのカーテンが、まるで羽のようなシルエットに象りますー。綺麗っ!綺麗、綺麗!!。曲が消え暗転ー、やがて、パアッ!と光が当たったステージには、床に降り上衣を脱いだきよし君が佇みますー。そして、その姿はDVDで纏って歌った、黒のアクセントの付いた真っ赤なマタドール風・・・。歌とは比例しない、何処までも、涼やかで、しなやかな肢体ー・・・。きゃああああっ!!出ましたっ!激しくっ強いっスペインの世界っっ!!好きーっっ!!良い一っっ!!燃えるうううっ!!。ー私の最近のお気に入りっ!咲いてロマンティカ!、それから、酔わせてオルホ!。これでもかっー!!っと言うように、ドドドドドッッー!!と息も付かせないような、激情歌唱っ!!−!!。ーああっ・・・来て、よかっ・・・たあ・・・。この炎天下の中・・・。汗でビショビショになりながら・・・ついて来ました〜・・・2日間ー。・・きよし君〜・・・っ・・・。ーきよし君「ー皆さんっ、暑い中っ、有難う御座いますっっ・・・。っ・・・よう・・・来たねえっっ・・・!・・・。」ーほんとよううっ〜!!。ーさてっ、次の舞台となりますは、前回きよし君が司会を努めました、思い出のメロディーの楽曲チョイス!。なあんと思いも寄らずっ!、山本リンダ、狙い撃ちっー!!っ!。ええええっ〜!!。これも激しい衣装かと身構え見れば、真っ白スーツ・・・。あれっ??。わ〜りと,さ〜らり、スマートに歌い上げ、月がとっても青いからっ、そして、一本の鉛筆・・・。美空ひばりは好きじゃないけど、きよし君が歌うなら、何でも良いぃ〜!!。会場、地から湧き出すような慟哭歌唱に、拍手、拍手っ、拍手〜!!の渦!!。うわああぁっ〜・・・!!。−いっ・・・息切れ・・・しそう・・・。ーいやっ、しかし、まだまだっー!!。次なる衣装は、目にも眩い光を放つゴールドのスーツで華々しく登場し、観客を沸かせますっ!!。曲は勿論っ。勝負の花道っ!ーはっ!!。キャアッ!!。ーでも、でもっ!トークの後にっ、ゲゲゲの鬼太郎と、なあんと、もう生歌は聞けないかと思った、限界突破サバイバー!!。やったああああっ!!きゃああああっ!!。さらなるは、打って変わって麗しいクリーム色の着流しで観客の目を酔わせますー・・・。きよしの人生太鼓っ!男の絶唱ー。緞帳が、ゆっくりと、スルスル閉まり、暗転・・・。さあっ、いっちばん、盛り上がるアンコールよおおっ!ワクワク!!😆。・・・だったら16日夜、NO.1に書き綴った、あの不思議いっぱい4人様っ、又スウッと御帰りになられました〜っ・・・。あっ・・・ははっ・・・。御陰様、よう観えるわよう〜っっ・・・てなもんだわよっ。明るうい音楽に載って、重い緞帳が上がれば、縦にシュッと美しく引かれたようなレインボー色の燕尾服っ・・・まあ可愛いっ・・・。ほんとに、きよし君の衣装は、どれもこれも、きよし君じゃなきゃ着こなせないよね・・・。どんな衣装も、全く浮く事もなく、自分の色にしてしまうっ・・・。凄いなああっ・・・。けども、もうちょい、乗れそうで乗りにくい勝負の花道・・・音頭・・・。何故か出来てた編曲・・・・何故かな〜・・・。まあ・・・いいや・・・何時ものように乗ろう・・・。後は、何時もの、きよしのソーラン節に、ズンドコ節で、きよし君と、声を合わせて締め括りっ!!。16日のきよし君は、少し覇気が薄く思われましたが、17日は、ちょっぴりの疲れ顔は残るものの、常時の素晴らしいきよし君の声と、姿でした。きよし君と、西寄さんが言ったように、初日の翌日、千秋楽の楽しい2日間でした・・・。17日は、かねふくさんを招待していたのでしょうか・・・きよし君ー「お中元は、かねふくですねっ・・・!。」ー連呼・・・。解り易くて、かわあいい〜!!。何時でも何にでも一生懸命の、きよし君っ・・・。私はコンサートに付いて行きながら、楽しみながらも、まだまだ、きよし君から学ぶ事は沢山あるようです・・・。
イメージ 2
イメージ 1
17日の行きの最寄駅で、可愛い鳩に会いました・・・。くちばしの上がハートを象る御顔でした・・・

開く コメント(4)[NEW]

開く トラックバック(0)

イメージ 1
「氷川きよしの何処が好き?。」ー仕事先で冷やかし気味によく聞かれるー。私は即座に答える。「っ全部っ!!。」ー歌が上手いとか、顔が良いとか、ルックス抜群とか、性格が良いとか、数えあげればキリがないけど、そういう一つずつの説明は要らないー。きよし君の歌声には聴き手の魂に訴えかける強固な気迫と、底知れない深い愛情があるー。その総てで観客を飲み込み、包み込み、元気と癒しを注いでくれるー。だからー体調が悪かろうが、疲れが溜まっていようが、この方向音痴な私が、毎回無事に辿り着きますようにと、ビクビクながらでも必死について行くー・・・事、約10年・・・。あっはっは〜っっ・・・怖いわ・・・数えると・・・。きよし君の歌に、点数付けるとしたなら、難しいけど、そう・・・120点満点かなあ?。歌が100点満点で、20点が魂の呼び声みたいな・・・?。なんと言うか・・・見えもしない、聴こえもしない、でも確実に、私達観客の心を鷲掴みにして離さない、一番大事な、きよし君と私達を繋ぐもの・・・。それが他の諸々の歌手と絶対的に違う、天才的な部分であるーと、私は思っているー。−のに!ー7月16日の夜は、オープニングのセリから現れたきよし君から、その20点の声なき声が聴こえなあい〜!!。なんでっ?どうして?・・・。開演ブザーがなって、即座に暗転になった後、ピュアリバーの爆発的な音楽が、私達観客に向かって来ない事に気がついた・・・。音が、くぐもっているー。歌うのに適した場所ではないんだー。そう感じたー。けどっ、きょし君は大丈夫!ー時々販売前のCDの宣伝やら、他の歌手の歌やらアカペラで歌ってくれる短い歌唱さえ、ズシン!と心に響くだもの・・・と、何の心配も、私には、全くなかったー。なのに、きよし君の一声で「え!何?心に入って来ない!。きよし君!?どうしたのっ!!。」ー思わず胸に下げた双眼鏡を掴んだー。グラスを透して、きよし君の顔を観て、ギョッ!としたー。ー今まで見た事ないような、険しい瞳っ、唇噛み締め、引き結ぶような固い表情・・・。何時もの、きよし君じゃないっ!!。ー酷暑とか、心が疲弊してるとか、ファンには見えない沢山の重みに、耐えに耐えて、やっと立っているような顔貌だったー・・・。きよし君〜っっ!!。トークの声も何時もより覇気がなくて、もう、兎に角、元気がないのよおおっ!!。っ!ならば私達も頑張りましょうっ!声援をっ!。てな事で、「きよし君っ!カッコいいようっ!」と連呼ー。歌が終わりステージから楽屋口に向かう暗転の中、「早く出て来て〜!!」と、声で引き止めるー。その都度、止まり、真っ暗になった舞台の隅で、綺麗なお辞儀で返事をしてくれますー。きよし君っ!頑張って!私も頑張って生きてるよおおっ!!。ーファンの声に応えたかったのか、きよし君っ・・・ー目にも眩い金色の衣装に身を包み勝負の花道を熱唱する時、階段を駆け降り、3,4段程飛ばして、ピョン!と、床に着地!。可愛い〜っっ!!。ああ、でも、私っー応援だけで留めりゃいいものを、ついっ言ってしまうっ・・・のよね・・・。きよし君ー「え〜っ皆さん。・・・本日はっ、平日のお忙しい中っ・・・。」ー私達「っ祝日っ!!−!。」ーきよし君「・・・えっ・・・?え?ー。」ー海の日でしたーっ・・・。あっはっはははっ〜!!。イメージ 2

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

イメージ 2
きよし君ー「僕はっ!、何時までもっ!新鮮でいとう御座いますっ!。」一階席端に寄り、応援ボードを見て小声で読み上げた後、きよし君は言葉こそ丁寧ながら、まるで小学生の男の子が怒って息巻くように、大股でステージ中央に帰りながら声を上げました・・・。-氷川きよし!演歌界の大御所!−ぽそぽそっと字をなぞり読みすると「っ、あっ,,有難う御座います〜っ・・・。」と丁寧なお辞儀を済ませた後っー「っでもっ!僕はっ!大御所にはっ、なりませんっ!!。何時までもっ!新鮮なままでっ!いとう、御座いますっ!。」ーぷっ・・・あははっ!あはははっ!。きよし君らしいっ!解るなああっ〜・・・.。−でも、無理だからっ・・・。もう、今、大御所だからっ・・・。きよし君と肩を並べられる歌手等、いない・・・演歌界にはー。今迄も、これからもっ・・・。その清純さあればこそねっ・・・。きよし君のようになりたいと、夢みる歌手は後をたたないだろう・・・ー。そうよおっ!夢は大事よおっ〜、、、うんっ!。例え夢に終わる夢を持ってもいいわよおっ・・・。うんっ!。イメージ 3さてさてぇっ、私には、ほんとっ、初めての新歌舞伎座〜っ。前日から、ドキドキッ!ソワソワッ!落ち着かないっ、落ち着かない!。大和西大寺から乗り換え、大阪上本町っで下り、階上に上がれば、もう目の前のビル内6階にあるという立地の良さっ!。−でも暑いっ!豪雨と地震の後はっ猛暑って何っ!?。あんまりよううっ〜。と、ブツブツいいながらも、今日もきよし君について行く私〜。こんな私に誰がした・・・っ。16、17の夜に参戦。お陰でゆっくりの時間を家で過ごせるわっと、掃除してたら遅くなり結局、何時もの如くバタバタッ!ドタドタッ!まあっ、こんなもんよねっ・・・私の人生・・・。あははっ、・・・はあっ、、。エレベーターでグイグイ6階へ上がるっ〜・・・怖い〜っ!・・・高所恐怖症人間には、脚が竦む〜。ビルの中はジムやらお寿司屋さんやらブティックやらが大阪らしく、ギュウギュウいっぱああい!。6階に、やっとこつけば、まあコンパクト・・・明治座に慣れた目でみるせいかなあっ・・・。お土産屋さんもポッチリ・・・。でもチケットの半券切ってもらい中に入れば、ワアア!😆ー!。何時もの氷川きよしコンサートの熱気だわ!ザワメキだわ〜!・・・。そうそう、これこれっ!。CD売り場を忙しく動く蝶ネクタイの西寄さんを、何時ものように風にと流し、いざ座席へっ!。2階後方のチケットが届いた時は、ムカッ!だったけど、思ったより近いっ!わああっ!。身体もッ準備の御トイレタイムの後、ゆったりとした気分で座席に座ればっ、狭いわっ!。隣と肘ぶつかるよねっの狭さっ。と、前列の初老男性含めた4人家族がソワソワ、ボソボソ話出したかと思ったらば、ササッサアッ〜と席を離れて行った〜?。えええっ〜!??。もうすぐ開演よおっ〜!?。隣の席の観客の話では、お弁当を食べに行くと言っていたとか?耳打ち受けたっ?。はああっ?何しに来たのっ?。楽しみは集中しましょうよ〜っ!。ーあらっ、でもっ、前の頭がない分、よおく見えるわあ〜っ!ごゆっくりお食べになってえ〜っっ!と思ってたら、本当に、ごゆっくりだったわあ〜。珍しい現象を真の辺りに見つつ、まだかっまだか?とジリジリ待てば暫くすると、♪リ〜ンゴ〜ンッ♪とお上品な開演チャイム📢と、西寄さんの案内放送〜。来たっ!来た来た〜!!。4本のペンライト、スイッチオン!!。きよし君〜っっ!。ビイイッ♪と響く開始ベルの後、パッ!と暗転っ。・・・あれっ周りっペンライトいっぱあい〜。きゃああっ安心するやないっ〜!。ジャンっジャン♪ジャジャヤ!♪あっ三味線!っじょんがら挽歌だああっ!!。あっあっ!きよし君っー!!。白い着物に紫袴姿の、きよし君っ。マイク片手に一声を出しますっ−!!。わっ!・・・ん?あれっ??イメージ 1

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)


イメージ 1
きよし君が何回も口にした「ーナトリウムー…。」西寄さんー「ーアトリウムねっ…。化学式じゃあないんですから…。」ーどっちだってかまやしないわっ〜。きよし君が言うなら、ナトリウムに改名すればっ?。第1部のイベントは、長椅子席後方のロープが張られた向こう側の一番前で立ち見ー。きよし君を知ってから、まあ初めての事が多いったらっ…。立ち見っ…脚痛い…。なんたって9時25分に会場に着いて13時30分開演迄、ほぼ立ちっぱなしで、きよし君を待ち続け〜…。きよし君が歌っている時は夢中で忘れるけど、西寄さんのトークになると思い出しー「ー痛いー痛いっー痛いー…。」ーおまけに、午後からカッ〜!!と照りつける太陽ー。屋内のショッピングモールだけどねっ…天井がガラス張りで…。そりゃもうっ、強い太陽の光が、まるでスポットライトのように、わざわざ観客に向かって照らす照らす〜っ!。眩しいやないよっ。誰っ!こんな設計したのっ!。皆、日よけに手を顔に翳したり演歌祭りのフライヤーを翳したりー。きよし君ー「…陽が出て来ましたねっ…。」と眩しげに上空をチラリー「皆さんっ!寒かったでしょっ!?。」思わずうんうんっと頷くー。京都とは又違い川沿いの強い風がピュウピュウ吹付け体温を奪っていったわ〜…。そんでもって屋内に入ったら、カンカンの太陽光〜…。我慢大会かっ…。それもこれも皆、氷川きよし君、たった一人に会う為…。ああ…健気なファン…。−なのか、なんなのかっ・?と思うのが一人居た…。真っ黄色に縦縞のトラのぬいぐるみに全身抱き込まれたかのような井出達の男子が一人…長椅子座席に…。後ろのトラは、どうやらリュックかなっ?。サイドにはペカペカ、ライト付き〜…。なに?あれ?の視線も全く気にならない様子…。勿論きよし君すぐさま発見…。きよし君ー「ーうわっ…凄いっ…トラが…。」の声掛けに気を良くして立ち上がり、得意げに披露〜…。はっきり言って見たくない…と隣同士でポソポソ話をしていたら、きよし君、ポツリとー「…目立ちたいんですね〜…。」ーきゃっはっはは!!ドワッと観客大笑い〜!!。コンサートと違い、約30分のステージー。リハーサルという名目で勝負の花道を最初に熱唱〜。きよし君が出るのに本番以外のなんでもないわよおっ〜。立ち見の時は解らなかったけど、2部の15時イベントで中央の3列目の座席で観てたら、小さいステージの向かって右側に可愛いミニサイズの白いテントが張られており、西寄さんの紹介の声掛けでテントの隙間からスルリと、きよし君登場ー!。きゃああああっ!!。きっきよし君だっ!.。2か月ぶりの、きよし君だああっ!!。うっ嬉しい〜っ!!。私は、今年正月明けるか明けないかの瀬戸際に、なんと父の葬儀の段取りをする嵌めになり、片道4時間の実家に行っては帰り…。ペットシッターさんも時が時だけに、中々都合がつかず、しかも全く初めての葬儀…。つっかれた〜っ〜。家に帰って、きよし君のCDをかけた途端、大粒の涙がポロポロッー「気を張り詰めてたんやね〜っ。」と、LAINできよ友さんー。暴力、ギャンブルと家族の重荷で、生きても亡くなっても、厄介な対象でしたー。きよし君の声にフワリと抱きしめられたようで、沢山泣いた後は、スッキリでしたー。でもでもっ!その後CDじゃなく本物に会いたい!声が聴きたい!と、初めてのイベントに参加ー。ーここでも疲れたー。帰って半日、脚が痛かった〜…。勝負の花道の後は、ズンドコ節、そしてシングルCDのカップリング曲3曲、又最後に、勝負の花道ー。ー最後の勝負の花道では、1部2部共、ぴょんとステージから床に飛び下り私達の真近で歌ってくれましたー。1部での衣装はメタリックグレイ様、2部では真っ赤なスーツー。なんでこう何でも着こなせるのかなあっ〜…。沢山満喫して、さあ、どうやって帰ったらいいでしょうね〜…。なんせ4人の地元の方に聞きながら、進んでは行き過ぎの繰り返しで、どこをどう来たやら、さっぱり〜…。対岸を渡り、仕方ない又同じ繰り返しをと、若い女性に声を掛けたら、なんと同じ方角だったのか「一緒に行きましょうか。」と連れだって頂きました。因みに、私、その時、真逆を歩いておりました〜…。そんでもって、てくてく一緒に歩いて、地元の方しか知らないよねっと言う感じの建物の脇道から階段を上がり左側に歩くと駅直結という近さ…。私…来る時、何処歩いてたのでしょう…。その方にお礼を言い、IKOKAを使う辺りから、コンコンと咳…。やばいっと風邪薬をホームで口に入れ、なんとかご帰宅…翌日安静…。ちょっと抵抗力ない体と相談しながら、これからもボチボチときよし君について行こうって思います…。次は和歌山コン…またまた遠い…
イメージ 2

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
私は冬場は身体の機能が悪く、家族猫や、仕事の観点からも、コンサート参戦は関西地区に限定している。とは言え、近畿はコンサート回数は、かなり多いので、いつもスケジュール作成に、四苦八苦。コンサート前後はお仕事なので、風邪を引き易い体質の私は気合いを入れ、猫のお世話をして下さるペットシッターさんにメール連絡してと、結構頑張ります。そういう事で、私は年末きよし君にはフェスティバルホールで会ったきり…。もう我慢出来なあい〜!!会いたあい!!。そんなこんなの私が、きよ友さんの勧めもあり、初めてのイベントっ。がっ、又酷い風邪で前日迄、迷ってましたが、どうにかこうにか参加。でも、でも、イベントがこんなにも体力勝負なんて知らなかった〜っ。初めての場所で中々たどり着けず、通算4人の地元の方に聞き回り。京阪から5分〜7分で行けるはずが、30分もかかり、CD整理券配布の列に並べたのが制限時間5分前。それから45分立ち並び、でも1部の抽選には入れず、けど、すぐさま今度は2部の抽選に並び11時半のCD購入抽選迄1時間並び待ちます。もう歩きっぱなしの立ちっぱなし。脚は痛いのを通り越し痺れて感覚も解りません。でも誰も立ち去る事もなく、キャイキャイ御喋りの花が咲きます。やっと時間が来て、ユルユル列は進み、果たして!なんと、当選!!。もう何百人か、それ以上の中での貴重な200人の座席!。しかも、前から3列目のど真ん中!!。きゃああああっ!。きよ友さんのご厚意で、1部の13時半から観覧するのは、座席のすぐ後ろの一番前を確保出来、きよし君の姿もバッチシ!の席で、館内のファミマで買った昼御飯のスパゲティを立ち食い〜っ…。係員がまだ開演1時間前なのに立つよう促すからでした。けれど、いつもなら買い物客でごった返すだろう大型ショッピングモール。店も殆ど開いていない空間に時間が経つに連れ階段に2階に3階にと、ワラワラ沢山の人が私達の後方に集まり出していました。もうもう、人数なんか解りゃしないわ〜っ。きよし君は凄いなああっ〜

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事