初心者備忘録

Webページ開設しました → 初心者備忘録: http://www.ka-net.org/

全体表示

[ リスト ]

前回、idMso属性を指定することでリボンに既存のコントロールを追加する方法について記載しましたが、これを使えばOffice 2003のようなインターフェースをリボンに追加することもできます。
とはいっても、Office 2003の各コントロールの位置を調べてidMso値を調べて、さらにcustomUIを作成して…と、作業としては非常に手間がかかるだろうと思います。
今回は、そんな手間がかかる作業を実際に行って、なおかつファイルを無料で公開されている方がいらっしゃいましたので、その方が公開している「Office2007用の2003風メニュー」を紹介したいと思います(勝手に紹介して良いものかどうか分かりませんが…)。

「Office2007用の2003風メニュー」
http://takami.coresv.net/office2007/

イメージ 1

イメージ 2


上記Webページでは、たかみ氏が作成した「Office2007用の2003風メニュー」をダウンロードすることができます。
「アドイン版」「埋め込み版」「コマンドバー版」があり、どれも無料で利用することができるのですが、私のお勧めは「埋め込み版」です。
というのは下記のようなメリットが埋め込み版にはあるからです。

1. インストール不要
2. マクロ等プログラムが使われていない
3. カスタマイズが容易

まず1.についてですが、埋め込み版は単なる文書ファイルですので、アドインフォルダやスタートアップフォルダに入れるだけで動作させることができ、なおかつ.NET Frameworkのような別途ソフトをインストールする必要はありません。

次に2.についてですが、埋め込み版は先述のようにリボンUI(XML)をカスタマイズしてOffice 2003のインターフェースを再現しているので、マクロ等のプログラムが使われておらず、他のVSTOやVBAで作成されたものに比べて安全であると言えます。(ソース(カスタマイズされたXML)も簡単に確認することができます。)
ですので、素性の分からないフリーソフトの導入を嫌う、学校やオフィスには比較的導入しやすいのではないでしょうか。

最後に3.についてですが、2.で書いたようにソース(カスタマイズされたXML)を簡単に確認でき、さらに自分で書き換えることができるので、必要な機能を追加したりコントロールの位置を変えたりと、自分でカスタマイズすることが容易にできます(勝手にカスタマイズして良いものかどうかはわからないのですが…)。

以上のように、埋め込み版は非常に便利で使い勝手が良いと私は思います。(上記3.については自分でカスタマイズして良いのか疑問が残るところですが…)
ただ、埋め込み版もそのままでは他の文書で2003風メニューを使うことができませんので、次回以降の記事で埋め込み版2003風メニューをアドイン(もしくはテンプレート)として使う方法について記事を書いていこうかと思います。


【関連記事】
「ブログコンテンツ・リボンのカスタマイズ関連」
http://blogs.yahoo.co.jp/kinuyo_asami/17750449.html
「[Office]「Office2007用の2003風メニュー」の紹介・埋め込み版Word」
http://blogs.yahoo.co.jp/kinuyo_asami/18137401.html
[Office]「Office2007用の2003風メニュー」の紹介・埋め込み版Excel
http://blogs.yahoo.co.jp/kinuyo_asami/18141763.html
[Office]「Office2007用の2003風メニュー」の紹介・埋め込み版PowerPoint
http://blogs.yahoo.co.jp/kinuyo_asami/18143324.html


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事