ここから本文です
きんじろうの一歩のブログ
2017.2.18 伊予灘のダルマ夕日 in 重信川河口(今季20個目)

書庫全体表示

記事検索
検索

全431ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

きょうは、先日(27日) カミさんに付き合って、宇和島へ墓参りに行きましたのでその日の出来事です。
途中、気になる西予市宇和の藁マンモスを覗き、お墓のある吉田藩菩提寺の大乗寺の墓地へ、「お雛様を飾ったから寄って行ってください!」とメールがあったのはカミさんの妹の嫁ぎ先へ、そんなこんなの日記です。

ではでは!

1 宇和の藁マンモス、雨のため作業中止中、ボチボチ姿を現しています。
イメージ 1


2 藁マンモス製作中
イメージ 2


3 蓑のように重ねていくのですねぇ。大変な作業です。
イメージ 3


4 伊達吉田藩菩提寺大乗寺 墓地はこの奥にあります。
イメージ 4


5 奥には庭園や茶室があります。
イメージ 6


6 利休梅が咲き始めていました。
  イメージ 5


7 利休梅
イメージ 7


8 落ち椿   お日様が出ていたなら綺麗だったと思います。
イメージ 8



9 白い馬酔木が咲いていました。
イメージ 9


10 ここは紅葉の美しい寺、秋にまた寄ってみたいと思っています。
イメージ 10


11 踏み切り待ちで、運転席から撮った普通列車、夏ミカン絡みにしたのですが…連写にしていなかったぁ・・・
イメージ 11


12 月遅れのひな祭り
イメージ 12


13 お供えに鯛を持って行きました。
イメージ 13


14 栄養の行き届いた元気な孫どもです。
イメージ 14


きょうも覗いていただきありがとうございます。


この記事に

夕日の中の松山城

春らしくない寒い日が続いている松山地方です。
昨夕は久々に晴れ、そろそろ松山城に夕日がかかる頃だと思い、お城を背にバイクを走らせました。
ここら辺だぁ!と決めて三脚を立てました。少しガス(PM2.5 )が濃かったですが、程よいフィルターの役目になり、真っ赤なお日様となりました。
そして、松山城をスッポリ包んんでくれました。 

ではでは!

1 松山城に夕日が沈んでいきます。      (拡大版)
イメージ 1



2 松山城天守閣に夕日がかかり始めました。
イメージ 5



3 松山城がスッポリと夕日の中に納まりました。   (拡大版)
イメージ 2



4 日没は早いです。
イメージ 3


5  松山城に沈む夕日              (拡大版)
イメージ 6



6 松山城に沈む夕日
  イメージ 4


今年初めての松山城に絡む夕日を狙ったのでした。

きょうも覗いていただきありがとうございます。


この記事に

お花見が近づいてきましたね。
サッカーワールドカップ予選、久しぶりにじっくり見ました。タイに快勝(4対0)でした。

さて、きょうは我が家のボケ(木瓜)にやって来ているメジロなど野鳥を紹介します。
毎朝、ウグイスもやって来てホーホケキョ、囀りもだいぶん良くなりました。
カメラを向けますが、残念ながら逃げられてばかりです。

ではでは!

1 木瓜にメジロ
イメージ 1


2 メジロ こちらをチック
イメージ 4


3 木瓜の花蜜も美味しいようです。
イメージ 5


4 動きが早いのでなかなか撮れませんが、数撃ちゃぁ何とかなるものです。
イメージ 6


5 木瓜にメジロ        (拡大版)
イメージ 7


6 シロハラ
イメージ 2



7 メジロの餌にやってきたヒヨドリ
イメージ 8


8 ヒヨドリ 最近、吊るした針金にも上手く停まるようになりました。
イメージ 9



9 もう少し細い針金にしなくては!・・・
イメージ 10



10 城山公園で出会ったコゲラ
イメージ 3



11 コゲラが二羽いました。
イメージ 11


12 お頭の赤い羽根、薄らと見えましたが・・・
イメージ 12


13 コゲラの番のようです。         (拡大版)
イメージ 13

きょうも覗いていただきありがとうございました。



この記事に

3月も終わりの週となりましたが、寒い日が続きます。
これでは、桜も咲きたくないことでしょうね。
とは言っても、春は次第に深まっているようです。
八幡浜市保内町の寒桜、先日櫛生漁港などを背景に紹介しましたが、今では新緑の葉桜になっています。
いよいよ桜の週になってきましたが、開花はどうなるのでしょう。
そのような折に、今頃、梅の話しをしていては笑われそうですが、梅満開の頃、松山城お堀のカワセミ狙いに行きましたが、カワセミだけではありません。夕刻のお堀に梅の花などが映り、綺麗な水面風景を見せてくれました。
きょうは、お堀の水面風景などを紹介します。


ではでは! 全拡大版で掲載しました。

1 松山城
イメージ 10


2 梅
イメージ 1



3 梅
イメージ 4


4 椿寒桜
イメージ 5



5 水面の梅
イメージ 2


6 水面の梅と椿寒桜
イメージ 6



7 メガネ橋に!
イメージ 7



8 南堀端
イメージ 3


9 NTTアンテナ塔
イメージ 8


10 南堀端
イメージ 9







この記事に

雲の多い寒い日曜日の松山地方です。
きょうは、止めようかと思っていたサギソウの植え替え、球茎の一つ一つを箸でつまんでの作業は時間がかかります。残ったのでさらにもうひと鉢バラシて、新しい鉢へ、鉢が足らなくなりました。

眼が疲れ、一休憩、大相撲観戦です。
新横綱稀勢の里、13日目に左肩を負傷、痛さを我慢して14日目も土俵に上がりました。
14日はへなへな相撲で、あっさり黒星二敗を喫しました。
一方、一敗の大関照ノ富士は、連日鬼のような顔をして闘志満々、勝ち進んできました。
照ノ富士の優勝!誰もが予想していたことでしょう。
それでもTV観戦しました。
何と言うことか、まさに根性の稀勢の里、負傷をかばいながらも土壇場で勝ち、優勝決定戦にも勝って、右手で戦ったまさかの逆転優勝でした。
凄い春場所千秋楽でした。
稀勢の里、感動をありがとう。新横綱の優勝は22年ぶりとか、歴史に残る名場面となることでしょう。
横綱の名に有り余った場所となりました。
かたや照ノ富士は、西予市野村町の乙亥相撲に来てくれ、盛り上げてくれた力士です。野村の相撲会館を見て「国技館と同じじゃあないですかぁ!」と挨拶、気さくな人だなぁ!感じました。その後、隠れフアンになっていましたが、この14日の琴奨菊戦では、立ち会いを変化して勝ちました。「何じゃぁ!つまらん相撲をして〜!」と叫んでしまいました。
「乙亥相撲に来た力士は出世する!」とも言われています。残念でした。
きょうの大一番には、神の力が稀勢の里に加勢したような気がしました。これが気力と言うものでしょうかね。

〜〜〜〜〜〜         〜〜〜〜〜

さて、きょうの紹介は、お蔵入り寸前のですが、右に曲げられ、左に曲げられ、はたかれ、叩かれ、捩じられて、それでも生き続けて花を咲かせている盆栽の椿、松山市別府町浄明院の15佛の前に飾られている椿を主として紹介します。

1 浄明院15佛像は奥の方に並んでいます。
イメージ 17


2 それぞれの佛の前には、小さな椿の盆栽が供えられています。
イメージ 6


イメージ 1


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10



イメージ 11


イメージ 12


10
イメージ 13



11
イメージ 3




12
イメージ 4



13
イメージ 5



14 寒牡丹も咲き続けています。
イメージ 2


15 寒牡丹
イメージ 14


16 
イメージ 15


17
イメージ 16


18
イメージ 18


19 世話をされている方から、「花は小さいですが、香りの良い椿ですよ!」と教えていただきました。
イメージ 19


20
イメージ 20


きょうは浄明院の椿の紹介でした。
感動を与えてくれる椿は、大切にしてくれますね。
我が家のすくすくと成長し、ただ大きいだけの椿は、あっさり伐採され、他の椿と入れ替わりました。

きょうも覗いていただきありがとうございました。

この記事に

全431ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事