ピアッチェーレ プチ・ハピネス

戦争と破滅に向かう日本 STOP! 国民が虫けらのように扱われる社会

2017年衆議院選挙   いつか来た道  

いまの政経の教科書を見ると、1990年代から2015年まで、まるで戦争をするためか、

たくさんの軍事に関わる法律が急いで作られたことが分かります。

2011年のトモダチ作戦のことを書いた新聞記事で、山形空港が使われたのですが、

“朝鮮半島有事のよい練習になった”とはっきり書いてあったのを覚えています。

サダム・フセインとカダフィが亡くなった同じ年に、金正日も都合よく亡くなりました。

軍隊というものは、10年で武器をリニューアルしなければならないそうなのですが、

そろそろリニューアル時期にさしかかっているところに、都合良く北朝鮮の猪八戒が、

核開発とICBMで暴走しまくっています。

猪八戒、フセインの息子は、バンカーバスターで肉片になったんだぞ、忘れんなよ。


さて、日本は、2017年10月 衆議院選挙です。

森友と加計で、お友達には便宜を図りまくっている安倍自民を勝たせると、安保法正も

憲法改正も、国民の信を得たと、森・加計なんてどこ吹く風で、暴走します。

私は、命を掛けて国を守る自衛隊に感謝していますが、彼らを日本に直接関係ない戦争で

死なせたくありません。軍事産業を潤わせるために、若者の未来を奪いたくありません。

この少子化で徴兵制が復活したら、男女ともに徴兵されます。

男女平等とは、つまるところ、こういうことです。


現在、すでに共謀罪もあります。国は、国民を弾圧する法的武器を持っているんですよ。

自分の大事な子どもや孫が、徴兵されて、無駄死にさせられる寸前にきています。

自分の利益ばかり考えないで、子どもや若者の未来を真剣に考えて下さい。

教育がいくら無償化されたって、20そこそこで、死んでしまったら、何にもならない。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事