曇りのち・・・

更新もご訪問もしないのに、遊びに来てくれてありがと〜(T_T) 皆様、風邪などひかぬ様、気をつけてくださいね〜!!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全26ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 
2011年1月21日付で日弁連から厚生労働大臣、文部科学大臣、環境大臣
 
に提出されていることをご存知でしょうか?
 
 
先日、歯列矯正のため子供を歯医者に連れて行った時、
 
「矯正が始まると虫歯になりやすいので、フッ素塗布を定期的に行って行きます」
 
と言われたので、以前より百害あって一利なしを知っていた私は
 
「フッ素はお断りします」
 
と言ったら
 
「はぁ?フッ素は全く危険なんかないですよ!?外国では飲み水に入れてあるのを知らないんですかぁ〜?」
 
と呆れ顔をされた。
 
「もちろん知ってますよ。でも欧州ではすでに行われていないし、推進しているのは米国と日本だけでしょ」
 
「それは知りませんが、フッ素は歯のエナメル質を丈夫にするんですよ!お子さんの為になることなんですよ」
 
「それは嘘です。すでにフッ素症という症例も認知されていて、幼少期からフッ素洗口や塗布をしてきた人の歯に異常がみられるようになって来てます」
 
 
フッ素症
イメージ 1
 
 
 
「確かにフッ素というのは自然界にあるもので、例えば紅茶にも含まれていますけど、洗口薬や塗布に使われるものは全て、100%人口のもので、米国環境保護局から毒物指定を受けている*2つの薬物から作られるんです」
 
*ヘキサフルオロけい酸と、けいフッ化ナトリウム
 
「・・・・・・」
 
「日弁連もフッ素洗口・塗布中止の意見書を提出してますから、先生もよく確認された方が良いのでは?」
 
 
 
果たして医師や歯科医は、フッ素というのが何であるか、知っているのだろうか?
 
 
 
 
お子さんの虫歯を心配されるお母さん、フッ素入りの歯磨き粉や洗口剤を使わなくても、カテキンを含む緑茶や天然のフッ素を含む紅茶でブラッシング後にうがいさせる方が安全のようですよ!!

転載元転載元: ももななブログ

ムヒカ大統領のリオ会議スピーチ: (訳:打村明)



会場にお越しの政府や代表のみなさま、ありがとうございます。


ここに招待いただいたブラジルとディルマ・ルセフ大統領に感謝いたします。私の前に、ここに立って演説した快きプレゼンテーターのみなさまにも感謝いたします。国を代表する者同士、人類が必要であろう国同士の決議を議決しなければならない素直な志をここで表現しているのだと思います。

しかし、頭の中にある厳しい疑問を声に出させてください。午後からずっと話されていたことは持続可能な発展と世界の貧困をなくすことでした。私たちの本音は何なのでしょうか?現在の裕福な国々の発展と消費モデルを真似することでしょうか?

質問をさせてください:ドイツ人が一世帯で持つ車と同じ数の車をインド人が持てばこの惑星はどうなるのでしょうか。

息するための酸素がどれくらい残るのでしょうか。同じ質問を別の言い方ですると、西洋の富裕社会が持つ同じ傲慢な消費を世界の70億〜80億人の人ができるほどの原料がこの地球にあるのでしょうか?可能ですか?それとも別の議論をしなければならないのでしょうか?

なぜ私たちはこのような社会を作ってしまったのですか?

マーケットエコノミーの子供、資本主義の子供たち、即ち私たちが間違いなくこの無限の消費と発展を求める社会を作って来たのです。マーケット経済がマーケット社会を造り、このグローバリゼーションが世界のあちこちまで原料を探し求める社会にしたのではないでしょうか。

私たちがグローバリゼーションをコントロールしていますか?あるいはグローバリゼーションが私たちをコントロールしているのではないでしょうか?
このような残酷な競争で成り立つ消費主義社会で「みんなの世界を良くしていこう」というような共存共栄な議論はできるのでしょうか?どこまでが仲間でどこからがライバルなのですか?

このようなことを言うのはこのイベントの重要性を批判するためのものではありません。その逆です。我々の前に立つ巨大な危機問題は環境危機ではありません、政治的な危機問題なのです。

現代に至っては、人類が作ったこの大きな勢力をコントロールしきれていません。逆に、人類がこの消費社会にコントロールされているのです。私たちは発展するために生まれてきているわけではありません。幸せになるためにこの地球にやってきたのです。人生は短いし、すぐ目の前を過ぎてしまいます。命よりも高価なものは存在しません。

ハイパー消費が世界を壊しているのにも関わらず、高価な商品やライフスタイルのために人生を放り出しているのです。消費が社会のモーターの世界では私たちは消費をひたすら早く多くしなくてはなりません。消費が止まれば経済が麻痺し、経済が麻痺すれば不況のお化けがみんなの前に現れるのです。

このハイパー消費を続けるためには商品の寿命を縮め、できるだけ多く売らなければなりません。ということは、10万時間持つ電球を作れるのに、1000時間しか持たない電球しか売ってはいけない社会にいるのです!そんな長く持つ電球はマーケットに良くないので作ってはいけないのです。人がもっと働くため、もっと売るために「使い捨ての社会」を続けなければならないのです。悪循環の中にいるのにお気づきでしょうか。これはまぎれも無く政治問題ですし、この問題を別の解決の道に私たち首脳は世界を導かなければなりません。

石器時代に戻れとは言っていません。マーケットをまたコントロールしなければならないと言っているのです。私の謙虚な考え方では、これは政治問題です。

昔の賢明な方々、エピクロス、セネカやアイマラ民族までこんなことを言っています

「貧乏なひととは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ」
これはこの議論にとって文化的なキーポイントだと思います。

国の代表者としてリオ会議の決議や会合にそういう気持ちで参加しています。私のスピーチの中には耳が痛くなるような言葉がけっこうあると思いますが、みなさんには水源危機と環境危機が問題源でないことを分かってほしいのです。

根本的な問題は私たちが実行した社会モデルなのです。そして、改めて見直さなければならないのは私たちの生活スタイルだということ。
私は環境資源に恵まれている小さな国の代表です。私の国には300万人ほどの国民しかいません。でも、世界でもっとも美味しい1300万頭の牛が私の国にはあります。ヤギも800万から1000万頭ほどいます。私の国は食べ物の輸出国です。こんな小さい国なのに領土の90%が資源豊富なのです。

私の同志である労働者たちは、8時間労働を成立させるために戦いました。そして今では、6時間労働を獲得した人もいます。しかしながら、6時間労働になった人たちは別の仕事もしており、結局は以前よりも長時間働いています。なぜか?バイク、車、などのリポ払いやローンを支払わないといけないのです。毎月2倍働き、ローンを払って行ったら、いつの間にか私のような老人になっているのです。私と同じく、幸福な人生が目の前を一瞬で過ぎてしまいます。

そして自分にこんな質問を投げかけます:これが人類の運命なのか?私の言っていることはとてもシンプルなものですよ:発展は幸福を阻害するものであってはいけないのです。発展は人類に幸福をもたらすものでなくてはなりません。
愛情や人間関係、子どもを育てること、友達を持つこと、そして必要最低限のものを持つこと。これらをもたらすべきなのです。

幸福が私たちのもっとも大切なものだからです。環境のために戦うのであれば、人類の幸福こそが環境の一番大切な要素であるということを覚えておかなくてはなりません。
ありがとうございました。

転載元転載元: へんてこなせかい

 
昭和20年3月10日 東京大空襲のこと
 
文・塚本千恵子
絵・塚本やすし
 
東京書籍
 
 
イメージ 1
 
 
太平洋戦争の末期、
 
アメリカ軍の爆撃機によっておこなわれた空襲のなかでも
 
昭和20年(1945年)3月10日の深夜の空襲はもっとも大きく、
 
死者は約10万人
 
といわれていますが、現在もまだ正確な人数はわかっていません。
 
この被害は、複数の爆撃機による一度の空襲では史上最大であり、
 
同じ年の広島・長崎への原爆投下とともに、
 
第二次世界大戦中の最大の被害
 
とされています。
 
爆撃を行ったのはアメリカの爆撃機B-29、約300機でした。
 
東京大空襲最大の特徴は、それまでの多くの空襲とは違い、
 
戦争に直接関係する軍事施設ではなく、
 
普通の家や人間を殺傷することが最初から目的
 
であったことです。
 
そのため、建物や町を火事にするための焼夷弾という爆弾が使われました。
 
焼夷弾により町ぜんたいが燃え、避難することもできませんでした
 
東部を中心に東京都区の3割以上が焼失しました。
 
アメリカ軍の空爆を実行したのは、カーチス・ルメイという将軍です。
 
戦後、日本政府から勲章を与えられています
 
 
_本書より_
シモンチーニ・ガン・センター日本院が4月21日、六本木に開院するそうです!!

これで日本、いや世界の癌医療は大きく変わる事でしょう。



Dr.シモンチーニとは?≪シモンチーニ・プロトコール≫とは?(HPより抜粋)

tullio Simoncini は、20代で、彼の親戚が癌で亡くなった時から、彼は、癌を調べ続けてきました。
そして、長い月日をかけ、彼は、≪癌とは何なのか?≫という、誰も答えを見出せなかった答えを発見しました。

彼は言います。

≪ガンとは、真菌であり、ガンの原因は、カンジダ菌である。≫

彼は、ガンがカンジダ菌であるという確固たる信念のもと、遂に、治療方法の確立に成功しました。

彼は、他の病院で、余命を宣告された多くの患者を、奇跡のように治療してきました。

彼の元へは、彼のガンの治療効果の噂を聞いて、藁にもすがる気持ちで集まった多くの患者が、世界中から訪れていました。

しかし、当然のことながら、彼の元を訪れてくるがん患者に、『余命』を宣告したそれまでの主治医達にとっては、その余命期間を過ぎても生きている多くの患者達が存在する事により、、プライドを傷つけられる結果になりました。

同時に、抗癌剤や放射線治療などで、がん(悪性腫瘍)を克服できなかった医師や医薬品会社・学会にとっては、≪シモンチーニ・プロトコール≫は、莫大な売り上げに対し損害与える大きな問題であり、ガン(悪性腫瘍)が消えてしまう、治ってしまうTullio Simoncini のプロトコールは、売り上げを脅かす危険な存在でした。

結果、Tullio Simoncini は、ドクターライセンスを剥奪されたのです。
まるで、ギリシャ神話に登場する、医神アスクレピアスのようです。
アスクレピアスは、その技術を使用し、多くの患者を救い過ぎた為に、皆が健康で、亡くなる人がいなくなり、黄泉の国のハデスの怒りをかい、最後は、殺されてしまいます。

同じように、がん患者を救済してしまう、Tullio Simoncini のプロトコールは、医療機関や医薬品会社にとっては、お客さまである患者を激減させてしまう技術であり、存在してはならないものだったのです。
(実際には、それ以上の理由があるとも言われていますが、真実はわかりません。)

しかし、患者は、生きるために必死です。
患者にとっては、病を治してくれる人は、ドクターであり、痛みを取ってくれる人もドクターです。
決して、毒を使用して、患者の死期を早める人をドクターとは、呼びません。

それは、「医学の父」、「医聖」、「疫学の祖」と言われたヒポクラテスも、その誓いの言葉の中で、以下のように誓っています。

* 自身の能力と判断に従って、患者に利すると思う治療法を選択し、害と 知る治療法を
決して選択しない。
* 依頼されても人を殺す薬を与えない。

Tullio Simoncini が、ドクターライセンスを失った後も、患者は、Dr.シモンチーニの技術が、がんを高確率で治療可能な事を、口コミやYoutubuのビデオで見聞きし毎日、世界中から、大勢のがん難民から救いのメールが送られてきます。

その為、Tullio Simoncini は、どこかで、患者の為に立ち上がらなくてはならないと考えておりました。

今回、日本に、世界で初めて、≪シモンチーニ・プロトコール≫を使用した、≪シモンチーニ ガン センター≫を開院する事になり、又、同時に、Chironkology Inc.で、正式に≪シモンチーニ・プロトコール≫の研修スクールを開設する事になり、世界中の多くのガン患者の救済を行ないたいと、考えております。:

シモンチーニ・ガン・センターHP http://www.chironcology.com/

挽き物屋さん、日本語HP探してくれてありがとう!!拍手!!

転載元転載元: ももななブログ

必要なのはそれに気付き認める事

優秀な医者や研究者が100年経っても原因を掴めない「癌、ガン」

何故?

それは間違った理論に基づいているから?

Dr.Simoncini

全ての癌が治癒し、過去のものになることを願う


http://www.cancer-fungus.com/sub-v1jp/sub-jp.html


転載お願い致します。

転載元転載元: ももななブログ

全26ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事