本日も昨日に続き、トランプの「発狂」発言について書きたかったのですが…

 ところで、発狂とは、いつもは正常な人が急変して変なことを言い出すから、発狂なのであって、トランプの場合には、いつもおかしなことや嘘ばっかり言っているので、発狂というのは適切ではないのです。

 いずれにしても、トランプは、FRBのパウエル議長と中国のシージンピンを比較して
どちらの方が自分たちにとってより敵であるのかとほざいているのです。

 My only question is, who is our bigger enemy, Jay Powel (sic) or Chairman Xi?

 (sic)というのは、トランプがツイートした原文通りの引用ですということで、トランプが間違って書いていることを意味しています。

 パウエル議長の名前は、Jerome H. Powell ですから、Powel という表記は正しくありません。

 自分が自ら指名したパウエル議長をスケープゴートにして、株価急落の原因を全てパウエル議長におっ被せるトランプ。

 卑劣です。




 それはそうとして、国内では林文子横浜市長がカジノ誘致を表明したことを巡って抗議が殺到しています。

 私もカジノ反対!

 しかし、林文子市長は、猛反対に遭遇して切れてしまいました。

 それがこの動画。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=yODhrMA9DqI




 しか〜し…

 怒りたいのは、むしろ横浜市民。

 選挙のときには、白紙だと言っていたのに…

 しかし、そのことも、よ〜く考えれば、ウソだということが分からない市民も情けない。

 思い出しますが…横浜市長選のときに、山尾志桜里議員が応援にかけつけていましたよね。

 何故、野党の議員なのに応援するのかと、ショックを受けた記憶があります。

 結局、今の野党の議員は、そんな中途半端な者が多いことも信頼を獲得できない原因なのです。

 山尾は検察OBですが、米国の民主党大統領候補のカマラ・ハリスとダブって見えます。

 ともに、見た目はいいのかもしれませんが、イマイチ信頼できない、と。

 カマラ・ハリスは国民皆保険を支持するようなことを言っていながら、本当はそうではないと思われているのです。

 政治家っていやですね。

 それにしても、林文子が切れ方が凄い!

 しかし、本当に怒りたいのは市民の方です。



 横浜市民は、林文子市長をぶん投げたいと思っているだろうと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓