出戻りばあばの戯言です。

一旦やめると宣言したのに、不本意ながらまた書いております。

ブログをすっぱりやめてしまうと、撮影意欲が全く湧かず、自分がどんどん老いていきそうで
やっぱり怖いのです。

口では自然体が一番などと言いながら、少しでも若く見せようと頑張っている自分とのギャップに戸惑いながら、気づけば、新しいブログを開設していました。


まだ勝手が解らず、オロオロの段階ですが、俳句と写真、小文を載せています。

興味ある方は覗いてやってください。野菊と改名しました。

どうぞ宜しくお願いいたします。 野菊

開く コメント(12)



イメージ 1


暑かった!とても暑かった。

いつものように、所用をすませ、ほぼ1万歩を歩き終わった途端に汗がどっと噴き出てきました。
急いでリビングのクーラーを入れ、扇風機を回しました。
着替えをして、落ち着くまでちょっと時間がかかりましたが、今は大丈夫です。

梅雨明けも間近を感じさせる、今日の空、歳時記は間もなく秋を迎えますが、
本当の暑さはこれからです。
昨年の不調を思い出すと、これからの日々が怖くなります。

さて、ブログ、私はブログ歴14年だと思っていましたが、一年サバを読んでいたようです。
その間いろいろなことがあり、すべてが順風満帆というわけにはいきませんでした。

泣いたり笑ったり、山と谷を繰り返し生きて来ました。

家族と自分の健康、他人様との拘わり、愛犬の死、娘の結婚、
そして何と言っても夫との永久の別れは人生最大の痛手となり、私の人生も終わるのではないかと思うほど落ち込みました。

あれから5年近くの歳月が流れ、私は元気溌剌とはいかないまでも、何とか持ちこたえています。

それまで私はご近所にどんな方がいらっしゃるのかほとんど知らずに過ごしてきました。
夫を100パーセント頼りにしていましたから、それで困ることは全くなかったのです。
私が残されるなんて考えてもみませんでした。

夫が逝ってしばらくは楽しいことなど一つも無く、不安感に満ち満ちていました。

いつも下を向いて歩いていた私に声をかけて下さったのは、ご近所さんの一人です。
「家の中でめそめそしているより、シニアの会に参加してみたら?」と誘っていただきました。

恐る恐る出席した私を温かく迎えていただき、今に至っています。

俳句の他には何にもできない私ですが、その俳句のご縁で世界が広がり、地域の皆様と
繋がることができ、10人ほどで句会を楽しんでいます。

Kご夫妻とS氏のお蔭で私の日々は一変し、今心から笑うことができています。
夫も彼の世で喜んでいてくれると信じています。

話が本筋から逸れていますね。

13年間楽しませていただいたYahooブログもいよいよ終焉に近づきました。

一時は自分の返信コメントを含め、60という時もあり、大変賑わいました。

齢を重ね、今は体力も時間もなく、皆様のブログをご訪問することもできず、
この辺で終止符を打たせていただきたいと思います。

長い間本当にお世話になりました。
桐一葉というニックネームを使うことはもうありません。
他のブログへ移転されたり、ブログを閉鎖された方、どうぞお体だけは大切に
ますますのご活躍をお祈りいたします。
拙いブログにお付き合いくださいまして心より有難うございました。🎶





開く コメント(15)

梅雨籠の一日でした。

髪を洗ったり、新聞にゆっくり目を通したり、俳句募集の句を
考えたり、普段はあまり見ないテレビを見たりして、
思い切りまったりと過ごしました。

このところよく歩いています。
目的のある歩きですので、ウオーキングとは言えないかも知れませんが、結果的には健康促進にもつながっていると思います。

昨年に比べたら随分改善されています。
昨年は、外を3000歩歩くだけで疲れました。
このままダメになってしまうのかなあと思ったことも
一度や二度ではありません。

先のことは判らないけれどお陰様で、今は明るく過ごせています。
故郷からお返しの鰻が届き、昨夜丁寧に焼き、
とびきり美味しい「浜名湖の鰻」を堪能しました🎶

イメージ 1
 万両の花  &  雨滴

イメージ 2

楓と滴

イメージ 3

昨年の万両の実と滴



露涼し愉しきことの多き日々

読み進む一書のきはみ梅雨籠

梅雨籠ホ句三昧といふおまけ


開く コメント(6)

毎月第2水曜日は所属する「冬野」の吟行バスに乗っての勉強会です。

今にも降り出しそうな空の下、高速道路の最寄りのサービスエリアで拾っていただき、バスに乗り込みました。

目的地は福岡県の星野村。
河骨がいっぱい咲いている
麻生池と被爆の火を掲げる慰霊碑のある平和の広場です。

しずかな池面にやや小ぶりの河骨が薄ピンクの睡蓮の花を
囲むようにして沢山咲いていました。

夏鶯や時鳥の声も聞かれ、池には丸々と太った鯉も
アメンボも自在に泳ぎ、オニヤンマのような大きな黒い蜻蛉も
舞っていました。

降るでなく照るでなく日傘も不要なほどの良いお日和でした。
今月も参加25名、皆それは熱心に吟行をされ、良い刺激を
貰いました。
一枚だけ写真を撮りましたが、今日のスマホはお利口さんしてくれず、いえスマホの所為ではけっしてなく、
上手く撮れなかったということです。

平和の広場はよく手入れされていて、胸のすくほどきれいな
公園でした。
被爆で燃え残る火をカイロに入れて広島から持ち帰った火を
今も大事に村を上げて守り続けておられるそうです。

昼食の前に美味しい玉露の正しい飲み方を教わり、甘露甘露とじっくり味わい、最後に茶葉に酢醤油をかけていただくのですが、私はちょっとです。
あまり好き嫌いは言わない方ですが、お茶は飲むものと思っていますので、遠慮したい気持ちでした。

とは言え、星野村のお茶は文句なく美味しいです。
親戚がありますので、夫がいたころはよくいただきました。

同じ星野のお茶なのに、我が家で飲むと味が全く違うことが
不思議でした。
やっぱり、水の旨さに関係があるのでしょうね。

食事処兼句会場からの眺めは絶景でした。
森林、お茶畑、青田、段畑等すべて万緑裡、日本の原風景を眺める思いで、飽きることがありませんでした。

星野村、素敵でした。又訪ねてみたいところです。
お土産に「水だし玉露」を買いました。どこまでも無精な一葉です。45度とか70度とか、、、確かに美味しいのだけど、そこまでしてお茶を淹れようとは多分しないでしょうから。。。。

帰りはざあざあ降り、まさに梅雨さなかの降りようです。
幹事さんの計らいで最寄りのサービスエリアで下ろしていただきました。
良い一日を過ごせましたこと感謝いたします。



河骨に別の宇宙といふ水影(みかげ)
影もまた四界を灯す河骨黄
御簾上げて幽谷眺めつつ句会

イメージ 1



開く コメント(10)

毎年7月7日は「お〜いお茶」俳句募集の入賞発表日です。
ありました。今年は昨年よりランクが下がり、佳作特別賞の欄に私の名前がありました。
四回目の入賞です。

こういうことを自分で発表するのは、はしたないことと承知の上で、嬉しいことは嬉しいとこれまでもブログに綴って来ました。

だってここは私の日記ですもの、誰に迷惑をかけるわけでもなし、ましてブログ上ではこれが最後になるかもしれぬ慶事ですもの、少しははしゃがせてくださいね。

昨年は都道府県賞をいただき、525mlのペットボトルに一句を載せていただきました。
記念に1本だけ手元に残し、ほとんど周りの方に貰っていただきました。

随分狭き門を通過して、今年は多分お茶の缶になるだろうと
思いますが、あんまりはしゃぎすぎて運を使い果たしてしまわないように注意したいと思います。


イメージ 1

    山懐にある古刹の仏様

イメージ 2

    水子仏

イメージ 3
 
この前までタケノコだった今年竹、先端がみえないほど伸びていました。


イメージ 5

 

イメージ 4

 雨の量がまだ足りないのか、植田の水が少なく、山の水影を見ることができませんでした。


里山には写真のようなお寺が沢山あり、いろいろな行事もあるようです。
ほととぎが降るほど鳴いて、数多の水子仏を慰めているかのようでした。




夏木立燈明揺らぐ百度石

お百度や撮るを憚る木下闇

人の世の育児放棄やほととぎす





開く コメント(12)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事