霧たっぷりな霧多布の里 霧多布里

霧多布が大好きな旅人が、旅人を迎える宿を30年やっています。自然に恵まれた生活を味わいに来てください。

全体表示

[ リスト ]

一昨日、『森のクマさん』の引山さんが亡くなりました。
3月に股関節が痛いので、しばらく店を休むと聞いていました。
しばらくすればまた店を再開すると、待っていましたが、
あまりにも長いので、連絡すると釧路の病院に入院していると言うことで、
ゴールデンウィーク明けに、顔を見に行きました。
 
その時点で、すでに病気はかなり進行していて、
何をしてあげられるかも浮かばない状態でした。
股関節の痛みも、また、頭に腫瘍があって手術をしたそうなのですが、
その原因が肺がんと言うことでした。
 
一昨日、昼間寄ったときには、酸素の吸収が悪くなっていましたが、
夕方、もう一度寄ったときは、正常値になっていました。
しかし、血圧を測ったりしていると、また、酸素の吸入が悪くなり、
部屋を出されてしまったので、帰ってきました。
 
その後、また持ち直し、娘さんが来てから、安心してしまったのか、
ふっと、行ってしまったそうです。
 
引山さんとの関係は、人生の中で一番複雑です。
 
私にとっての、第一浜中人は、引山さんです。
最初に泊まったのが、浜中ユースホステルだったからです。
武士と武司で、同じタケシだねと言われたのを覚えています。
 
そして、霧多布里を始めるときの、最大のライバル・・・と言うより、
壁でした。
 
実は、霧多布里を始める前の年、
落石にあった、ほおずきさんから、浜中で宿を始めるのを、
根室にしてくれないかという、依頼を受けました。
 
浜中は、浜中ユースと白鳥の宿があり、
そして、落石のほおずきの宿があって、激戦区だし、
根室に強い宿があって、そちらへの対抗と言うこともありました。
 
そこで、一度根室を見に行きました。
しかし、浜中ユースから霧多布湿原見たときに感じた、
ここに住みたいという気持ちは、全く起こらず、
当初の予定道理に、暮帰別で霧多布里を始めました。
 
浜中ユースもその前年が、八千人くらい泊めていたそうです。
一年目は、800人くらいとそこそこでしたが、
翌年の2月くらいから、どんどんお客さんが増えて、
布団が17組しかないのに、
20人を超え、更に増えそうだったので、
 
苦肉の策で、浜中ユースへ行って、
引山さんに、布団を貸してくれる様にお願いしました。
今思うと、借りに行く方もですが、貸す方もと言うことで、
七,八組の布団を借りました。
 
そのおかげで、最高32人まで、泊めてしまいました。
そして、その日連泊を断ったお客さんが、
泣く泣く浜中ユースへ予約を取っていたのですが、
キャンセルが入って、泊まれる様になったので、
どうしても泊まりたいと言うことで、
キャンセルには厳しかった引山さんへ電話して、
事情を話して、キャンセルを許して貰いました。
 
榊町に移転してからは、年老いたヒロコが、
しょっちゅう、うちで居候したり、
また、ミドリがユースへ行ったりしていました。
 
森のクマさんを始める前の冬には、翌うちに遊びに来たので、
その頃が、ゆっくりいろいろな話をしました。
その頃から、一番心起きなく話が出来る友達でした。
 
母が、こちらへ来たときに、ハイシーを貰い受けました。
ハスキーと呼ばれていましたが、うちでは、ちょっとアレンジして、
ハイシー君となりました。
 
うちの結婚披露会も、森のクマさんでやって貰いました。
 
あまり肉を食べなかったうちの嫁さんは、
森のクマさんのハンバーグは大好きで、食べに行くのを楽しみにしていました。
 
母も、時間があると、森クマさんへ行こうと言っていました。
 
たまに、食べに行くくらいのお付き合いでしたが、
ホッとした時間が持てる場所が今無いのは、残念です。
 
引山さんありがとうございます。
何回か、病院で見かけた苦しそうな姿が、昨日安らかな顔になっていたことで、
気持ちが少し楽になりました。
 
父も肺がんだったのですが、あまり苦しそうな姿を見ることもなく
亡くなったので、引山さんの苦しさは身にしみました。
 
ご冥福を祈ってます。
 
今日夜、お通夜で、明日お葬式です。

この記事に

閉じる コメント(9)

顔アイコン

びっくりしました。足の方じゃなかったんですね。遠くよりご冥福をお祈りします。

2013/5/27(月) 午前 9:09 [ t_t**iza*a950 ] 返信する

顔アイコン

武士さんとたぶん同じ頃に浜中YHでお世話になりました。霧多布岬のロウソク岩と最果て感あふれる景色に加え、浜中YHの快適な部屋と手を尽くした料理での印象がとてもすばらしく思い出され、ここ数年は毎年浜中に通い始め充実した旅行を楽しんで幸せを感じています。一期一会でしたが、これも引山さんのおかげです。ご冥福をお祈りします。

p.s ハイシー君はもともとハスキーくんだったんですね。まだまだ元気でいて欲しいです。 削除

2013/5/27(月) 午後 9:29 [ 千葉の旅人 ] 返信する

顔アイコン

昨日、見送ってきました。暗いのが嫌いな比叡山なので、今日からまた、楽しく生活します。
ハイシー君は、元飼い主に会えて、嬉しそうでした。

2013/5/28(火) 午前 4:54 [ takechan ] 返信する

顔アイコン

驚きました。言葉がありません。
比叡山、召されちゃったんですか・・・

僕には「引山さん」というより、「浜中YHのひえ〜さん」がしっくりきます。
あの頃(昭和52年だっけ)浜中YHでの楽しい時間は忘れません。
あれで人生少しばかり変わったんですよ、ほんとに。

それから幾度もお世話になり、時には調子にのりすぎて注意されたり、
それでもいつも笑顔で迎えてもらったものです。
ありがとう比叡山、楽しかった!

社会人になり、きりたっぷ里もOPENしてすっかりご無沙汰になり、
それでも「森クマさん」に行けばいつでも会えると思ってた。
いつかまた必ずお伺いするつもりだったんですが。

残念です。本当に残念です。

遠くよりご冥福をお祈りします。 削除

2013/5/28(火) 午後 3:49 [ かまいち ] 返信する

顔アイコン

かまいち君お久しぶりです。
そうそう、昔騒ぎすぎで、比叡山に怒られたね。
とっても進行の早いガンで、あっという間に悪くなってしまいました。
安らかな顔でした。

2013/5/29(水) 午前 5:38 [ takechan ] 返信する

顔アイコン

川野です。三月にはお世話になりました、お店の前を通った時にやってなかったみたいでしたので「どうしたのか?」と思っていたのですが、残念です。まだ若かりし頃牛乳ぶろ入ったり森クマさんにハンバーグ食べに行ったり良い思い出です。比叡山さんご冥福をお祈りいたします。

2013/5/31(金) 午後 11:46 [ all*it ] 返信する

顔アイコン

浜中牛のハンバーグは、自分で作らないと食べられなくなってしまいました。作ってくれるのがありがたいんだけど。

2013/6/1(土) 午前 4:48 [ takechan ] 返信する

顔アイコン

…ありがとうございましたm(__)m。 削除

2014/4/12(土) 午前 4:25 [ うょししやばこ ] 返信する

顔アイコン

引山さんにお世話になったことがあるものです。ネットで調べ物をしているときにこのページを見つけました。ヒエーザンの最期のご様子を知ることができ、感謝いたします。
先日、久しぶりに北海道に行き、短い時間でしたが浜中にも足を延ばしました。これまで半ば意識的に北海道から遠ざかっていたのですが、また根釧原野を歩きたくなってきました。

2017/11/16(木) 午前 6:32 [ まつお ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事