ここから本文です
カーク船長の釣り日記
大阪発→大阪湾・兵庫・和歌山・三重・福井等の船釣りが中心です。文章がダラダラ長いので、お暇な時にでもどうぞ。

串本のグレ今期最後

グレ釣り@昇雄丸(和歌山・串本)
2017年4月22日(土)

日出5:18 正中11:55 日没18:33
天候:曇り  風向:北東5m以下(潮岬沖)、ほぼ無風(和深沖)
潮:下り潮   水温:18.8℃  波高:1〜1.5m(潮岬沖)、超ベタ凪(和深沖)
気温:15→17℃
潮(若潮)@串本

イメージ 1

(結果)

イメージ 2



土曜日は釣行できそうだと言うことで、マダイ釣りやマアジ釣りも気になるところですが、どちらもたぶん満員でしょうし、のんびり釣りがしたかったので最近あまり釣果が出てませんでしたが、そのぶん空いている?かと思って串本へ行くことに。

出船が5時くらいとのことで、頑張って早起きして4時半には串本に到着。着いてみるとお客さん私を入れて3人でした。予約入れた時には誰もいなかったので、その後に増えたのでしょう。船長から、右舷の前か後ろかどちらが良いかと聞かれましたので、どちらでも良かったのですが、後ろに入らしてもらいました。

イメージ 3

準備ができたので5時くらいに出船。前日は和深沖でぼちぼち釣れたそうですし、北東の風だと潮岬の灯台前は波が高いかもしれないし最近は潮が激流だとのことで、どうするか相談されましたが、わからないのでおまかせで。

とりあえず潮岬に行ってみることになりました。しばらくするとベタ凪ですので、大丈夫そうです。


イメージ 4

5時半過ぎ、ポイント近くに着くと瀬の上は少し波が高いですが、それほどの波でもないようで大丈夫そうです。そして釣り開始、指示ダナは20mだったと思います。仕掛けを投入。すぐにアタリがありヒット、上がってきたのはまずまずのイサギでした。

ここからしばらく、流すたびにアタリがあり釣れますが、すべてイサギです。そして、イサギがおちつくと、ようやく口太グレが釣れましたが、ややこぶり。そしてそこで止まってしまい、そのうちサバが来たので少しだけポイント移動。

今度は指示ダナ30mだったか33mだったか忘れましたが、そんな感じでやります。しかし、あまりアタリなくて釣れず。ようやく何かヒットしまして、上がってきたのは41センチの尾長グレでした。しかし、その後は続かず。開始から1時間ほどでアタリがなくなりました。

しばらく釣れないまま、7時くらいになり、イマイチだから和深沖へ行ってみようと言うことになり移動。ここまでの釣果はこんな感じで、イサギ6匹、グレ2匹、サバ2匹です。


イメージ 5

30分ほどでポイントに到着しますと、こちらは風もほとんどなくて超ベタ凪です。


イメージ 6

水深は40〜30mくらいで、指示ダナは20mだったと思います。7時40分くらいから、こちらで釣り開始。しかし、潮がまったく動いていないようです。


イメージ 7

それでも少しするとアタリがあり、よく引きます。43センチの尾長グレが釣れました。左舷の方は45センチの尾長でした。

ここから、尾長がぽつぽつと釣れるようになり、型は良くて小さいのは少ないです。しかし、これも1時間ほどで食いが止まりました。尾長が6匹か7匹くらい釣れたかな!?

イメージ 8

釣れなくなったので、また少しだけ移動。こちらも指示ダナ20mくらいだったと思います。


イメージ 9

しかし、潮がほぼ完全に止まっているようで、なかなか食いません。ようやくピンポイントで反応あったのか、イサギがトリプルで釣れ、しばらくイサギがぽつぽつ釣れましたが、これまたすぐに止まってしまいました。

こちらも1時間弱ほどやり、次は少し沖へ出てウメイロのポイントへ。水深70mくらいで、指示ダナは60mだったと思います。しかし、前日もウメイロの食いは超しぶかったようですし、それに加えてこの日は潮がほとんど動いていないので厳しい様子。


イメージ 10

最初の2流しくらいは何も釣れず、3回目の流しでSさんにヒットしたようですが、イサギだったようです。

10時になり、あまりにも潮が流れないので、また潮岬にもどってみようと言うことになり、ふたたび移動です。


イメージ 11

そして、10時半過ぎに到着。


イメージ 12

10時40分くらいに釣り開始、指示ダナ確か20mだったと思います。こちらは潮がわりと速いです。1流しのあいだにかなり船が流れますので。すると、ここから口太がぽつぽつ釣れるようになりました。

それから1時間ほどは、ほぼ1流しに1匹ずつ釣れるようになり、順調にグレの数が伸びて行きます。型は若干こぶりでしたが。で、12時になりぼちぼち終わりかと思ったら、まだしばらくやってくれるようで、しかし、そこから私はあまり釣れなくなり、私の後ろの方も釣れず、Sさんだけほぼ確実に1流しに1匹ずつ釣れているようです。私はどうして釣れなくなったのかわからず・・・

12時半になり、あいかわらずあまり釣れずで何がいけないのかわからないまま、12時40分に最後の一流しコールがあり、最後には何故か1匹釣れて終了となりました。

(結果)グレ30〜43センチを23匹(尾長と口太が半々くらい)、イサギ30〜36センチを12匹、ゴマサバ2匹だけキープ

イメージ 13

口太の白子はかなり小さくなってきて、型もこぶりが多かったです。腹の中には海草?みたいのが入っていてちょっと臭かったので、抱卵グレはもう終盤でしょう。良型の尾長は腹に脂がけっこうあり、美味しそう(まだ食べてません)。イサギは大きめのはまあまあ脂あり、美味しかったです。

ウメイロが釣れなかったのが残念です。ウメイロが釣れるようならまた行きたいと思いますが、これからしばらくは中紀でアジ、イサギになると思うので、行けるかどうかわかりませんが。

そして、今回は女将さんのスペシャル手作りおみやげがあり、YUKAは魚より大喜び。


イメージ 14

手作りかしわもち、店で買うより美味しいくらいでした(大げさに言っているのではなく)。寿司も美味しくて、YUKAが女将さんに料理を教えて欲しいといつも言っております。

今回は思っていたよりは釣れましたし、おみやげまであり、ラッキーな日でした。

最後の30分ほどはアタリが出せずに伸び悩んだのだけちょっともやもやしてますが、Sさんはずっと釣れていたようなので、何が違うのか!?まだまだわからないことだらけです。

この記事に

マダイ釣り@とくは丸
2017年4月15日(土)

天候:晴れ  風向:西南西・5m以上  潮:上り潮  水温:19.3度  波高:1〜1.5m 気温18→20℃
潮@田辺、中潮2日目(大→小)

イメージ 1

(結果)

イメージ 2



さて、椿のマダイ乗っ込みシーズンの今期最終戦(予定)です。なかなか土曜日は予約が取れないので2週間前に予約してました。

予報では風が5−7m程度なのでなんとかなりそうですが、風向きが南西なので風の割りには波が出るかな!?と言うことで、酔い止めを飲んでの乗船です。

4時半過ぎに港に到着、またまたすでに乗船がはじまっており、今回は左舷のミヨシでした。イケスが近いので目印付けて使わせてもらうことに。

お客さん7人でこれが満員のようです。

イメージ 3

5時すぎに出船で、やはり少し波があり、時々船が浮き上がって船底が海面に打ち付けられます。5時半ころにポイント到着、水深97mで指示ダナは底から7mで釣り開始。

イメージ 4

やはりミヨシは上下してやりにくいですが頑張ることに。

日の出。

イメージ 5

底からコマセを出しながら上げてくると、すぐにアタリがあり良い引きです。船中でもいっせいに竿が曲がっているようです。私も巻き上げ。ところが、巻き上げて負荷がかかるたびにリールの巻き上げがストップしてしまいます。それを何度か繰り返しているうちに、いつのまにかバレてました(涙)。

1匹目をいきなりバラして暗雲が立ちこめる雰囲気!?どうやら、軽量の細いケーブルを使っていたのですが、これがダメなようです。なので、バッテリーに交換。あとは大丈夫でした。

次の流し、またまた同じように、コマセの帯を縦にして仕掛けと同調させるイメージでやりますと、またすぐにアタリ。こんどは電動リールもちゃんと動いて順調に上がってきます。

50センチほどの綺麗なマダイでした。揺れているので写真はなし。エアー抜きして目印を付けてイケスに放り込みます。

今回はエアー抜きわりとうまく行きました。エアー抜きを肛門あたりから差し込む角度が悪かったようです。やや前向きに2センチほど入れるだけで、あとは魚体を軽く押すとシューと少しずつ抜けて行きました。押さなくても抜ける時も。

いままで、エアー抜きをやや後ろ向きに指してしまっていたので、それが悪かったようです。それで抜けない時には奥深く突き刺してかきまわしていましので・・・

とくは丸の船長には「刺し殺してる」と言われましたし(汗)。

(参考)「あじよし塾長」さん【エア抜き講座】

メバルで解説されてますが、基本的に浮き袋の位置はだいたい共通のようで、とても参考になりました。おかげで、ほとんど成功でした。2、3匹抜けが悪くて傾いて泳いでいたやつもいましたが、どうにか最後まで生きてましたし。

そういえば、仲政丸の船長にも肛門から指す角度を教えてもらっていたのですが、忘れてました(汗)。自信がないからごちゃごちゃやって、だんだん変になるパターンでした。

さて、6時前に1匹、6時過ぎに2匹目を釣ってから、船中でも入れ食いは止まってしまい、ぽつぽつの食いに。

その後、針を一回り小さいのにして、あとはコマセの出し方をあれこれと変えてみることに。

まずは指示ダナキープでそこで時々コマセを出すパターン。船がかなり揺れるので、置き竿で勝手にエサが出ます。

しかし、これだと当たらず、残念。これであたってくれたら楽なのですがダメだったので、あとはずっと手持ちでやることに。キーパーに置くと揺れた時に勝手にコマセが出てしまいますので、自分の出したいように出せません。

それより、コマセの帯を縦長にするイメージで、しかしエサはちょろちょろ出る感じくらいでやりますと、そこからアタリが出だしました。しばらく待ってアタリなければまた底を取り直して同じことをするとアタリが出て、一流しにかならず1匹釣れるようになりました。

全体ではそれほど釣れていませんが、4ー5回の流し連続で私だけ毎回かなずヒットして釣れましたので、ここで数が伸びました。途中で数がわからなくなりましたが、8時くらいにはツ抜けしたと思います。しかも良型が多いです。

今回は、釣りの途中の写真があまりないので、帰宅後に一部を撮影。8匹ほど配った後なので、残ったやつです。

イメージ 9

8時半くらいから、そのパターンでは釣れなくなり、また色々と試しますが、ここからはこれと言うパターンがなくて、2流しに1匹釣れるくらいの感じでした。

9時過ぎになり、まだ一流し中に誰かは釣れていますが、そろそろ水深85mの三級ポイントに行こうかどうしようかと船長が言われていたのでおまかせで。

10分ほどかけて少し北上した水深85mのポイントへ。

イメージ 6

着いて最初の一流し目、すぐに1匹釣れましたが、こぶりでした。

ここまで釣れるのはどれも型が良いのばかりで、50センチ以下のほうが少なかったですから、前回より良型でした。でもここのポイントは少し型が落ちるようです。

イケスをのぞくと、横向いて泳いで弱っているのが何匹かいましたので、釣りのペースは落として魚の処理をすることに。

船長の魚も入ってますので、自分の目印がついたやつだけすくって神経締めします。神経締めも前回はなぜか頭からやるので失敗が多かったですが、穴を開ける場所が下すぎたようで、目と目の間に穴を開けてそこからやるとうまく行きました。

しかし、処理して置き竿にしていても釣れませんで、仕掛けを上げると2本の針のどちらもエサが完全に取られていました。

10時20分になり最後の流しと言うことで、魚の処理は8匹やったところで一旦やめにして、最後の流しは集中してやりましたが、アタリなく終了。あとは帰港までに処理しました。帰りは追い風だからか、あまり揺れずになんとかなりました。

(結果)マダイ40〜60センチを13匹

イメージ 7

1匹だけ40センチくらいのがありましたが、あとは60センチ近い良型が多かったです。数は13匹と前回と同じですが、前回はここまでクーラーいっぱいにならなかったので、今回のほうが良型揃いでした。

イメージ 8

結構揺れて、巻き上げ時も釣りの時も竿をずっと手持ちだったので寄港後はヘトヘトになりましたが、心地よい疲れでよく遊ばせてもらいました。

去年までは私だけ釣れなかったりとかもあり苦労した年でしたが、今シーズンは不思議と3回とも良い釣果に恵まれて、ありがたいことです。

前回は竿頭ではなかったですが、今回は他の方々6〜8匹の中、13匹と頭一つ抜けましたので、あまりしませんが、今回だけ自慢(?)。いつも謙虚に書くことをこころがけてますが、たまには良いでしょう。

私が一番辛いのは、他の人が釣れて自分だけ釣れないパターンで、そうならなかっただけでもラッキーなのですが、良型マダイがよく釣れて大満足でした。

さて、好調はいつまで続くのか・・・釣果は平均化して行くと言うのが私の仮説なので、いずれ何かしらの釣りで撃沈も出てくるのは間違い無いと思いますが(汗)。

この記事に

和歌山、春のタイ祭り

マダイ釣り@とくは丸(和歌山・椿)
2017年4月9日(日)

天候:曇り時々小雨  風向:南西→西→北西、弱い→5m以上  潮:上り潮  水温:18.3度  波高:1m→1.5m 気温18℃
潮(田辺)〜中潮(大潮の前日)
イメージ 1

(結果)
イメージ 2



さて、中紀の平アジ祭りも気になる中・・・今回は、「ヤマザキ、春のパン祭り」ならぬ、「和歌山、春のタイ祭り」に参加すべく、前回に引き続いて椿の「とくは丸」に行って参りました。

先週は、私は結構釣れたものの、中にはお通夜のような方も一部おられたりで、ちょっと祭りにはならなかったので、今回は祭りに期待しての出撃です。ただし、予報では天気も悪そうですし、8時か9時くらいから強風が吹いてくるようなので、途中で強制終了の可能性もありますから、朝一勝負!?

4時50分頃に見草港に到着、すでに皆さん乗船されていましたので私のあわてて準備。今回は、お客さんとスタッフの中間の方?船長のお友達でしょうか、某SNSで船長によくいじられているKさんと言う釣り名人の方がおられました。

イメージ 3

とくは丸の電源がすばらしく立派なのがついていたのですが、これはKさんのお仕事らしいです。ちょっと写真わかりにくいですが。

イメージ 4

あと、おとなりはNさんと言う方で、この方とも何度かお目にかかったことがあります。私は釣りの時はあまりしゃべりませんが、見たことある人がいると何だか安心です。釣り座は前回と同じ場所でした。

5時過ぎに出船、ポイントには5時半頃に到着、風は弱く、波はたいしたころありませんので一安心。あとはこの状態がいつまで持ってくれるかです。

しかし、海面が泥水の色で、また二枚潮のようです。これはヤバイ!?

イメージ 5

水深98mくらいで第一投。安心したことに、仕掛けがまっすぐになりました。船長の名人芸で対応可能な程度の二枚潮だったようです。

天気が悪くて暗いのと、景色もよく見えないので、船がどっち向きに流れているのかさっぱりわからず。船長に聞いたら上り潮だそうなので、船首は西を向いているように思えたので、右舷向きに流れていたのかな!?わかりません。

着底後、指示ダナである底から7mにしてしばらくすると魚探に反応が出てきたようで、すると船中で一斉にみなの竿が突っ込みました。私もヒットです。

最初なのでやや慎重に巻き上げ、上がってきたのは50センチほどの綺麗なマダイです。たぶんメスでしょうか!?

イメージ 6

イケスに使えそうな箱がありましたので、借りて活かしてみることに。しかし、エア抜きが難しく、半分くらいしかちゃんと活かりませんでしたが・・・。ここでもとくは丸の船長のスゴ腕を見ました。胸びれの上あたりのウロコをめくって注射針みたいのを刺してエア抜きしてくれました。一瞬の早業です。

前に、尻尾を切らずに尻尾から神経締めもしてくれたことありますが、あれもびっくりしましたが、これもびっくり。私はなんとか頭から神経締めはできますが、アジ・イサギ・グレでは成功率99%になりましたが、マダイの場合はまだ3分の1は頭からではうまく行きません。

それはさておき、船中でほとんどの人が釣り上げて、すぐに次の流し、ポイントに入るとまたまた入れ食いで次々に竿が曲がって行きます。私にもヒット、今度のはかなり大きいようで、かなりの引きです。

しかし、70mくらいでフッと軽くなりました・・・ハリス切れかと思いましたが、針外れでした。

実は、仕掛けを用意する時に、朝一高活性様の針大きめ仕掛け(10号)と、少し渋くなった時用に針やや小さめ(8号)仕掛けを二つ用意していて、10号のほうから使ったつもりが、間違って8号のほうを使っていて、一投目の前にオキアミを刺す時に気づいたのですが、面倒だからそのままにしていました・・・それが敗因かもしれず、ちょっと後悔。

すぐに仕掛けを取り替えて次の流し・・・しかし、先ほどより入れ食いでもなく私には当たり無し。おとなりのNさんは釣ってます。

なんと、入れ食いは二流しで終了?まあでもその後もぽつぽつとは釣れています。お隣のNさんは入れるとすぐにアタリがあり、すべての流しでヒットさせています。途中の針ハズレはあるようですが。

私は、なかなかアタリが出ず、いろいろ試して、エサを出さな過ぎかなと思いました。出し過ぎるとダメですが、ちょっと絞りすぎになっていたようで、ぱらぱらとは出るようにしたらそこからは、入れ食いとまでは行きませんが、一流しの最後までにはアタリが出るようになりました。

6時すぎに2枚目。

イメージ 7

6時20分に3枚目

イメージ 8

7時半には5枚目

イメージ 9

あと、仕掛け回収の巻き上げ時にヒットしたりとかあり、今回はいつもよりは誘ったほうが良いみたいです。Nさんの竿も固めなので、自然と誘いになっていたのかも!?

いつも(と言ってもそんなに経験あるわけではありませんが)だと、エサの放出も竿の動きもどちらも抑えるほうが良かった気がしますが、今回に関しては逆のような感じでした。

アタリが出ないと、再度底取りをして、エサを出しながら上げてくると即アタリが出たりするパターンが多かったです。

そんな感じで、少しヒットパターンが掴めた!?着実に数がのびて、しかも、幸いなことにバラしは朝一の1回だけであとはすべて釣り上げることができたので、8時半に9匹になりました。

イメージ 10

でもおとなりのNさんは本当に入れ食いで、仕掛けを投入するとすぐにアタリを出されています。何が違うのか!?

カゴが違うので、同じカゴに換えて試してみようと思ったら、誰も釣れなくなってきたのでポイント移動に。

イメージ 11

少し北上して、水深85mくらいのところへ。前回にメインでやった、「三級ポイント(笑)」です。

到着して釣り開始。今度は前向きに流れているような感じでしたが、はっきりはわかりません。流れるスピードはこちらのほうが遅いように思いました。

船を流し始めて、たしかしばらく誰も当たらなかったように記憶しています。風向きが変わったのか、スパンカーを再調整しているうちにポイントから遠のいて、そのまま流してしばらくするともうすぐポイントと言うあたりで竿先にアタリがあり、ヒット。

これが釣れたらツ抜け達成ですので、大きく無いのはわかっていましたが慎重にやりとりして、無事に上がってきたのは少しこぶりですが、綺麗なメスでした。

イメージ 12

時刻は9時前で、風が強まる前に帰りたいので、集中して頑張ります。船長も、スマホで風がどこまで近づいているかチェックしています。9時半頃には冷たい北西風が少し出てきました。

イメージ 13

その後、釣れない流しが出てきましたのでまた一から色々試しますと、こちらのポイントではエサの出具合は少なめでタナ固定でちょろちょろ出して、底から5mでやると、最後の3回の流しで毎回ヒット。

イメージ 14

数を13匹まで伸ばしたところで10時になり終了となりました。最後のマダイは目玉飛び出してました(笑)。

ちょっと風は吹き出してましたが予報ほどでなく、予報より遅かったので10時までできたし、波もそれほど高くならずで助かりました。

(結果)マダイ40〜60センチを13枚

イメージ 15

全体でも5人で45枚となかなか良い日に当たりました。ただ、入れ食いと言うほどでもなかったので、前夜祭くらいかな?と言う釣れ具合だったようで良い時はもっとすごいみたいですが、私としてはこんだけ釣れたらお祭りレベルで、かなり楽しめました。竿頭はたぶんお隣のNさんだったと思いますが、その次くらいにはよく釣れたと思うので大満足です。

なんとなく、エサの出し方や誘いなど試して正解に近づいたから結果が出たような気がするので、釣った感がありますが、でも偶然の要因のおかげかもしれませんので(船の流れ方・他の人の釣り方など)、あと1回行ってみて、それでもまあまあ釣れたら流し釣りのマダイ釣りもやり方が少しわかったかなと思うことにしたいと思います。

10時半には港を出て、まだ道も空いてましたし、帰ってからも楽でした。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事