ここから本文です
カーク船長の釣り日記
大阪発→大阪湾・兵庫・和歌山・三重・福井等の船釣りが中心です。文章がダラダラ長いので、お暇な時にでもどうぞ。

最近の気持ち(笑)

釣りに行けてない間に、いろいろ釣れてきてますねー。イサギは行けなかったし、めくりアジも行きたかったと思っていたら、明石のタコが釣れ出して、アカイカもぼちぼち釣れ始め、と思ったら串本でカツオが爆釣!

そうこうしているうちに釣れなくなるのでは、と思うとやきもきします。


その上、仕事のストレスでこんな感じです。



もうしばらくの辛抱かな。



この記事に

6月8日(木)義母が亡くなりましたので、四十九日が過ぎる忌明けまで釣りには行けなくなっております・・・

これまでのできごとを、食ったものを中心に振り返ってみたいと思います。

妻(YUKA)の母上は、5年前に間質性肺炎と診断され、原因不明のタイプで良くなることがない病気なので、徐々に進行しており、一昨年にステロイドパルス療法をやって進行がゆっくりになったものの、止まることがなく徐々に悪化してましたので、ゴールデンウィーク明けから6月初旬まで検査入院となっていました。

ぼちぼち退院の予定日も近づいてきた5月29日(月)、ベッドからうっかり落ちて尻餅をついたのがきっかけ!?かどうかわかりませんが、間質性肺炎の急性増悪になってしまい、1日単位でどんどん悪化が進む状態になってしまいました。

6月1日(木) まだ母上もYUKAも元気でしたので、普通に帰宅して夕食。

イサギのフリッター
イメージ 1

いつもアジでやってもらってましたが、イサギでやったところ、ものすごい美味!イサギが肉厚で美味しいからでしょう。今度からイサギでも定番に。

2日(金) 仕事帰りに義母のお見舞いに
イメージ 2

ずいぶん悪くなってましたが、まだ生死がどうのと言うレベルではありませんでした。

3日(土)私は午前中に出勤して午後から母上の家へ直行して、家の掃除など。あと、庭で植えさせてもらっている野菜も確認・・・

キュウリ
イメージ 3


トマト
イメージ 4


ズッキーニ
イメージ 5


その日の晩は鰻の蒲焼き
イメージ 6

母上の家の冷凍庫に鰻蒲焼きが入っていたので、いただくことに。あたためは電子レンジでやるのではなく、フライパンの上で蒲焼きのタレにすこし酒を入れて蒲焼きと一緒に煮ることであたためて、ご飯の上に乗せるとものすごく美味しくなります。何かのテレビで見た情報ですが、確かでした。

4日(日) アジの干物茶漬け
イメージ 7

自宅で昼飯に。アジの干物がすこし塩辛かったので、焼いてほぐしてお茶漬けに。これはイケます。午後から病院へ。

5日(月) イサギ干物
イメージ 8

ちょっと干しすぎだったかも。しかも、こちらはアジの干物と逆に塩味が足りない・・・

6日 病院の近くにあるカウボーイ家族へ

イメージ 9

イメージ 10

堺市北花田店ですが、今月いっぱいで閉店だそうです。

この日ぐらいから母上の容態がかなり悪くなり、YUKAは1日つきっきりに。この食事の後も彼女だけ病院へ泊まりで看病に・・・


7日(水) アオリイカとチンゲンサイの中華風炒め
イメージ 11

これは何と!私が作りました(料理はほぼ初!?)。

1日中母上の看病をしているYUKAは夕方から晩までは姉上と交代して夕食と風呂のために一旦帰宅したのですが、またすぐ病院にもどらないといけませんから、あと、いただいた野菜が大量にあるのでなんとかしなければと思って、私が手料理を作ってYUKAの帰宅を待って一緒に食べました。見た目はすこし悪いですが、味はかなりのものでした。素材に助けられたか!?

食べ終わって風呂に入った後、YUKAを病院まで送って行き、姉上と交代でまたYUKAが泊まりです。私が母上に会ったのはこの時が最後でした。私がお見舞いに行ったときは毎回たまたまわりと元気な時ばかりだったので、まさか翌日に亡くなるとは思っていませんでしたが・・・

イメージ 12

YUKAを病院に残して私は帰宅。翌日の昼前に亡くなったとのメールをもらっていたのに気づかずに仕事をしていました。この日の晩にはもう母上は帰宅していたので、私も仕事が終わってからそちらへ・・・。実は、当初の退院予定日がこの日でした。残念なことに、その予定日に無言の帰宅となってしまいました。

友引に葬式するのは縁起が悪いからとのことで、1日ずらして10日にお通夜、11日に告別式となりました。

9日(金) 翌日のお通夜と告別式にそなえて、会葬御礼を用意するために夕方頃に天王寺の近鉄百貨店へ・・・

その帰りに夕食を食べて帰ろうとなり、母上や父上ともよく来た「桃谷樓」の餃子が食べたいとなって行くことに・・・

イメージ 13

カニ・レタスチャーハン
イメージ 14

鶏の唐揚げ
イメージ 15

冷麺
イメージ 16

特大餃子
イメージ 17

この時はまだ不思議とYUKAも私も食欲があり、がっつり食いました。おかげで体力回復したのか、翌日からしばらく頑張れました。

10日 散髪後に「ラーメン而今」へ

イメージ 18

お通夜の日の午前中、私は家で仕事があったので、それをすませてからいつもの理髪店で散髪してから、その近くにある美味しいラーメン店で1人で昼食。その後、まだ母上がおられる実家へと向かいました。

その後、午後3時に母上とみんなとで家を出発して堺市の斎場へ・・・

イメージ 19

友達の多い母上でしたので、通夜葬儀ともに70〜80ほど用意されていた座席がほぼ埋まっていました。見事におば(あ)さんばかりでしたが・・・。

通夜の晩の夕食・・・

イメージ 20

身内の一部だけで親族控え室で夕食を・・・

11日(日) 11時から告別式、その後に荼毘に付されました。YUKAにはこの時が1番辛かったようで、泣き崩れておりました。もう母上に会うことができなくなりますので。

その直後に昼食です。

イメージ 21

あまり腹は減ってませんでしたが、全部食えました。

その後、お骨を拾って帰宅し、夕方には残った一部の身内で夕食に・・・

近所の「かごの屋」へ・・・
イメージ 22

私は串カツと・・・

イメージ 23

揚げすぎてカチカチでダメ!

サラダうどん
イメージ 24


13日(火)庭に植えさせてもらっていた野菜をようやくすこし収穫・・・

イメージ 25

こんな感じで、私のほうはもう落ち着きましたが、YUKAはまだ悲しみも癒えておらず、仕事も忙しくなり、手続きもいろいろやること山積みのようでしばらく大変そうです。

と言うことで、釣りもこのYahooブログのほうも忌明けの7月いっぱいまでお休みの予定です。もしくは、釣りと関係無いネタをアップするかも!?あと、みなさんのところにはコメントしにお邪魔するかもしれません。

さて、忌明けがいつかは宗派などによるみたいですが、標準的なのは四十九日までのようです。その忌中にしてはいけないとされていることを念のため列挙しておきますと・・・

神社関連(参拝、お宮参り、初詣、厄除け、厄払い、お祭りなど)
旅行、行楽、遊興、宴会など
家の新築、増・改築、車の購入など大きな買い物
慶事関連(結婚式・祝賀会・長寿祝・七五三・初節句など)

まあ、あまり関係なさそうなものばかりです。旅行、行楽、遊興は気を付けようとは思いますが。あとは、殺生はダメだから釣りもダメとよく聞きますが、「忌中にしてはいけないこと」でざっと調べた感じでは出てきませんでしたが、「忌中」と「殺生」とかで検索すると出てきました。

仏教では亡くなってから49日は、故人が現世と冥土をさまよっていると云われており、その裁きに支障を来たすような殺生は控えた方が良いとされているからだそうですが・・・

元々SFやオカルトの大好きな私ですが、現実には霊魂の存在も超能力もUFOも信じてませんので、さすがにそんな理由で釣行しないと思うのは私には無理ですが・・・。

まあ、そうではなく、親族が亡くなってそれほど間がない期間中にうかれて旅行したり釣りしたりするのはマナーとしてよろしくないと考えれば、従うべきでしょうね。そして、その期間の区切りとしてどこかで線引きしないといけませんから、古来より言われている忌中を採用すると言うことで良いかと思います。

とか、そんなこと言わなくても、どっちみち当分の間は釣行したり遊び歩いたりする気分などにはなりませんが。実家の片付けなど週末にやることが山積みすぎますし・・・

では皆様、釣行記は夏までお待ち下さい(?)コメント欄はなしにさせていただきます。

この記事に

イサギ釣り@仲政丸(和歌山・美浜)
2017年5月28日(日)
天候:晴れ  風向:北5m前後  潮:下り潮  水温:18度  波高:ベタ凪
気温15→21℃ 日出4:51 正中11:57 日没19:03
中潮初日(大→小)
潮@三尾
イメージ 1


(結果)イサギ23匹
イメージ 2



さて、またまた中紀の良型イサギ狙いに行ってきました。しかし、先週からさっぱり良くなってません。一匹狼さんと予約してまして、港には3時半くらいに到着。しばらくして乗船開始で、私が予約1番で左トモ、一匹狼さんが2番で右トモに入りました。

イメージ 3

4時前に出船、ポイントには5時前に到着。先週に来たポイントと同じく60mくらいのところです。すぐ千代丸も来まして、その後にビッグ秀丸も来ました。土日は船も多いので難しいのかもしれません。先週も3隻いました。

イメージ 4

今回の指示ダナはとりあえず45〜50mくらいとのことでした。釣り開始、ひさびさに違うリールを持ってきたのですが、カウンターが滅茶苦茶に狂っていて、着底すると68mと表示されます。

とりあえず底から8mでコマセを出して10mのところで待ってますが何もなし。最近は左腕が痛いことが多くなってきたので、この日はなるべく置き竿でやろうと思ってましたが、どうもアタリがかなり小さいようで、竿先に集中していないとダメで、アタリがあった時にアワセないとフッキングしません。

アミエビは食うけどもサビキはすぐにはき出すのかもしれません。なので、手持ちでアタリがあったらあわせて釣ってました。でも、それをやりだすと順調に釣れて、釣り開始から1時間ほど経った6時くらいでどうにか10匹ほど、だんだんとアタリがなくなってきまして、7時半に1匹釣ってからは潮も止まってアタリもなくなりました。

その後、だんだんと上りに変わってきたのか?ゆるいですが、かすかに右舷の前向きに流れている感じですが、この流れになると船中でたぶん誰のもアタリなし。仕掛けの投入時の海面近くではトモ向きにラインが出て行きますが、着底してしばらくするとラインがわずかに手前側に戻ってきて仕掛けが落ち着きますので、二枚潮なのかも。

その後、7時半から9時半までの2時間はまったくアタリなしで超厳しい時間が続きます。まわりも何も無し。船長もかなり困っています。

先週はアタリの少ない時間帯でもまだイサギの気配は感じられたのですが、この日のこの時間帯は、イサギの気配すら感じられませんでした。今回探見丸は持ってきませんでしたが、船室の親機を除くと常に50m前後に反応が出ていましたが、何と言うか、釣りしていてイサギがエサに寄ってきている気配が感じられないのです。仕掛けも5種類くらい試しましたが、どれも効果ありませんでした。

千代丸はずっとアンカーやり直しもせず動かずにいましたので、もしかしたら千代丸では釣れていたのかもしれませんが、だとすると、ピンポイントでしか釣れない厳しい日だったのではないかと思います。そういう状況で船が3隻ですから、なおさら厳しかったのかも!?

その後、だんだんと下り潮が速くなってきた感じですが、底は動いていません。

10時頃だったか、アンカーひっぱったまま少し移動。たぶん沈船かと思います。指示ダナ同じでやりますと、また下り潮にもどっており、船の後ろに流れますが、上潮だけ動いてますが、底はほとんど動いておらず、やや右舷向きに流れている感じです。でも二枚潮はかなりマシになったようで、下り潮でトモに向かってやや右寄りに流れています。なので、私の釣り座でも釣れても良さそうですが、右舷全体ではぽつぽつ釣れ出したものの、左舷は誰も釣れず。

たぶん沈船が船の右側にあるのでしょうか?しばらくすると、ようやく私にも当たりがあり、わりと良い型のイサギがようやく釣れました。一匹狼さんは私よりアタリ多いようでよく釣ってますが、型は少し小さめのようです。やはり右舷のほうが魚礁に近いのでしょうか!?

しばらくすると釣れなくなったので、船の位置をやりかえ。1投目、30センチ弱のマアジが釣れました。今回は小さめのアジは私には釣れず、回りではアジも釣れていたようですが、私にはこの1匹だけです。

その後、一匹狼さんはイサギを入れ食いで釣ってますが、私はアタリもないまま欲求不満で11時になり終了です。

(結果)イサギ25〜36センチを23匹、マアジ28センチを1匹

イメージ 5

序盤と終盤はトモ側がわりと良かったようなので、なんとかみやげは釣れましたが、一桁釣果の方もおられたようなので、何とも厳しい1日でした。かなり上手な方でも釣り座が悪いと一桁釣果だったようですので。

みやげとしては十分なだけなんとか釣れましたが、やはりこの時期の良型入れ食いを堪能したいので、また行こうとは思いますが、来月の中旬くらいになればさすがに釣れるでしょうから、次はその頃にしたいと思います。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事