ここから本文です
カーク船長の釣り日記
大阪発→大阪湾・兵庫・和歌山・三重・福井等の船釣りが中心です。文章がダラダラ長いので、お暇な時にでもどうぞ。

書庫全体表示

電動リールのお手入れ

平日に休んで釣行したので日曜は時間ができたから、ひさしぶりに釣り道具を整理して、ついでに電動リールも手入れすることにした。

いつも電動リールは使用後に水洗いして、たまに注油口からオイルを注入するくらいだったが、今回はもうちょっとだけやってみた。

いつもは、ここに注油するだけ。

イメージ 1


ちなみにフォースマスター1000にはこの注油口は無い。やらなくて良いそうだ。シマノの電動リールは機種によって手入れのしかたが違うようで、
に図入りでどこにオイルでどこにグリスかなどがのっている。

その他、ダイワのは
にのっていた以下の図を参考にして必要箇所にグリスも塗布。

イメージ 2

イメージ 3


以下の部分(レベルワインド部)に少量のグリスを塗布。

イメージ 4

電源コネクターは綿棒で掃除してからグリスを注油。

イメージ 5

他に、クラッチレバー可動部にも少量のグリスを塗布。

で、これで終われば良かったのだが、何を間違えたか、ハンドルノブの付け根とドラグ部分にもオイルを吹き付けてしまった。あわてて水で洗い流したが、ちゃんと流せているかどうか・・・ちょっと心配です。

ドラグ部分への注油は厳禁です。

ハンドルノブにはその後にグリスを少量だけ塗布したが、ドラグは大丈夫かなー。とりあえず少ししめて糸をひっぱってみた感じでは大丈夫そうだったが・・・

まあ、またそのうち持っている電動リールを順番にメーカーの点検に出すことにしよう。

ちなみに、いろんなページを見ていると、電動リールを月に1−2回の頻度で使用するならば、半年に1回の点検、年に1回のメンテナンスをメーカーに出してやってもらえとありました。

ダイワの場合だと点検が1回3,000円、メンテナンスはコースにもよるが、だいたい4,000円とのこと。

年に一回はおまかせコースでメンテナンスに出すことにしようかな。しかし、結構なお金がかかりそう・・・

ついでにバッテリーのほうも掃除してみた。

よく見ると電極が結構さびてきていたので、錆クリーナーで錆を除去。

イメージ 6

こちらの鉛バッテリーのほうは深刻で、緑色に変色していてどうにもならなかった。

イメージ 7

もしかして、電極がさびていたからバッテリーがブラックアウトしたのだろうか!?

去年の秋くらいから、やたらと電動リールの電源が落ちることが頻発。とくに朝一に多くて釣りに支障が出たりもした。

バッテリーを変えてもおこるから、リールが悪いのかと思っていたが、どちらのバッテリーとも電極がさびていたからかもしれない。

新しく容量の大きめのリチウムイオンバッテリーを買ってそれを使うようになってからは一度も不調になっていないし。当然のことながら、新しいから電極はさびていない。

まあ夏で暖かいからかと思っていたが、私の場合の去年のリールの不調はもしかしたら、バッテリーの電極の錆のせいだったかもしれない。

鉛バッテリーのほうはもうずいぶん使ったし、そろそろ寿命だろうか。

リチウムバッテリーのほうは電極も多少はきれいになったからまだ使えるかな。でも何度か完全に放電させてしまったことがあるので、かなり性能が落ちているのは間違い無い。電池の持ちが悪くなっているし。

まあ、バッテリーも消耗品だからそう考えるとしょうがないかなー。鉛バッテリーはともかく、リチウムバッテリーは高いので・・・

この記事に

  • 顔アイコン

    こんにちは
    リールのお手入れは最近していないので
    カーク船長さんのブログでやる気になりました。 ダイワのシーボーグz500ftは只今、入院中のため残りのリールをお手入れします。 いつも分かりやすい説明ありがとうございます。 削除

    [ テンパパ ]

    2013/9/5(木) 午後 2:54

    返信する
  • 顔アイコン

    テンパパさん、こんばんは

    高いものですからきちんとメンテして長く使いたいですね。

    カーク船長

    2013/9/5(木) 午後 7:04

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事