木力館のおやじ日記

木の博物館 木力館(きりょくかん)の館長「おやじ」が語る、木についてのあれこれなど。

木力館(木の博物館)あれこれ

すべて表示

某ハウスメーカーの方がお客様を連れて木力館を見学されました

 12月も中盤、一年もあっという間ですね。木力館は来年に向けて、早くも動き始めております。イベント(出展含む)等、来年も木力館にご期待頂きますようお願い申し上げます。


 さて、先日、某ハウスメーカーの方がお客様を連れて木力館に見学にお見えになりました。館長の私(材木屋のおやじ)は皆様をご案内し、木と自然環境、木の家づくりのお話を披露しました。

イメージ 1
            木材のサンプルを前に、木と自然環境、木の家づくりのお話を披露しました。


 今回の見学では、館長の私(材木屋のおやじ)は、森と木の大切さや、日本の森林の面積はどのくらい? 都道府県別の森林面積の比率はどのくらい? など、森林と自然のお話しをはじめとして、何故無垢材(自然乾燥の木材)が健康に良いのか、現代の一般的な家づくりのデメリット、本物の木の家づくりをした場合のメリット、地域材(埼玉県なら埼玉県産材)を使う事のメリットなど、分かり易くお話ししました。

 お話しの中では、お客様に色々と問いかけました。例えば「木の割れはどう思いますか?」と。お客様は「割れてそのまま(木が)壊れてしまうのではないか」と答えられましたが、木の事を知らないと、木の乾燥割れ(干割れ)がどういう意味を持ち、何故割れるかと言う事も分からないのです。結果、イメージや先入観が独り歩きして木が敬遠されてしまうと言う悪循環に陥ります。
 木(自然乾燥の木材)の割れは欠点ではない、むしろ割れた方が木が引き締まって強度的にも強くなる、と言う事をお話しし、「嘘だと思うなら、古い神社やお寺、古民家等の梁や躯体をみてごらんなさい。皆割れている。そしてそれらの建物は長持ちしている」ともお話ししました。

 この他、ヒノキの香りのサンプルをお渡しし、本物のヒノキの香りを体感して貰いました。樹齢による香りの濃さの違いなど、木力館でしか体感出来ない事を皆様に体験して頂けたかと思います。
 お話の後は、奥の展示室を見学して頂きました。

 今回見学された皆様には、これから「木の家づくり」をする機会の中で「木力館の館長はあんな事を話していたな」と思い出して頂けばありがたいです。

 「百聞は一見に如かず」と申します通り、木の良さは五感で体感(目でじかに見て、現物を実際に触って肌触りを確かめ、香りを嗅いで……)してこそ、はじめて良さが分かります。皆様もぜひ、木力館で木の良さを体感・体験して頂ければと思います。


 木力館は毎日元気に開館、皆様のお越しをお待ちしております。本物の木を五感で体感できる、全国でも珍しい木の博物館です。家づくりやリフォーム・模様替え等に関する相談も無料で受け付けておりますので、ぜひお気軽にご来館ください。


.


みんなの更新記事