木力館のおやじ日記

木の博物館 木力館(きりょくかん)の館長「おやじ」が語る、木についてのあれこれなど。

木力館(木の博物館)あれこれ

すべて表示

神奈川県の材木関連の団体様が見学でご来館されました。

 6月も後半、関東地方でも梅雨の時期となりました。皆様いかがお過ごしですか。さいたま市内はここ数日暑かったり急に雨が降ったり梅雨寒だったりと、天気がかなり変わります。季節外れの風邪などひかぬようご注意を。

 さて、このたび、木力館に神奈川県の材木関連の団体「材友会」の皆様が見学でご来館されました。木力館館内の見学、館長の私(材木屋のおやじ)の話などを行いました。


イメージ 1
                          木力館館内を見学する皆達。

イメージ 2
                            館長の木の話の模様。


 今回お越し頂いたのはいずれも材木に関わる方々ですから、館長の私(材木屋のおやじ)が話をしても「釈迦に説法」と言った感じで恐縮でしたが、木力館の取り組みや現在の日本の材木業界や木造建築に関するお話など、さまざまな角度からお話しさせて頂きました。

 お話しの中で、館長の私(材木屋のおやじ)と同じ考えの方もいらっしゃいました。例えば「木は気候風土によって育まれる」と言う事です。木は気候風土によって育まれますから、木を使うなら、その地域でとれたものを使うのが良い(木に負担が掛からないので材として使っても長持ちする)、と言う考え方です。埼玉で木を使うならなら埼玉の木、神奈川なら神奈川の木、と言う訳です。こうした木材の「地産地消」も、今後はよりPRしていくべきと考えております。
 こうした考えが共有出来た事は、館長の私(材木屋のおやじ)にとっても有難い事で勇気づけられました。

 今後の皆様のご多幸とご発展をお祈りしつつ、帰りをお見送りしました。またご来館頂ければ幸いです。


 最後に、お知らせです。

 来週6月25日(日)、木力館にて6月講演会を開催いたします。テーマは「国産材の家づくり講座〜健康的なリフォーム術Q&A〜」と題して、リフォームにに関する皆様からの疑問、質問にお答えする「Q&A」形式で進行いたします。実例やサンプル材もご用意し、分かりやすく丁寧に解説する予定です。
 また今回は特別に、木力館が推奨する現場の構造見学会も併せて行います。完成してからでは見る事の出来ない、家の構造躯体(骨組み)を見る事が出来る貴重な機会です。こちらもぜひご注目ください。
 皆様、ぜひお気軽にお申し込みください。当日の飛び入り参加も大歓迎! 参加費は無料です。
 6月講演会についての詳細は木力館ホームページの案内をご覧下さい。


 木力館は毎日元気に開館、皆様のお越しをお待ちしております。本物の木を五感で体感できる、全国でも珍しい木の博物館です。家づくりやリフォームに関する相談も無料で受け付けておりますので、ぜひお気軽にご来館ください。


.


みんなの更新記事