木力館のおやじ日記

木の博物館 木力館(きりょくかん)の館長「おやじ」が語る、木についてのあれこれなど。

全体表示

[ リスト ]

 九州地方では梅雨入りしたそうですが、皆様いかがお過ごしですか。さいたま市も雨模様の日が最近多いですが、体調管理にはくれぐれもお気を付け下さい。

 さて今回は、先日5月22日(日)に行いました、木力館「春の祭典」についてお話し致します。

 毎年恒例となりました5月のイベントですが、今年は木力館開館5周年記念と言う事で、盛大に行いました。各種体験コーナーをはじめ、漆喰工作、木工教室、特別講演会、もちまきなど多彩な催しを準備しました。中でも東日本大震災チャリティーバザーは大盛況でした。

イメージ 1
           木工教室の模様を1枚。職人さんのサポートで安全、安心に作業を行います。

イメージ 2
       体験コーナーの模様を1枚。丸太切り体験。職人さんのサポートでどなたでもできます。

イメージ 3
                 小屋組の1階部分に設けた、無垢の積み木コーナー。

イメージ 4
        もちまき。あいにくの天候となりましたので、皆さんが濡れない作業場にて行いました。

イメージ 5
    木力館内で行った特別講演会。東日本大震災の話題も出て、貴重な情報提供の場となりました。


 今回は午後からあいにくの空模様となり、一部イベントの変更など有りましたが、概ね全てのイベントを行う事ができました。特に、木工教室と、東日本大震災復興支援のチャリティーバザーについては、大反響を頂きました。

 さて、今回有料にて行いました木工教室、チャリティーバザー等の収益については、東日本大震災の復興支援目的とさせて頂きました。これらの収益は全額を埼玉新聞社を通じて日本赤十字社に寄付致します。この大切なお金は義援金として被災された方々に送られます。
 今回、これらの収益は合計で156,030円となりました。今回、木力館「春の祭典」にご来場頂き、木工教室やチャリティーバザーでお楽しみ頂いた皆様には深く感謝御礼申し上げます。また今回のバザー等に様々なご協力を頂きました関係各位には改めてこの場をお借りして感謝御礼申し上げます。
 木力館としては今回の「春の祭典」を東日本大震災の復興支援と位置づけ、ご来場頂いた皆様にたくさんお楽しみ頂きつつ、被災した方々への支援が出来れば……、と願っております。
 今後も、木力館として出来る事は何か、模索を続けながら様々な催しを企画していきますので、どうぞご期待下さい。


 木力館は毎日元気に開館、皆様のお越しをお待ちしております。ぜひお気軽にお越し頂き、本物の木の良さを体感して下さい。ぜひどうぞ。


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事