京都盲唖院・盲学校・視覚障害・点字の歴史

史料を掘りおこし、共有していきましょう! 感想・ご意見もお待ちします。

全体表示

[ リスト ]

  ★ 色覚検査については、現在、次のような取扱いになっています。
http://osaka-rodo.go.jp/jigyo/onegai/kosei/sikikaku.html

      色盲検査表と色盲の話
                       医学博士 石原 忍
                    (注.東京帝国大学名誉教授
                       中央盲人福祉協会副会長)

一、 色盲検査表について

 私の色盲検査表がどうして出来たものであるか、如何なる経路で汎く世界に用ひられる様になつたかといふ事について簡単に説明する。

 今から凡そ三十年前、私が大学院に在学中に私は一人の全色盲の患者を検査して、その成績を眼科学会雑誌に発表した事があつた。これは我国に於ける全色盲の最初の報告であつたのであるが、これ以来私は色盲に興味を有つやうになり、いろいろと色盲の事を調べて見た。或る日私は友人と共にスチルリング氏の仮性同色表を手本にして、日本文字の色盲検査表を作る練習をしてゐた。ところがその時の友人が偶然色盲でその人が何気なく、恐らく面白半分であつたのであらうが、一つ色盲者には読めるが健康者には読めない様な表を昨つて見ようかと言つて描いて見せて呉れた事があつた。それによつて私は一つの暗示を得て、なるほどそういふ表も出来るわけだ、さうすれば健康者と色盲者と異つた字を読む表も出来るわけだし、また工夫をすれば健康者にはたやすく読めるが色盲者や色弱者には容易に読めないやうな表も出来るわけだと思ひ、機会があれば実行して見ようと思つてゐた。それは色盲及色弱の大部分が赤緑色盲及び赤緑色弱であり、それ等の人の共通の性質として赤色と緑色との区別は多少とも不完全であるに係らず、青色と黄色とを区別する事は健康者と変りがない。即ち赤緑の色の差異に比較して青黄の色の差異が非常に明瞭に感じるといふ性質を有してゐることがわかつたので、その性質を色盲検査表に応用して、従来のものよりも進歩した感度のよい表を昨つて見ようといふ考えであつた。

 然しこの考を実行に移すためには労力と費用とを要するので、暫くの間そのまゝになつてゐた。

 その後五六年を経過して大正四年となつた。丁度その頃私は陸軍々医学校に勤務してをつたのであるが、幸にも陸軍省から徴兵検査用の色盲検査表を作ることを命ぜられた。そこで私は予て考へてゐた事を実行して見ようと思ひ、或る日曜日にスチルリング氏の表を参考として健康者と色盲者と異つた字を読むやうな表を作つた。その頃また幸にして軍医学校の眼科に色盲の軍医がゐたので、翌日その表をその軍医に見てもらつて試験したところ、大概私の予想通りの結果を得て、大いに自信を得たのであつた。それから毎日その色盲の軍医の補助によつて、色盲者に間違へ易いやうな幾組かの色彩を紙に塗つて置いて、次の日曜日にその色を使つて更に第二第三の表を描き、その色盲の軍医に見てもらい、斯様にして研究をつゞけて行つた。数ヶ月の後に漸く一通りの原稿が出来上つたのであるが、さてそれを印刷するのにどういふ大きさにすればよいか、どんな色合にすればよいかゞ分らなかつたので、差当り原稿と同じ大きさで同じ色合の物を印刷して徴兵検査の時に試験をしてもらい、その報告を参考にして現在の大きさのものに縮小し、色合も加減して色盲検査表の初版が出来上つたのである。  (→ 半田屋書店で印刷の経過など略)

 昭和四年に和蘭のアムステルダムで第十三回国際眼科学会が開かれ、そこで航空機操縦者、貨物自動車運転手、鉄道従業員及び会員の視機能検査標準の規定の統一に関する協議が行はれた際、専門委員のエンゲルギング氏はぢょうさの結果を報告して、色神の国際的検査法としてスチルリング氏仮性同色表、石原式色盲検査表及びナーゲル氏アノマロスコープを採用すべき事を提議した。その報告の中に石原表は既にスエーデン・ノールウェー及びニュージーランドで鉄道の検査規定中に採用されてゐるし、また日本でもその本国であるから多分採用されてゐるであらうと書かれてあつたが、当時我が国の鉄道では格別私の表を使ふといふ規定はなかつた様である。(中略)

 石原式欧文色盲検査表は大正六年に初版が出来てから、昭和七年の第六版に至るまでは表の数が十六表であつたが改版毎にその色彩や色の配置が改良されて漸次その性能が高まり、殊に昭和十一年に出来た第七版からは表の数が増加して三十二表となり、更にこの次に出来る第十版からはこれを三十八表にする予定である。(中略)

   五、色盲と職業

 汽車の運転手や汽船の船長が色盲であつた為に、信号を看過つて不測の災難を来したと云ふ実例は、我が国には余り無い様であるが、欧州には屡々ある。最も初めに此の事に注意したのは明治八年の事である。この年に瑞典で汽車が衝突して九人の死者が出来たのを、同国の生理学者ホルムグレーンが調査して、其の衝突の原因は、運転手が色盲であつて信号を看過つたのであると云ふことを発見した。夫れ以来人々が色盲の危険な事を知つて注意し始めた。ところが其の頃頻々として同様の事件が起つたのである。今其の二三を挙げると、同じく明治八年に英国ノーフォルクの近海に於て汽船が衝突した。之れは一方の船長が色盲で緑燈を赤燈と看誤つて舵をとつたからである。明治十年二月に西班牙の砲艦「マリネロ」が帆船に衝突して之れを沈没せしめたのは、帆船の船長が色盲で、砲艦の船燈を白色の港火と間違へたからである。又明治十二年にはギボラの港に於て帆船「テレサ」が沈没した。之れは船長が海岸の赤い港火を、建物の白い火と間違へたからである。

 斯くの如く色盲の為に鉄道や船舶の事故が頻々として発生した為に、明治九年瑞典国は率先して鉄道員及び船員に色盲検査を施行することの規定を設け、其の翌年に独逸国、明治十二年には墺地地国が之れに倣ひ、次で我国も亦之れを実施するに至つたのである。我が陸軍に於ても亦明治四十二年以来、色盲者を現役将校に採用しないことになつた。

 以上の外、色盲者に不適当であるべき職業は医師及び薬剤師である。此の二者は若し色盲の為に診断や調剤を誤つたならば、他人に危害を及ぼす様なことが無いとも限らぬ。此の意味に於て甚だ危険であるが、然し我が国のみならず欧州諸国に於ても未だ嘗て其の実例を聞かない。

 其の他すべて色を取扱ふ職業に色盲の適せないのは明らかである。即ち化学者、画家、染物業者、印刷業者、呉服業者などでる。これ等は他人に危害を及ぼすと云ふ様なことは余りないが、然し本人の為に非常な不利益であつて、若し色盲者がこれ等の職業を選んだとすれば、到底生存競争に打ち勝つことは困難である。(中略)

 故に何人も其の職業選択前に於て一度色盲検査を受ける必要がある。小学校の身体検査の時に之れを行へば最も適当である。此の検査方は極めて簡易である。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事