行脚記録

「野田サリー」のギター弾き。演るのも好きだが、観るのも好き。

早いな

気付けば今日で35歳になっていた。
アラサーでもアラフォーでもなくて、まさに30代半ば。

今年は例年に無くかなり穏やかな状態で誕生日を迎えられた気がする。
社会人になってからは初めてなんじゃないかな。

この3月というのは、どうしても異動が絡んだり、年度末に片付けようと
タスクが押し寄せたりなど、かなりバタバタとせわしない状況が
続くことも関係して、基本かなり良くない心持ちで過ごすことが多い。
ゆえに誕生月なのにどうしても好きになれない。

でも、今年はまぁバタバタはしてるんだけど、かなりマシなほうで、
良好な状態と言える。

そんな感じで今日はいつもながら声優さんのラジオ聴いたり、
劇場版シティーハンターの映画を観たり、
それなりに楽しく過ごせた。


こっからがまた大変だけど、どうにか乗り越えていければと思う。

この記事に

開く コメント(0)

少々遅めの投稿となってしまいましたが、
砂上の楼閣の「忘れもの」という曲のMVが公開されました。

■「忘れもの」 MVフルバージョン



■監督・撮影・編集
ミケラ[from 滑稽のドア / 野田サリー]

めちゃめちゃ良い感じの仕上がりになっております。
曲の世界観にもかなり合っている。
ミケラには相当な無茶を通して頂きました。
お願いした時点で本当に様々な作業が輻輳しているなか
3月7日という異例の早さで公開まで仕上げて頂き、本当に感謝です。

このMVに関するミケラのコメントは以下のブログを参照頂ければと。



そして、砂上の楼閣のホームページも公開されました。
ホームページについてはこちら。

■砂上の楼閣 ホームページ



日にちも近づいてきました3月23日のレコ発ライブも
詳細が確定しました!こちらもお楽しみ頂ければと思います。

==============================
2019/3/23(土) 横浜天王町studio olive
inner space lab presents
『第2回 研究発表会』(Supported by SPARTAN X)

Open 16:00 / Start 16:30
TICKET \1,500(with 1drink)

Act:
砂上の楼閣
k.k. house
umph
Band Sound Supremacy
天邪鬼
滑稽のドア
CAT POWDER

砂上の楼閣は19:30から出番予定!
==============================

イメージ 1

イメージ 2


お越し頂けましたら幸いです。
お待ちしております。

この記事に

開く コメント(0)

先日のライブ直後に公開となりましたが、
砂上の楼閣は初の音源をリリースします。
それに伴いまして、3/23(土)にレコ発ライブをやることとなりました!

まず音源は以下の通り。

『思案の海に埋もれ逝き君は僕だけ忘れ生く』

◆収録曲
[1]埋葬
[2]境界線
[3]忘れもの

イメージ 1

今回の音源は inner space lab というレーベルを運営する上田さんに
レコーディングエンジニアをお願いしました。
3曲入りではありますが、しっかりと聴き応えのある仕上がりになっております。
とても良い環境で録ることができ、ミックスにおいてもこちらの要求を
かなりたくさん応えてくださり、大変感謝しております。

ジャケットの絵については DANCE WITH ME, アナベル・リーのドラマー タカオくんに
描いて頂きました。こちらも素晴らしい絵を提供頂き、大変感謝です。


そして、3/23(土) 横浜天王町studio oliveにて行うレコ発ライブの詳細は以下です。

==================================
2019/3/23(土) 横浜天王町studio olive
inner space lab presents
『第2回 研究発表会』(Supported by SPARTAN X)

Open 16:00 / Start 16:30
TICKET \1,500(with 1drink)

Act:
砂上の楼閣
滑稽のドア
k.k.house
umph
Band Sound Supremacy
天邪鬼

and more..

砂上の楼閣は19:30から出番予定!
==================================

イメージ 2


お越し頂けましたら幸いです。
お待ちしております。

この記事に

開く コメント(0)

昨日は横浜天王町studio oliveにて砂上の楼閣ライブでした。
お越し頂きました皆様ありがとうございました。

セットリストは以下です。

[1]埋葬
[2]境界線
[3]忘れもの
[4]一秒前
[5]不条理な世界
[6]決別

個人的には直前まで色々緊張感を強く持った中でのステージ。
でも始まってしまったらそれが少しずつ解けていく感じがあった。
よくあることではあるが、今回はそれがはっきり見えたような気がする。


この日はとても幅が広いメンツだった。
トウキョウタニシメモリーズはポップな楽曲のなかで、
リズム隊がしっかり牽引していっている印象が強かった。
はなまるは歌が強固だなと感じた。ポップなところからダークなところまで
なかなか幅広いところまでいけそうな印象。
酔狂はゴリゴリで押し通すのかと思いきや最後は一歩引いたところを
見せていて、こういう一面もあるのだなと感じた。
BAKINGPOWDERはしっかりと安定感があって、聴き応えがあるな〜と感じた。
bayside-yoshinoは今回のイベントの雰囲気を程よく緩めていくように
締めくくってくれたように感じた。

写真をいくつか(きむさんのところから拝借、いつもありがとうございます)。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4



これからもまた精進。

この記事に

開く コメント(0)

さて、ときには砂上の楼閣についても。

砂上の楼閣は音源制作中で、レコーディングは年始めに録り終わり、
現在は inner space lab のウエダさんにてミックスをお願いし、
色々とやり取りしている最中です。かなり良い感じです。

そんななか何気に次回のライブが迫っております。
こちらのほうもどうぞ良しなに。
========================================
2019/2/10(日) 横浜天王町studio olive
『SPARTAN X8』
オープン15:30/スタート16:00
\1,000(1ドリンク付)

Act:
砂上の楼閣
BAKINGPOWDER
酔狂
はなまる
トウキョウタニシメモリーズ

Closing Act:
bayside-yoshino
(slugger machine)
========================================
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事