木曽チャリ!ブログ

『住んでるだけで、山岳賞〜ヽ(^。^)ノ』

全体表示

[ リスト ]

…今回の教訓は、「アスリートの甘言に騙されるな!」

okuさん、「LSDって、そんなきついもんでしたっけ!?」
って、まさに、そこ!、そのなんですよ、問題はっ!!

な〜にが、「今回は、川合さんに楽に走れるLDSを伝授します」ですか!。
最大心拍数が183なんつ〜走りの、どこがLSDじゃ〜い!、ヽ(`Д´)ノ

まずは、地図を見て貰いましょう。これ↓
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=1cbc3e7f18f9814aa76a5ce63505e244
正直、どこ走ったんだか、イマイチ解ってないので、
ところどこデタラメなルートも入ってますけど、
概ね、こんな感じです。

出だしは好調でした。
イナーメ木曽ジャージで、ノリノリないっしーさんと、私とコーチ、
3名でのスタートです。

(私もいっしーさんい倣って、イナーメ・ジャージを試したんですけど、
 パンツは余裕でしたが、ジャージがパッツンパッツンで無理でした…)

ちょっと風が冷たかったんですけど、天気も良くて、
病院へ入る交差点の手前から、左へ上がる“栗いが坂”で、
「川合さん、体を温めるなら、ここをダッシュするといいですよ」
なんつって、コーチに煽られても、
「よっしゃ、やったら〜っ!」とダンシングで駆け上がる元気もあったんです。

で、右岸道路を中心に、下り基調をのんびりツーリングです。
心拍数にして、120はおろか、110にも満たないような、
そんな一人では経験したことがない、ダラ〜ッとしたペース。

再三コーチに、「こんなペースでいいの?」と聞いてたぐらい、
超楽チンで、これなら毎週だってLSDに行けるよな〜と、
とっても幸せな自転車ライフを実感していたのです。

で、着いた先は南木曽町、桃助橋。

至ってクールにキメるお二人と、
イメージ 1


一人ではしゃぐクマ。
(クマのはしゃぎっぷりに、ちょっと引いてるいっしーさん)
イメージ 2

人生、楽しんだ者勝ちなんだから、
もっと喜びを態度に示さないとダメよ?。

妻籠まで脚を伸ばせば、往復で100km超えは確実というトコロだったんですが、
私の体力と、店番シフトまでに帰らなきゃならない都合を心配して下さいまして、
今回は、ここで引き返そうと言うコトになりました。

(今思えば、妻籠、行っときゃ良かったんですよね)

野尻まで戻って、コンビニで昼食。
ダイエット中の補給方法を伝授して頂きながら、再び走り出します。

コンビニに行く手前の右岸道路。
いかにも“自転車乗り”という体型のお二人。
やっぱし、絵にりますよね〜。
イメージ 3


しかして、登り基調の帰り道も、追い風だった幸運もあって、
いいペースで走って来られました。
…と言いつつ、私的には、ほぼ全力疾走に近いペースでしたが、
まぁ、泣きの3枚クランクに助けられながら、
回して追いつく…という感じで、なんとか付いて行くコトができました。

で、いっしーさんは、ご自宅のある上松で直帰するというコトだったので、
右岸道路から、私も始めて見た、木製の吊り橋を渡って、国道へ。
国道の、“小野”って信号から坂を登って、
上松の寝覚(?)地区へ。

ここへ来るまでの登りで、既に私の心拍は160を越えて、
LSDの定義から逸脱してたんですけどね。

いっしーさんのご自宅前に付いた時で、時間にして2:30頃でしたっけ?。
ちょっと早く帰ってきちゃったんで、
いっしーさんは、「もうちょっと走ろうかと思います」ってコトに。

…これが、地獄の始まりだと、誰が予想できましょう?。
(コーチだけは、“そのつもり”だったのは間違いないんですけど)

上松育ちのコーチが、幼少時、
自転車で川釣りに出かけたというルートを上り始め、
滑川に沿って、激坂を登り始めました。

確かにキツいけど、まぁ、LSDってコトだし、
500mも上がれば、平らになるのかな?という、
私の甘い見通しは、案の定、木っ端微塵に粉砕され、
そこから延々5km、その激坂が続くのです!。

何が酷いって、激坂が500〜600m続くと、
きも〜ちユルやかな坂がになって、
「あ、そろそろ終わりかな?」と希望を持たせた直後に、
衛星軌道にまで続くような、新型スペースシャルのカタパルトか?って言うような、
冗談みたいな激坂が、再びドカ〜ン!と出現するのです。

あれはね〜、体力的にもキツけど、精神的に打ちのめされますよ、ホント。

で、とにかく超激坂続きですから、ペダルを止めたら最後、
二度と自転車に乗れなくなっちゃいそうな坂ですから、
苦しかろうが、ツラかろうが、止まるワケにはいかんのです。
登るしかないんです。

辺りに残雪が残る高度まで来たトコロで、やっと終了。
この“いっしーオプション”で、私の気持ちと体力は、完全に尽き果てたのであります。

(後でコーチに、「なんで、こんなトコ行ったのよ?」と聞いたら、
 「だって、いっしーさんが物足りなそうな顔してたから…」だって。
 …そ〜ゆ〜サービス・オプションは、私の居ないトコロでやって。頼むから。)

もう、こっから先は、集団は沈黙に包まれます。
盛り上げ役の私が、一気に無口になりましたからね〜。

だって、ほんのちょっとの傾斜でも、
ポタリング・ペースのコーチに付いて行けないんですよ。
必死でペダルを回してても、付き切れしちゃうんです。
んな、しゃべってる余力なんか、ありゃしません。

そんなこんなで、何とか木曽福島まで戻って来たのですが、
トリップメーターを見ると、90kmに満たないようで、
「もうちょっとなんだけど、どうする?」という話になりました。

いっしーさんは、まだ走り足らない様子で、
「ボクは、日義の巴淵辺りまで行ってこうようかな?と思ってます」ですって。

マ、マジでぇ?。(゜д゜;
正直、すぐにでも帰宅して、寝ちまいたかった私は、心底、驚きました。
…トホホ〜、体力の差って、残酷。

でも、ここで帰っちゃ、“主役”の名が廃るでしょ?。
「お、おっしゃ、オレも行ってやら〜!」とは言いませんでしたけど、
「じゃ、相撲場まで行きましょうか!」というコーチの案に従って、町を通過。

相撲場まで行ったところで、距離計が92km。

「ここは川合さん、100kmイッときましょう!」と、再びコーチに煽られて、
さらに日義方面へ。

ここで戻れば、帰りまでには100m越え確実というスポットでUターンして、
「kuraさんを冷やかして帰ろう!」というコトで、最寄りの本屋さんへ向かいました。

残念ながら、kuraさんは外出中でお留守でしたけど、
時間にして4:00を回ってたコトもあり、気温が下がってたので、
自販機で、暖を取りつつ、到達記念の写真撮影。

笑顔も出て、まだまだ余裕のお二人さん
イメージ 4


に対して、こんな感じの私。
イメージ 5


この時点で、脚は無く、
どんな些細な坂でもダンシングしないと上がれない、
完全な売り切れ完売状態だったんですよ、ホント。

以前に、エースHOSOさんやコーチから、
「脚が無いからダンシングするんだよ」と聞かされてて、
体力が尽きて、疲れてんのに、過酷なダンシングをする、
その意味が、これまで解らなかったのですが、
昨日、その状態を体感できました。

座ってペダルを回そうにも、脚に力が入らないんです。
どんなにギアを軽くしても、今度はケイデンスを上げられない。
なので、逆に、もう3段ぐらいギアを重くして、
体重で踏み下ろすしか、坂を上がる術がなくなるんです。

そして、本屋を後にして、エースHOSOさんの職場を通って、
「じゃ、グルペットKさんの職場も寄って行く?」なんて冗談を飛ばすコーチに、
内心、「それ、今は笑えない」と思いつつ、町へ戻りました。

上八沢でコーチを別れ、
いっしーさんに駅前までアシストしてもらって、何とか完走を果たしました。
時間にして、5:00ちょい前ぐらいでしたかね?。

“いっしーオプション”無しが、本来のLSDだと言うコトでしたので、
次回は、一人でもペースを作れそうな感じなので、
まずは、LSD教習会は完了ではないかと思います。

は〜、くたびれた。

補足…この時期、気温の差が激しくて、服装に迷うトコロですが、
この日、最高気温16℃という予報でしたけど、
その温度に合わせると、かなり寒い思いをしますので、
最高気温より5℃ぐらい低い温度で、装備を考えた方がいいですよ。

以下は走行データ。
(途中、野尻で、サイコンが15分ぐらい止まったまま走っちゃったので、
 距離や時間が不正確ですけど…。
 ポンコツV3め!。ポラールと買い換えちゃおうかな?)

 3月12日 コース…木曽谷LSD(かぁ?)

走行時間…5:46'24
走行距離…100.81km

最高速度…53.9km/h
平均速度…17.5km/h

最大ケイデンス…199
平均ケイデンス…72

最大心拍数…183
平均心拍数…125

仮想消費カロリー…2016kcal

体重…86.5kg


最後に、こんなドン亀ペースに合わせながら、
辛抱強くリード&コーチして下さった、コーチ原さんに感謝です。
ありがとうございました。
イメージ 6

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

ははは。

完全に木曽イナーメのペットと化してますね(笑)
ご苦労様でした。

P.S.
まだ立ち上がれるだけ、余裕ありますよ。
ほんと完全に終わると、全く立てなく成りますから。。
大した脚してますよ。立派です。

2010/3/13(土) 午後 4:08 Oregano 返信する

顔アイコン

私の不用意な一言が、とんだオプション付きになってしまって(^^;
あのまま木曽福島に帰っていたら、3時くらいには着いていましたよね〜。
でもほんと、楽しいLSD(ツーリング)でした!
また時間合うときは、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

もう少し暖かくなったら、コーチに教えてもらったルートで、キビオ峠目指してみます(^^)

2010/3/13(土) 午後 11:13 [ いっしー ] 返信する

顔アイコン

>Oreganoさん、

ペ、ペットって…。
せめて、マスコットと言って〜。

>いっしーさん
>コーチに教えてもらったルートで、キビオ峠目指してみます

うわ〜、マジですか!。
あそこから、まだ登る上に、
上でもかなりアップダウンがあるって聞いてますよ?

…あ〜あ、鬼クライマーがまた一人、産まれてしまった。

自称「登が嫌いだから、早く登る」という、
パンターニみたいなコト言ってるコーチを、
いっしーさんが、ブチ抜いてやって下さい!。

2010/3/14(日) 午前 8:58 木曽チャリ! 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事