木曽チャリ!ブログ

『住んでるだけで、山岳賞〜ヽ(^。^)ノ』

全体表示

[ リスト ]

連日、ドピ〜カンの晴天に恵まれたゴールデンウィークが終わり、
観光業も、一休みというコトで、連休明けの金曜日、
店を閉店して、丸一日、フルに使える休暇を取りました。
(商売までも自転車操業な我が社は、1日休むコトも滅多にできん)
 
エースHOSOさんのお薦めで、琵琶湖一周という企画があって、
メタボな日々に、一発、喝を入れる意味でも、
この休日に、コイツをひとつやってみよう!となりました。
 
同じ観光業のいっしーさんを誘って、計画を立てたんですが、
ところが、前日から天気予報は下り坂。
狙い澄ましたように、この日だけ雨なんです。
え〜、何も、この日に限って雨なんて…。
よほど日々の行いが悪いと見えます。
 
で、実際、前日にいっしーさんと、メールで話し合って、
「今回は中止。また今度ね」と、一旦は結論づけたんですが、
 
しかし、滅多に無い休みのチャンス。
何もせずに過ごすなんて、あり得ないんで、
雨でも遊べるコトはないか?と色々思案したんですけど、
見たい映画もないし、ダイエット中とあっては、食べ歩きグルメ・ツアーも無理。
家でゴロゴロしrてちゃ、また太る一方だし…。
 
そんな時、ふと目にしたロードレース雑誌の記事にこんな内容のがありました。
ベルギーは、雨が多い国で、
年間降雨日数が366日あるんじゃ〜の?ってぐらい、天気の悪い国なのに、
欧州でも指折りの自転車大国で、メルクスを始め、
多くの名選手を輩出し、今も強いチームが多くある場所なんだそうで。
雨がちなベルギーで自転車が盛んなのは、
自転車界の七不思議の一つと言われているのだそうです。
 
そう、彼等は、雨でも、風でも、
降ってて当然、吹いてて当たり前のように、
自転車に乗っているのです。
雨でステージがキャンセルされるレースなんてありません。
雨にくじけてるよ〜じゃ、真のローディーとは言えんのじゃ!。
目指せ!、駅前のジルベール!
 
…と言うワケで、
毎度お馴染み、ムチャな冒険心がわき起こり、
雨も覚悟で、琵琶湖へ挑むコトにしました。
 
当初、一人で行っちゃおうか?とも思ったんですが、
抜け駆けするみたいで、いっしーさんい悪いんで、
お声をかけてみたトコロ、「行ってみましょうか」ってコトで、
二人で雨雲めがけて突っ込むような、アホな挑戦が始まりました。
 
前夜のウチに彦根に入り、ビジネスホテルで一泊。
 
HOSOさんに教わった、彦根城の側の駐車場にクルマを止めて、
朝、8:00ちょい前にスタートです。
この時、気温18℃で、暖かかったんですよ。
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
湖岸を反時計回りに進み始めると、雨も小雨で、
「こりゃ、来て正解だったんじゃね?」と、軽く浮かれ気分。
イメージ 1イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しかし、目指す湖北には、イヤ〜な雲が立ちこめていました。
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
案の定、木之本手前でポツポツ降って来た雨が、
一気に土砂降りへ変わり、気温も見る見る下がって、14℃。
交通量の多い国道のトンネルを避け、旧道を通ろうと、
あっちこっち迷いながら、湖北の湖岸沿いを走っていると、
も〜、鼻と言わず、口と言わず、あらゆるトコロから雨が…。
 
いっしーさん曰く、「プールのような味がする…」
いや、まったく、その通りで、
なんかも〜、自転車に乗りに来たんだか、琵琶湖を泳ぎに来たんだか…。
 
ずぶ濡れになりながら、湖北を抜けて、マキノに出れば、
晴れないまでも、小降りになってくれるのでは?と願いつつも、
行けども、行けども、ず〜っと雨、雨、雨…。
 
途中、湖岸沿いを走ろうとして、何度も行き止まりにぶつかったり、
逆に、高速道路みたいな国道の、歩道もないような道を走ったり、
時には、琵琶湖の砂浜を走るハメになったりしながら、
ひたすら南を目指します。
 
たどり着いた先が、琵琶湖大橋…の手前で、
道に迷って、行き止まりになったトコロ。
イメージ 6イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「あそこ、渡るんだよ〜。…今は道に迷ってるけど…」
 
この後、カッパも無しに雨の中100km走ったいっしーさんが、
凍死しかかってたので、コンビニに寄って、カッパを買って
横風吹きすさぶ琵琶湖大橋を通過。
 
渡った先のショッピングモールで、空気入れ用のCO2ボンベを購入。
…実は、いっしーさんのチューブレス・ホイールが、タイヤとの相性なのか、
謎のスローパンク状態で、
50km毎に空気を入れないと、走れないという状態で、
持って来たボンベを3本、使い切っちゃってたんです。
 
…この買い物の時、私のサイクルコンユータの操作をミスって、
走行データが途中で途切れちゃった。
 
買い物も済んで、サイクル・ショップの店員さんに、
彦根まで30kmぐらいだよと聞かされたコトもあって、元気回復。
今度は、一路、北へ向かって走ります。
イメージ 8イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 まだまだ、余裕の表情。
 
 
 
 
 
猛烈な向かい風の中を、それでもずっと平坦ですから、
脚は充分残ってて、難なく走ってきたら、
近江八幡を過ぎた辺りで、いっしーさんが落車!。
コンビニの駐車場を横切るように埋設されてた側溝の、
フチが鉄でコーティングされてて、これにハスったみたいです。
派手な音で振り返ると、いっしーさんと自転車が絡まってました。
 
両者をほどいて見ると、雨が幸いして、擦過傷は少なかったんですが、
打ち身のキズが、痛そう〜。
現場のコンビニでマキロンと絆創膏を買って、応急処置。
 
しかし、問題は、いっしーさんの愛車テスタッチです。
左のシフト&ブレーキレバーが内側に大きく回りこんじゃって、
戻そうにも、戻りません。
加えて、手持ちのハンディ工具は、小さすぎて、
シフターをハンドルに固定してるネジに届きません。
困って周囲を見渡すと、コンビニ駐車場の端に、
三田工業さんという、町工場を発見。
ここに助けを求めてみると、若いニッカポッカ姿の職人さんが、
快くヘキサレンチを貸してくれまして、自転車の修理ができました。
これは助かりましたね〜。ホント、地獄にホトケでした。
(…と同時に、ちゃんと使える工具を持って行かなきゃダメだわなぁ)
 
そして、最後の20km。
彦根市に入ってから、市街地−彦根城まで、結構な距離がありましたが、
それでも、先日教わった「1時間、100kcal」の補給を守ったコトもあってか、
体調的には余裕のまま、脚も少し残しつつ、ゴールを果たしたのでした。
イメージ 10
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
…って、全然、「余裕」って感じの表情じゃないよなぁ。
ポーズの仕方を間違えたかも?。
 
この後、かんぽの宿で、温泉に浸かって、
100円寿司で、寿司食って、帰って来ました。
 
いっしーさん、バカなツーリングに付き合わせちゃった上に、
自転車とお体にまでキズ付けちゃいまして、すみませんでした。
 
以下は、途中で分断しちゃった走行データ
データ  値  単位 
継続時間 5:34:35 + 2:05:05   
サンプリングレート 5 s 
      
エネルギー消費量  2386 + 1097= 3483kcal 
心拍数 37482 + 15645=53127 心拍 
リカバリー -33 心拍   
               (分断後)
最小心拍数 75 bpm    90 bpm 
平均心拍数 112 bpm   125 bpm 
最大心拍数 159 bpm   154 bpm 
標準偏差 12.3 bpm    10.4 bpm 
                                    
最小 速度 3.9 km/h      2.4km/h 
平均 速度 22.2 km/h   21.5 km/h
最大 速度 41.6 km/h   33.2 km/h
距離 108.7 km + 41.1 km = 149.8km
オドメーター(O) 198 km 
      
最小ケイデンス 25 rpm        8 rpm 
平均ケイデンス 89 rpm       90 rpm 
最大ケイデンス 109 rpm     114 rpm 
Coasting Time 1:32:40 (27.7 %)    0:23:50 (19.1 %) 
Coasting Distance 16.1 km (14.9 %)  3.9 km (9.5 %) 
      
最小高度 130 m   140 m 
平均高度 149 m1   48 m 
最大高度 198 m   156 m 
上昇 275 m      40 m 
下降 306 m      53 m 
スロープ  2   
VAM 49 m/h    19 m/h 
 
走行後の体重83.2kg
 
追加写真〜 (いっしー撮影)
 
スタート前のクマ(私)
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
湖北へ向かうクマ
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
携帯を読んでるんじゃないのよ、写真撮影しようとしてるトコロ。
(…ってか、どっちもダメだろ?。 走りながらの撮影は止めましょ〜)
イメージ 13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
走るクマの正面
イメージ 14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゴール後、プロテインをイッキ飲みしてるクマ。
(直後に、ムセて、粉を吹き出し、一瞬、呼吸困難になって死にそうになる)
イメージ 15

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

昨日はお疲れさまでした!
そして色々と足を引っ張ってしまって、すみませんでしたm(_ _)m

雨降りの中のロングライドは初めてで、とてもいい経験になりました!
ほとんど平坦基調の道だったとはいえ、自己ベストの150キロ超え
もできてよかったです!
またよろしくお願いします(^^)

2010/5/8(土) 午後 10:09 [ いっしー ] 返信する

顔アイコン

お二人ともお疲れ様でした!
いっしーさんバイクは大丈夫ですか?

ドンッ!70Kg台が見えて来ましたが、ここは無理をせず・・・!

マジでいっしーさん、お体大丈夫ぅ? 削除

2010/5/8(土) 午後 11:15 [ コーチ原 ] 返信する

顔アイコン

お疲れ様でした。
事前に連絡くれればルートとかアドバイスできたのに。。
次回はぜひ一緒に行きましょう!

ちなみに僕がよく利用するのは彦根城じゃなくて長浜城ですよ^^

2010/5/9(日) 午前 0:02 [ hoso ] 返信する

顔アイコン

コーチ hosoさん こんにちは!
雨が降ると分かっていながら、行って来てしまいました(^^;

晴れていれば、より楽しめたのかもしれませんが、雨降りはそれはそれでよかったかと。。。
ただ、タイヤの調子が悪かったのと落車で、川合さんの足を引っ張ってしまったのが、痛かったです。
バイクもレバーに傷が付いたくらいで済みましたし、体も大した傷も無く、何とか一周して帰ってこられました。

なかなかみんなと時間を合わせるのは難しいと思いますが、時間が合わせられれば、ロングツーリング行きましょう!

2010/5/9(日) 午後 5:37 [ いっしー ] 返信する

>長浜城
え〜っ!、彦根城と違うの!?。
…もう、出だしから間違ってんじゃん。

ルートも、「湖岸を行きゃいいんだろ?」ぐらいにしか考えてなかったんで、
湖西辺りから、も〜、道に迷いっぱなしでした。
一度など、アンダーパスを抜けたら、そこはビーチ!…みたいな、
自転車のまま、琵琶湖にダイブしそうなぐらい、波打ち際ギリギリを走りましたし…。

いっしーさんと「ガーミン、欲しいなぁ」って言いながら…。

ある程度の巡航速度を維持しながら走れる快走ルートを、次回までにご教授下さい。

2010/5/9(日) 午後 5:48 木曽チャリ! 返信する

>いっしーさん
気まぐれなムチャ振りツーリングに付き合わせちゃってすみませんでした。
ガチの走行中の落車は、初めてだったそうで、悪天の強行を少し反省しております。
ご自愛下さい。

>コーチ原さん
減量が停滞どころか、献立の乱れから、便秘になっちゃって、若干、増加してて、ちょっと焦っております。

ただ、補給しながらのロング・ライドは、
“楽チン”ではありませんでしたが、
動けなくなるようなキツさはなくて、実に快調でした。
消化吸収の早さとカロリー量を、もう少し緻密にできれば、
ダイエットにも良さそうな気がしてます。

2010/5/9(日) 午後 6:04 木曽チャリ! 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事