木曽チャリ!ブログ

『住んでるだけで、山岳賞〜ヽ(^。^)ノ』

全体表示

[ リスト ]

探してたのは、“走る動機”でした。
先週は、未知への挑戦でしたが、今週はどうしよう?…とね。
 
で、思い付いたのは、
今回、オーダーするイナーメ・ウィンドブレーカーの、
試着用にお借りしてた1着を、中畑主幹のお宅まで届けてみよう!…でした。
(コーチ、お見せする前に持ってっちゃって済みません)
 
夕方から、また雨っぽいと言う予報と、
どうせなら長く走ろうという目論みから、スタートは朝の7:30。
…暖かくなると、こういうコトが出来るんで嬉しいです。
4月の7:00代なんて、ヘタすりゃ氷点下でしたもんね〜。
 
まずは“任務”を果たす為に、最短ルートで山形村を目指します。
…とは言え、走行環境極悪な鳥居トンネルだけは走りたくないので、
権兵衛トンネル・ルートの途中、姥神トンネルから奈良井ダムを経由します。
 
が!、朝7:30と言えば、世の中、通勤ラッシュが始まる時間帯。
木曽福島から旧日義村の裏道でも、いつになくクルマが多く、
ガレージや側道から、まったく周囲を見ずに飛び出して来るクルマやら、
道幅の狭いトコロへ、で〜っかいトラックが来て、
私を追い越せず、プチ渋滞になっちゃったりしてて、
その都度、急減速したり、いきなりのスプリントを強いられたり、
 
もう、レース序盤のアタック合戦みたいな調子で、
朝から随分、脚を使わされてしまいました。
 
で、幹線道路に入り、いくらか集団も落ち着くか?と思いきや、
(集団って、私、一人だけどさ…)
姥神トンネルへ上がる途中の登り坂で、
なんと、300mぐらい工事中で、片側交互通行なの!。
(写真は同じ地点を、帰りに撮影したトコロ)
イメージ 7
 
ここも道幅がカツカツで、路側帯なんかありゃしません。
なので、信号が青になってる1分30秒の間に、
この300mを駆け上がらないと、反対側から対向車が来ちゃう!。
で、斜度8%を、ダンシングで猛ダッシュ!。
息も絶え絶えで、工事区間を抜けました。
 
…今日のステージは、レース展開がキツい…。
 
そんなこんなも、姥神トンネルに入れば落ち着いて、
トンネルを抜けた先を左折。
下りのワインディングを走り出すと見えて来るのがコレ。奈良井ダムの景色です。
ライティング的に、午前中が見頃ですね。
イメージ 1
 
ここを下る道は、舗装が荒れててガタガタしますが、
でも、木陰のトンネルを走り下る、心地良い道です。
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
降りた先、ちょっと国道19号の、
マキビシ(ライトやウィンカーの破片)だらけの歩道を走って、
奈良井の宿へ入ります。
 
奈良井の駅で、ちょっとトイレ休憩して、
そのまま、平沢の街中へ入って行くと、今日から、“漆器祭り”が始まってました。
イメージ 8
概ね、1km弱の宿場町に、ずら〜っと漆器店が並ぶのですが、
その店先に、特価品の漆器が出店のように出されてて、
9:00ぐらいから歩行者天国になるんでしょうね。
商店街の皆さんが、忙しそうに準備してました。
 
平沢から先、洗馬の牧野交差点までは、国道を行きます。
この区間は、全然楽しくないの省略。
 
牧野交差点から洗馬に入り、農道沿いに朝日村に上がると、
高台に、この風景が広がります。
イメージ 9
山がちな木曽から出て来ると、この空の広がりは、
まるで北海道にでも来たかのような解放感がありますね〜。
 
…でも、自転車的には、風が強烈で、
ないしかも、この日は真っ向からの向かい風。
下ハン持って、インナーに入れっぱなしで、やっと進む…そんな感じでした。
 
石畳は在るわ、強風は吹くわで、朝日〜山形は、日本のフランドルか?
 
風と戦いながら、山形村へ入り、(朝日村と、山形村の切れ目ってどこ?)
側道をコチョコチョ入った先、林檎畑の隣の、主幹宅へ到着。
お届け物を郵便受けに入れようとしたら、
私宛てに、CCDがぶらさがってました!。
 
中畑主幹、お心使い、ありがとうございます。
 
ありがたく頂戴して、分岐にあったセブンイレブンへ戻ります。
そこで補水。ダブル・ボトルの1本にCCDを入れて、
「さて、“仕事”は終わったし、どこへ行こう?」と…。
 
来た道…国道19号…を戻るのは、芸がない上に、
まったく面白くないルートなんで、御免こうむりたい。
とは言え、諏訪へ出て、杖突峠から高遠を経由するには、
時間的、体力的に、ちょっと自信がない。
(この日は、店番シフトの門限がありましたからね)
その中間のルートということで、
塩尻から辰野へ抜け、伊那を経て、木曽へ戻るコトにしました。
 
このルート=国道153号は、
以前、バイクで、夜中に走った事があったんですけど、
交通量もさほどなくて、途中の峠も九十九折りなど無い、
フラットな“丘”みたいな印象があったんで、
「ま、楽勝だろ?」と思ってました。
 
んんが!、これが大間違い。
 
九十九折りになってないってコトは、
斜面を一直線に登る、斜度のキツい、長い坂があるワケで、
想像以上に、ま〜キツい!。
 
しかも、日中は、どでかいトラックがビュンビュン通る上に、
路肩も、歩道も皆無。
加えて、そんな重量級のトラックが、アスファルトを踏みつぶし、
道路脇に、津波のようなうねりを作り上げていて、
斜行させようものなら、タイヤをハスって転びそうになる“死の道”でした。
 
…最低だぞ、国道153号。
マキビシだらけでも、歩道があるだけ国道19号のが、まだマシ。
 
と、そんなサバイバルな153号を登って出た頂上がここ。
善知鳥峠…ぜんちどり?…。
イメージ 4
ここに来るまで、路肩が無くて、止まる事すらできなかったんですよ。
 
峠を下り、辰野の市街まで走って、
谷の北側高台を抜ける、広域農道へ逃げます。
ここは、路面が荒れてるところもありましたが、
景色はいいし、クルマも少なくて、快適でした。
写真は、箕輪の辺り。
イメージ 10
 
あとは、この農道をひた走り、伊那へ抜けます。
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ホントは、もう1本、山側に、県道203号があって、
そっちの方が抜け道っぽかったんで、通りたかったんですけど、
そこは、方向音痴な私の常で、間違ってこっちを走っちゃったのでした。
 
ま、そんなこんなで、途中から山側の狭い道に入って、
国道361号を目指したのですが、
ここら辺から、軽い頭痛がしてきて、ちょっとバテて来ました。
 
この日は、昼食は赤飯のおにぎり1個で、
あとは、ずっと1パック100kcalの補給食だけだったので、
エネルギー不足でバテたのか、
それとも、序盤の“アタック”で脚がキテたのか、
はたまた、給水のタイミングを間違えて、軽く熱射病になってたのか、
原因は、解りません。
 
で、路肩に自販機があったんで、
補水と補給、ついでに、頭から水をかぶって、
体温の冷却をしてみました。
 
…良くなったかどうかもはっきりしませんが、
まぁ、走れたんで、国道361号へ。
 
途中、旧道=権兵衛峠の入口で、
「ホントは旧道を行くつもりだったけど、行けなかった」的言い訳写真を撮影。
イメージ 12
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もし通れたとしても、この日は厳しかったでしょうね。
バテバテでしたから。
 
というワケで、峠のずっと下を抜ける権兵衛トンネルへ。
4kmを超えるトンネルで、その8割りが、ゆるい登りになってます。
このトンネル、どういうハイテクなのか、
舗装路面に、細かい筋が滑り止めのように横向きに掘られてて、
走ると、自転車でもゴ〜ッと音がするんです。
この横筋が、意外と結構な走行抵抗となっていて、
登りでは、実に嫌な感じ。
 
なので、路肩の端にある、フラットなコンクリート部分(幅30cmぐらい)を、
狙って走る、またしても“シャンゼリゼ走り”を強いられます。
このラインに乗りさえすれば、ずっと走り易く、
傾斜も、大したコトないので、ペースで回せば、難なく走れますけど、
…しかし、長い!!。
 
暗いし、ほこりっぽいし、
後ろから追い抜いていくクルマの3割りは、
ヘッドライトも点けない無灯火野郎だし、
センターラインにポールが立たってるから、
自転車スレスレを、巨大トラックが通過していくし、
そんな道がず〜〜〜〜〜〜〜〜っと続くしで、もうイヤになりました。
 
抗議を込めて、出口で記念写真。
「なげぇ〜よ!、権兵衛トンネル!!」
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
権兵衛トンネルで、トンネルには飽き飽きしたんで、
出たところを直ぐに左折。
ここから、姥神トンネル手前までは、旧道を下りました。
 
権兵衛を抜けてしまえば、
あとは、木曽福島までは、日義を含めて、ずっと下り基調です。
元気なら、ガンガンに飛ばして帰る、通い慣れたルートですが、
やっぱり、少しバテていて、ダラダラ走って、帰宅。
 
一旦、自転車を置いてから、“せせらぎの四季”という日帰り温泉に入って、
店番に戻ったのでした。
 
う〜む、バテた理由はなんだろう?。
…今も、まだちょっと頭痛がするから、熱射病だったのかなぁ?。
10月産まれの山育ちは、寒さは平気でも、
暑さに弱いのかも知れません。
(一説には、人間の汗腺の数は、産まれて半年で決まるんだそ〜な)
 
走行データは以下の通り。
データ  値  単位 
継続時間 7:21:35   
サンプリングレート 5 s 
      
エネルギー消費量 3368 kcal (高山行きに比べたら、2000kcalも少ないのに…)
心拍数 50791 心拍 
リカバリー -32 心拍 
最小心拍数 67 bpm 
平均心拍数 115 bpm 
最大心拍数 149 bpm 
標準偏差 16.7 bpm 
      
最小 速度 3.4 km/h 
平均 速度 20.3 km/h 
最大 速度 56.8 km/h 
距離 128.3 km 
オドメーター(O) 676 km 
      
最小ケイデンス 8 rpm 
平均ケイデンス 84 rpm 
最大ケイデンス 122 rpm 
Coasting Time 2:36:50 (35.5 %) 
Coasting Distance 37.4 km (29.1 %) 
      
最小高度 701 m 
平均高度 864 m 
最大高度 1197 m 
上昇 1260 m 
下降 1242 m 
スロープ  3   
VAM 171 m/h 
 
体重、81.8kg
(先週とまったく同じ…って、
 あの温泉の体重計、この数字しか表示しねぇんじゃねぇの?)
 
イメージ 6
 
は〜、くたびれた。
もう寝ます。
 
おやすみなさい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(5)

顔アイコン

ドン!お疲れ様です。
今日は久しぶりに自転車に乗ることが出来ました。

このところの仕事疲れに、魂が癒されました。
雨のシャワーが心地よかったですよ。

来週のナイトレ、また行けそうにありません!
申し訳ありません。 削除

2010/6/4(金) 午後 11:03 [ コーチ原 ] 返信する

顔アイコン

おお〜、コーチ!。

>雨のシャワーが心地よかったですよ。

ね?、雨も面白いですよね〜。
…あとのメンテがやたらと大変ですけど。

>ナイトレ
あらら〜、まだご多忙なんですね。

と言う私も、仕事的に、ケツに火が点いてまして、
今夜も未だに残業中で、
今週は、自転車にあまり乗れそうもありません。

…この時期、ローラー台に乗るのもなぁ。

さて、どうしましょう。

2010/6/5(土) 午後 9:47 木曽チャリ! 返信する

顔アイコン

私も先週末の早朝にそこを通りましたが、
善知鳥峠(うとうとうげ)は、ウトウト峠でした(^^;

サラダ街道の辺りは、開放感があって気持ち良いですネ!!

来週末もアクビしながら諏訪湖の辺りをウロチョロする予定です(^^ゞ 削除

2010/6/5(土) 午後 10:01 [ 海豚 ] 返信する

顔アイコン

海豚先輩!

>来週末もアクビしながら諏訪湖の辺りをウロチョロする予定

ブルベを連戦するんですか!?。
…どこまで、ドMですか?。

せめて、夜は寝ましょう。
月曜日、仕事になりませんよ?。

…寄る年波のせいか、最近、寝不足が一番コタエます。

2010/6/7(月) 午後 3:21 木曽チャリ! 返信する

顔アイコン

バイク乗り(←オートバイ)にもそういう方がいらっしゃるじゃないですか!?
距離感の壊れた方が…それと同じv(^^;

真夜中に自転車で走るのは、よくよく考えると、バカバカしい事なのですが、、、
やってみると結構楽しいv(^^;

眠くなるとコンビニの片隅や国道の横断トンネル、バス停、駅舎、ファミレス、
コインランドリー、無人精米所、道の駅などで寝ます。
一つ間違えると浮浪者扱いされ、中には警察官に職務質問された方も…(^^;

道ばたで寝ていると、死んでいるのと勘違いされて、
大騒ぎになる事も…(^^;;
なので、1000kmとか1200kmに出走する方は、何処でも寝られるように
首から「寝ています」の札を下げて寝るらしい(^^;;; 削除

2010/6/7(月) 午後 5:54 [ 海豚 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事