木曽チャリ!ブログ

『住んでるだけで、山岳賞〜ヽ(^。^)ノ』

全体表示

[ リスト ]

2007/7/10(火) 午前 10:23投稿

先日のツール・ド・フランス、ステージ1、
驚異のロビー・マキュアンに刺激され、
昨日の定休日、午後から自転車に乗りました。

コースは、私の一つの目標になってた、銀行ツーリング・コースの走破です。
木曽福島を出て、旧三岳村を通り、旧開田村を抜けて、木曽福島へ戻るという、
周回コースで、全長約50kmの山岳コースです。

3町村が合併したので今は全て“町内”なのですけどね。

前回、王滝村の滝越地区というところまで行って来れたんで、
(走行距離にして60kmちょい)
町内1周ぐらい「まぁ、行けるんじゃないの?」程度に思ってましたが、
大間違いのコンコンチキでした。

深い谷と尾根を、何度もアップダウンを繰り返して越える、
地獄のハイランド・ルートで、
前半の旧三岳村の登りで、早くも泣きが入りそうになりました。
イメージ 1


何度も、降りて押そうと思ったんですけど、
「降りたら負けだ!」と、なんか意地になっちゃいまして、
もう、筋力の限界を超えてしまって、
ちょっとでも重いギアだと脚がツリそうだったんで、
ひたすらローギアでタラタラと走るのが精一杯という状態でしたが、
「押して歩く」ことだけはせずに、“完走”を果たしました。

帰ってから、自室で、具合悪くなって、寝込みましたけどね。
こんな疲れたのは、中学時代の部活(バスケ)以来です。

所要時間、2時間52分
走行距離51.55km、
標高差350m(福島標高750m〜開田1100m)
最高速度61.5km、
平均速度17.9km(遅っ!…だって、ず〜〜〜っと登りなんだもん!)、
消費カロリー1246kcal
最大心拍数185(脳溢血にならなかったのが不思議)
平均心拍数147

ヒルクライム・レースでは、標高差500m以上が当たり前ですから、
この程度のアップダウンでヒーヒーこいてちゃ、話にならんのでしょうね〜。
水玉ジャージへの道は、遠いな〜。

…今日は、一旦座っちゃうと、極度の筋肉痛で動けなくなります。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事