裏庭は馬小屋

少し落ち着いてきました。多少趣味に時間を費やそうかと・・・

全体表示

[ リスト ]

軍隊の荷駄鞍

イメージ 1

イメージ 2

知り合いから画像提供を頼まれ、ついでに旧日本軍の荷駄鞍について
少し勉強中です。

とりあえず、所蔵している鞍については大正5年正式の
「五年式輜重(しちょう)駄馬具」というもののうち

駄鞍・胸がい・尻がい・腹帯である事が判明した。

が・・・・。

知り合いの方は現在製作中の某局ドラマ(この冬に放送予定の例のやつ)
関係の問い合わせだったので・・・・。

使用されていた年が合わない^^;

という事がわかった私は・・・しょうもなくマニア心に火をつけてしまい・・・。
ネットで明治から昭和にかけての軍の通達文(原文)が見れるサイトでいろいろと
輜重駄鞍について検索・・・・。

とりあえずですがわかったことは・・・・。

明治初期から輜重駄鞍という物はあったようだが、明治21年にそれらを改良し
「改正輜重駄馬具」という物に制式改正される。
これには、一号と二号があり、二号は小型馬用であった様子。

この21年制式の資料には各種資材の縛り方などを図などで記した資料もあり
とても勉強になる。

その後、細かいサイズ変更などが行われつつ大正5年に今回の写真提供を行った
鞍が登場ということとなっていく。

ま、昨日の電話での話では、劇中でまだ使うかどうかは未定ということ、
方が似ていれば使用には問題ないし、もしかしたら美術さんが作るかも・・・
ということ^^;

ま、天下の国営放送ですから・・・。

今後、どう進展するかは・・・まだ不明ですが・・・。
その明治21年制式の駄鞍ちょっと見てみたくなりました。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事