ここから本文です
ブログ移転しました
竜王戦6組昇級者戦の一回戦で土佐浩司八段戦です。
私が先手となり、戦型は向かい飛車対左美濃になりました。
駒組みは先手十分と感じていましたが、仕掛けはやや指し過ぎで、土佐八段が有利になりました。
ただその後はいい辛抱して、また先手有利になったと感じました。
ただ意外に難しく、結果は千日手となりました。
イメージ 1

第1図が千日手の今日で、△7五銀▲同銀△6四銀▲8四銀の繰り返しです。
私としては△6四銀を軽視してしまい先手不利と感じましたが、第1図の▲8四銀が粘っこい手で、もし△8三歩なら▲7四金で先手大丈夫です。
第1図はお互い千日手が無難かもしれません。
持ち時間は私の方が1時間以上少なく、後手になるので厳しいですが仕方ありません。
千日手指し直し局は相掛かりの戦型になりました。
土佐八段は中住まいにされましたが、△6五銀で揺さぶりをかけ、第2図では後手としては一応満足と思っていました。
イメージ 2

ただ第2図の一手前△4二玉の指し手ではいきなり△9五歩と仕掛けるか迷いました。
△4二玉に第2図の▲6六歩に代え▲1六歩なら△9五歩と仕掛けと後手得と思っていました。
また△4二玉では△4一玉とどちらが良いかも微妙なところです。
第2図では△5四銀か△7四銀どちらに引かも難しいところです。
結局本譜は△6六同銀と銀損で龍を作る順にしました。
第2図以下△6六同銀▲同金△8七飛成▲7八銀打△8二龍▲7七角△8六歩▲8八歩△9五歩▲同歩△9七歩▲2五飛△2四歩▲同飛△9五香▲2三歩△3三角▲2五飛△9八歩成▲4五桂△8九と▲3三桂成△同桂▲9五飛△7九と▲6七銀△8七歩成の展開となり、こうなれば後手が好調で勝利することが出来ました。
途中▲7七角で▲8七歩も△9五歩の端攻めがあります。
△8六歩に▲8八銀の方が▲7五金から▲8四歩の含みがあり勝ったかもしれません。
本譜は激しい攻め合いになりましたが、駒損でも攻めに勢いがあり後手ペースでした。
持ち時間が少ないので決断良く戦ったのが好結果につながりました。

中国から帰りました

中国から帰りました。
世界マスター選手権のあとは江蘇省の昆山市に電車で行き、周荘杯国際団体招待戦に出場しました。
こちらは各国3人1チームの8チームのよる団体戦です。
8チームの国と地域はどこもレベルが高く、勝負になりそうなところはドイツですが、予選リーグはA,Bで別れました。
予選の3局とも日本チームは負けで、Bの4位としてAの1位通過の地元昆山チームと戦いました。
1敗2引き分けで、日本チームは惜しかったです。
私の成績もトータル1引き分けのみの3敗で残念だったです。
チームメイトの2人も同じ成績です。
私としては途中まではどれもいい内容は指せました。
最後の日は小学校に訪問し、10面の車輪戦を行いました。
私はじっくり指してしまい、1局も勝負がつかずでした。
日本のチームメイトの2人は引き続き上海に移動し、次の大会の嘉定杯に参加されます。
こちらはノンチャイニーズの選手も多く参加し、ノンチャイニーズ部門の表彰もあり、チームメイトの2人には期待しています。
私も日本から応援します。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4

世界マスター選手権は3勝3敗の11位で終えました。
男子は16名参加です。
指し分けの方が多く、その中でポイントが最も低かったので順位は良くありませんでした。
ただトップクラスの大会で指し分けはとてもうれしいです。
しかし勝利したのはノンチャイニーズ、ノンベトナミーズの3人でした。
目標の1つであるチャイニーズの金星を上げられなかったのは力が足りませんでした。
ただ負けた3局とも自分としてはいい内容が指せました。
最終日は決勝戦のみですが、衡水市の小学生との1対1の交流対局があり、いい内容で勝てました。
今日は午後から表彰式で、江蘇省の昆山に向かいます。
イメージ 1

今日5月12日から20日まで2つのシャンチーの国際大会に出場で、羽田空港から中国に行ってきます。
帰りは成田国際空港です。

2つの国際大会は河北省と江蘇省で行われます。
河北省の衡水市での大会はワールドマスター選手権です。
男子は16名、女子は8名の世界トップクラスの選手で戦われる権威ある大会です。
16名は世界選手権の上位12名とノンチャイニーズ、ノンベトナミーズ上位4名が選ばれました。
私はノンチャイニーズ、ノンベトナミーズ3位ということで招待されました。

江蘇省の昆山での大会は周荘杯国際団体招待戦で3人1チームの8チームのよる団体戦です。
8チームの国と地域はどこもレベルが高く大変でが、日本代表選手の大将格としてチームに貢献したいです。

その後も日本代表選手が出場の国際大会は嘉定杯が上海で行われます。
こちらは2名の団体戦で周荘杯国際団体招待戦でのチームメイトの2人が出場します。
ノンチャイニーズ、ノンベトナミーズの表彰もあります。
上海は将棋の普及活動として先月も行ってますし出場したかったですが、3大会連続出場は負担も大きく、こちらの大会は私は見送りました。
イメージ 1

イメージ 2

棋聖戦の予選一回戦で藤倉勇樹五段戦です。
藤倉五段が先手となり、戦型は相矢倉となりました。
矢倉でも藤井流早囲いの形で早い7五歩突きで対抗しました。
先手も3筋交換で動き進んだのが第1図です。
イメージ 1
第1図では先手の方が若干動きが早い感じがして後手はやや作戦負けかもと思いました。
たとえは第1図で自然な順は△8五歩ですが、▲3六銀で先手十分の感じです。
ただ第1図でじっくり考え△6二飛としました。
これが良かったようで藤倉五段も考え▲4八銀と引かれました。
しかしこれでは後手作戦勝ちといえます。
△6二飛に▲6六歩は△7六歩とたたかれ先手自信なしとのことでした。
私はいったんは△3一玉とし▲3六銀に△7六歩の決戦かは迷っていました。
第1図以下は△6二飛▲4八銀△3一玉▲5七銀△3六歩▲3八飛△4六角▲同銀△4九角▲6三歩△同金▲2八飛△3七歩成▲同銀△6四銀▲2四歩△同歩▲5一角△7二飛▲2四角成△7六歩▲6六銀△6五歩▲5七銀△2三歩▲4六馬△7三桂▲6九玉△7七歩成▲同金寄△9四角成▲6七歩の進行で難しい将棋となりましたが結果は二転三転しての負けでした。
手数も長い将棋となり159手でした。
第1図以下では△4九角で後手良しと思いましたが、▲4七歩が勝負手で悩ましかったです。
▲4七歩で単に▲2八飛なら△7四銀で、ここで▲6三歩なら△同銀と戻して次に△7三桂が楽しみで後手有利と読んでいました。
本局は大熱戦になりましたが、終盤は差がついてしまい残念だったです。

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事