ここから本文です
ブログ移転しました
毎年夏と年末に行われています世界の将棋大会のお知らせです。
今年の夏はお盆の時期の8月14日(火曜日)に行います。
世界の将棋大会の情報は世界の将棋大会ブログもありますので、こちらでも情報をチェックしていただけますとありがたいです。
昼食はセンター内に多くありますので、各自でお願いいたします。
多くの方にご参加いただけますとうれしいです。


世界の将棋大会のお知らせ 
チェス、シャンチー、チャンギを楽しみましょう。 
夏に行われる世界の将棋大会のお知らせです。 
8月14日(火曜日) 午前10時〜午後5時 
場所 国立オリンピック記念青少年総合センター 
東京都渋谷区代々木神園町3-1 TEL 03-6407-7703  
会費2千円  (女性・子供1000円)
入賞者には豪華賞品を用意しております。 
また珍しい世界の将棋の展示もおこないます。 
大会終了後は希望者で忘年会を予定しております。 
幹事 所司和晴  
連絡先 所司和晴 
メール shoshi961@gmail.com 
所司和晴七段による異種6面指しを行います。 
ジャック ピノー先生による目隠し6面指しを行います(予定) 

この記事に

朝日杯の予選一回戦と二回戦です。
予選一回戦は土佐浩司八段とです。
私が先手となり戦型は角交換四間飛車から向かい飛車となりました。
途中左美濃で玉のコビンが開いていたので▲3六歩が突けず▲7七角の自陣角で対抗しました。
しかし▲5六歩と突いた第1図では先手が若干作戦負けだったと思います。イメージ 2
第1図で後手も待つ手は難しいですが、先手からの仕掛けはなさそうです。第1図では△6四角と好所に角を打っておかれるのがいやでした。本譜は第1図以下△8五歩▲同歩△同桂▲6八角△4四角▲9八玉△9五歩▲同歩△8四銀▲4五歩△9七歩▲同桂△同桂成▲同玉△5三角▲8八玉△6四角▲4六銀△7五歩▲同歩△同銀▲7六歩△8四銀▲9四歩△9七歩▲7五桂の展開で先手有利となり、111手で勝つことが出来ました。第1図での△8五歩はさすがに指し過ぎだったと思います。
▲2九飛が生きて端攻めは大丈夫でした。△7五歩には率直に応じて大丈夫でした。
▲7六歩に△8六歩は▲7五歩△8七歩成▲同金でまだ先手に厚みがあります。
▲9四歩で待って▲7五桂もいいタイミングだったです。
その後は守りの金をはがし、玉の安定度で戦いやすかったです。
ただ終盤は優勢な場面で秒読みで好手が発見できず今一つではありました。

二回戦は大平武洋六段とです。
大平六段が先手となり戦型は▲6八銀型対角交換拒否型で流行形の1つとなりました。
第1図の手前▲4四歩の取り込みで▲3五歩△同歩▲4四歩を想定していました。
またそれであまり自信もないですが。
本譜の第1図は私はあまり調べていない形でした。イメージ 1
第1図で△5三銀でも一局の将棋のようにも思えます。
局後の検討では△5三銀は▲3三角成△同桂▲6六歩で以下△5五歩なら▲6五歩と反発して先手まずまずのようです。
本譜は第1図以下△5五銀左▲同銀△同銀▲5六歩△同銀▲2四歩△同歩▲4四銀△同金▲同歩△4二歩▲3五歩△5五銀▲3四歩△4四角▲4五金△同銀▲同桂△4六金▲3三銀△4五金▲4四銀成△同金▲7一角で後手不利となり、83手で負けとなりました。
△5五銀左▲同銀に△同銀でしたが、局後の検討では△5五同歩が勝ったようです。
以下▲4四銀△同金▲同歩△5四銀で難解な将棋です。
以下もし▲4五金なら△同銀▲同桂△4四角▲2四歩△同歩でどうなるかです。
本譜の方が▲5六歩△同銀で呼び込むならこの銀が働きそうで勝ると思ったのですが判断間違えでした。
▲3五歩で後手難しいとは思っていましたが、やはりいい案が内容でした。もし△3五同歩だといったん▲2六飛が好手で先手有利です。
以下銀をどう守ってもそこで▲3四金が厳しいです。
▲3五歩に△2三銀も▲3四歩△同銀▲3五歩でうるさいです。
しかし本譜の△5五銀は▲3四歩△4四角に▲4五金があまりにも厳しかったです。
この手でどうにも筋に入ってしまいました。
以下は粘れず短手数で負けとなってしまいました。
本局は残念だったですが、1日で1勝1敗は私としてはまずまずです。

この記事に

全国選抜シャンチートーナメントは7勝1敗で優勝することが出来ました。
初日は7月1日でお伝えした通り幸先良く4連勝スタートでした。
7月15日も3連勝で2日目で7戦全勝で優勝が決定しました。
16日は中国の専門棋手(プロ棋士)との対局です。
私は女子の特級国際大師の唐丹さんとになりました。
ある程度いい内容は指せましたが、さすがに強く結果は完敗でした。
表彰式では先日お伝えしたアジア傑作プレーヤー賞の表彰もしていただきました。
表彰式の後は専門棋手の車輪戦のイベントがあり私も参加しました。
私は成都棋院院長の蒋全勝先生とです。
こちらもある程度戦えましたが、やはり最後は差がつく負けでした。
でも中国の専門棋手と2局指せていい勉強になりました。
車輪戦は3人6面指しで全員全勝でした。
今回私の師匠の特級国際大師の趙国栄先生とは対局出来ませんでしたが、蒋全勝先生の地元でのペアマッチに今年も趙国栄先生が出場されるそうで、昨年に続いてまた師弟戦が実現できるかも知れません。
イベントのあとはイタリア料理店で歓迎会でした。
楽しい時間が続きましたが、私は明日朝日杯の対局があり途中で先に失礼させていただきました。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4

この記事に

昨日7月14日土曜日に所司一門将棋センター青砥店で行われました第1回子ども将棋教室団体戦は所司一門津田沼店チームが優勝しました。
イメージ 1

S+教室のメンバーでリーグ戦を行って上位5人を決めただけあって強かったです。
今年奨励会試験を受ける子も何人かいます。
準優勝は開成中学将棋部でした。
開成は文部科学大臣杯の東京都代表で東日本大会に出場メンバーが入っていますのでこちらも強かったです。
所司一門青砥店メンバーは下位から2番目でしたが今日の7月15日日曜日の日本将棋連盟東京都支部連合会主催の東京23区での第 1 回東京都小学生交流団体将棋大会ではA級で3位に入り健闘しました。
まだ支部連合会のホームページにはアップされていませんが、こちらのブログで大会の模様が載っています。

この記事に

来週の土曜日7月14日10時半から12時に所司一門将棋センター津田沼店の同じ階にある会議室を使って睡眠セミナーを行います
講師は私の知り合いの方で一般社団法人 日本栄養睡眠改善協会 代表理事の村井美月先生です。
講演はボランティアで無料です。
イメージ 1
テーマは子どもの将棋学習・学力をアップする!睡眠セミナーで、親子で楽しく眠りのことを学びます。
睡眠は将棋にとってもとても大切で、大事な試合の前などなかなか寝付かれず、睡眠の量もかなり勝負のうちと思います。
弟子の渡辺明棋王は棋王就位式で昨年、今年共に棋王戦五番勝負の最終局で睡眠が取れたかどうかを謝辞で述べていました。
当日の朝は私が受け付け役や会場誘導役など行います。
受付用紙は将棋センター入り口すぐの飴やパンフレットを置いてある机にあります。
もちろん私も当日は受付役のあと興味深く講演を拝聴します。
14日は講演を聴いた後は、所司一門将棋センター青砥店に向かいます。
この日青砥店では第1回こども将棋教室団体戦魔人チャレンジ企画などイベント盛りだくさんです。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事