ここから本文です
ブログ移転しました
上海の許建東さん(大山康晴賞を受賞)の立派な和室が完成しました。
タイトル戦にも使えるような吉田碁盤店のすばらしい盤と富月作の駒です。
富月作の駒は以前渡辺二冠の竜王記念将棋大会のとき駒制作の実演を行った時があります。
イメージ 7
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
これから上海の皆さんに素晴らしい和室で対局していけるようになります。

台州の学校訪問

台州でも学校訪問してきました。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
学校訪問のあとは外国人の先生の自宅にお邪魔しました。
立派な和室があり、許建東さんと対局しました。

上海での所司杯のあとは観光や学校訪問をしました。
その後は上海から台州に行ってきました。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
学校訪問は京都の皆さんと一緒でした。
まずはたくさん学校案内をしていただきました。
その後指導対局ですが、まず下手は勝利をあげましたが、時間内に終わった対局は少なく、途中までの将棋がほとんどでした。
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
台州には新幹線で行きましたので3時間ぐらいで着きました。
南の方で、温州の手前が台州です。
こちらでも学校訪問です。

無事上海から帰ってきました。
7泊8日でしたが、1泊2日で台州にも行ってきました。
まずは3月29日は上海についてすぐ所司和晴杯の前夜祭です。
ホテルまで車が渋滞で、ギリギリ始まりに間に合いました。
前夜祭では1年のいろいろな大会の表彰なども行いました。
3月30日は所司杯の大会。
日本からは20数名来られました。
ただ今年は私の地元からの参加はなしで、ちょっと残念でした。
会場は楼山中学で、楼山杯も並行して行われます。
所司杯の方は手合い割りの駒落ち戦なのでどなたにもチャンスがあります。
また部門もたくさんありますので、表彰もたくさんです。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
その後は観光です。
豫園や外灘など定番の観光ですが、豫園は何度行っても飽きません。
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
翌日はバスで上海市内より少し離れたところに観光に行きました。
映画やドラマで撮影に使う1930年代をイメージしたロケ地です。
イメージ 15

イメージ 16

イメージ 14

今日3月29日から上海に7泊8日で4月5日まで行ってきます。
明日は所司和晴大会を上海で行い、その後は許建東さんの教室で指導や学校訪問などしていきます。
イメージ 1

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事