ここから本文です
ブログ移転しました
竜王戦6組一回戦で金沢孝史五段戦です。
金沢五段が先手となり、戦型は流行の▲2九飛・4八金対△8一飛・6二金型にしましたが私は△5四銀を上がらない待機策にしました。
そして中住まいからチャンスがあったので右玉に組み替えました。
これで以前よくあった基本型の1つになりましたが、私はあまり右玉は採用しないので感覚がつかめていません。
イメージ 1

第1図は△4四銀▲5六歩△5二金▲2四歩△同歩▲同飛と進んだ局面です。
まず△4四銀では△5二金から△6二金の手待ちで千日手狙いの実戦例が多いです。
ただ積極的にいきたい気持ちがありました。
しかし▲5六歩に43分の考慮で結局6二の金を5二に寄って待ちました。
先手は▲2四歩の交換はちょっと怖いのではと思ったのですが、やはり2筋交換が自然な手で第1図では次の一手をどう指すか難しいです。
第1図で平凡に△2三歩▲2九飛なら無難ですが、一歩を手に持ち先手一応満足です。
それで第1図から△6五歩▲同歩△同桂を読んだのですが、▲6八銀を心配しました。以下△8六歩▲同歩△8七歩▲同金△1三角▲2九飛△4六角という順でどうかですが、この変化の他に△8七歩に▲7九玉の変化も△2三歩▲2九飛△8六飛に▲6四歩△同銀▲9七角△8八角▲同金△同歩成▲6九玉の変化も気になりました。
それで第1図で38分の考慮で△3五歩と突きました。
以下▲3五同歩△6五歩▲同歩△同桂▲6四歩△同銀▲6六銀左△8六歩▲同歩△8七歩▲同金△8五歩▲6五銀△8六歩▲7七金△6五銀▲6四桂△6二玉▲8二歩△7一飛▲8四角で後手劣勢となり負けです。
最後の△7一飛は▲8四角の見落としでひどかったですが、他の場所に逃げても後手苦戦です。
第1図から3筋を突き捨ててから△6五歩で工夫しました。
△6五同桂に▲6六銀左ならじっと△6四歩で後手の陣形が安定しています。
▲6四歩が相手の打ちたいところへ打てで強気な反撃でした。
ただ3歩入ったので玉頭からの継ぎ歩で行けそうでしたが、やはり△5二金と寄っている形が薄く激しい攻め合いは局後の検討でも後手が指せる変化が出ませんでした。
右玉は指しなれていないので、やはり中終盤の感覚がつかめませんでした。

この記事に

1月5日、6日に目黒区民センターで行なわれたシャンチーの日本リーグは4勝1敗で2位通過のあと優勝決定戦に負けて2位でした。
初日は3連勝と好調のスタートでした。
2日目の1局目が全日本選手権2連覇はじめ出場した大会のほとんどを優勝されているグエンさんとです。
グエンさんはベトナムでは30位以内に入り実力者です。
ベトナム将棋のカートンはシャンチーと同じですので本国のしょうぎで、世界では中国に次いでレベルが高いです。
この対局が大事でしたが、優勢な内容を昨年の全日本選手権の優勝決定戦同様に持ち時間が切れての負けでした。
ただ次の5局目は勝って4勝1敗の2位通過で優勝決定戦に出られました。
ただ2位通過ですと、黒方(後手)で引き分けは負けなので厳しい戦いです。
中局(中盤)は有利でしたが、さすがにグエンさんは強く負けでした。
残念ではありますが、内容はどれも良かったです。
昨年の日本リーグは入賞が出来なかったので、2位はまずまずです。
この1年は全日本選手権2位、全国選抜トーナメント優勝、快速トーナメント優勝、日本リーグ2位といい結果は出せています。
この調子で国内大会は常に優勝を目指してがんばります。
イメージ 1

この記事に

皆様新年あけましておめでとうございます。 
所司一門将棋センター2号店の青砥店はオープンして1年が経ちました。
昨日から青砥店におりますが、大晦日が30人、元旦が25人でお客様の数はまずまずです。
明日2日から4日まで私は指導対局などでずっと青砥店におりますので、新年皆様とお会いできますとうれしいです。 
イメージ 1
写真は今日(元旦)の指導対局です。

将棋の方はフリークラスになってからだいぶ経ち、引退の時期も近くなってきました。 
昨年の公式戦の成績は年度で見ますと2勝8敗で大幅に負け越しでした。
いい内容はある程度ありましたので残念です。
来年は気持ちを新たにもう少し勝てるようにがんばりたいです。

シャンチーの方では国際大会は9月に四川省でのダブルス戦で女子選手と組んで優勝できたのはとてもうれしい出来事です。
中国や世界のトップ選手に負けなしで勝ち進めたのは夢のようでした。
10月余勢をかってアジア選手権(団体戦)で国際大師の資格獲得を目指しましたが、2勝1敗3引き分けであと0・5ポイントの差で獲得できなかったのは惜しかったです。
国内大会は1月の日本リーグは悪かったですが、全日本選手権2位、全国選抜トーナメント優勝、快速トーナメント優勝と、しり上がりに調子が良くなりました。

今年は10数年ぶりにチャンギ(韓国将棋)の世界大会にも出場し、外国人部門では4位でした。
このときは将棋でも多く交流しました。
海外の将棋普及は毎年上海に行ってます。
昨年は春の所司和晴杯の他、8月に杏林堂杯で鈴木大介九段と行ってきました。

57歳になりましたので生活習慣などで少し問題はありますが、基本的には元気です。
健康に注意して、今年1年も良い年にしたいです。
今後の普及も国内は2つの所司一門将棋センター、海外は上海中心で活動していくつもりです。 
今年もどうぞよろしくお願いいたします。 
 

この記事に

所司一門将棋センター青砥店年末年始は無休です。
私は青砥店に今日12月31日大晦日から1月4日まで5日間ずっとおりまして指導対局などします。 
1月4日は渡辺弥生女流初段も指導対局をします。
皆様青砥店にお越しいただき、お会いできますと幸いです。
指導対局は1時間目安ですが、1,000円とお安くなっています。他にもじっくり指しますコースもあります。
青砥店、津田沼店の生徒さんは半額です。
多くの皆様と対局で交流できればとうれしいです。
12月31日と1月4日は平日営業で14時から20時30分まで、1月1日から3日は休日営業で12時から20時30分ですのでお間違えのないようよろしくお願いいたします。
なお所司一門将棋センター津田沼店は12月31日から1月4日までお休みとなっていますので、お間違えのないようにお願いしいたします。
津田沼店の教室の生徒さんは青砥店は何時からでも席料500円とお安くなっていますので、この機会に青砥店に来ていただけるとうれしいです。
津田沼の生徒さんは席料+指導対局で合計1000円という形です。
皆様年末の指し納め、新春の指し初めにお越しいただけますと幸いです。
よろしくお願い申し上げます。


指し納め・新春指導対局のお知らせ
今年も、所司一門将棋センターのご愛顧、ありがとうございました。
所司一門将棋センター(青砥店)年末年始のお知らせです。
青砥店は12月31日(月)から1月4日(金)、休まず営業いたします。
(津田沼店は12月31日(月)〜4日(金)まで休み、5日から通常営業)
 
トーナメント毎日!!開催
指し納め、新春トーナメント優勝者は、豪華な著書を選べます。
トーナメントの締め切りは、営業開始から1時間くらいで締切り予定です。
参加希望の方は、お早めにお越しいただけましたら幸いです。
 
所司和晴七段が青砥店で毎日指導対局!!
1月4日(金) 渡辺弥生女流初段も新春の指導対局に青砥に来ます。
指導対局は開店から18時頃まで指導予定、どなたでも気軽に受付いたします。
(指導時間 60分)
 
将棋センター 18時以降は
所司こと『しょっしーと将棋のお稽古』!!
定員3名~4名  料金 席料別 1500円 (授業時間 約90分)
メールアドレス ko-ko-ts@docomo.ne.jp
担当 菅 利彦まで
 
  • 申込み優先 締め切りの際はご了承ください。
 
 
 
センター営業時間と指導対局について 
ご確認をお願いします。
 
  • 指し納め 『12月31日(月)』
営業時間 14時〜20時30分
指導対局受付 14時〜
講師 所司和晴七段
 
  • 新春指導対局 『1月1日(火・元旦)、2日(水)、3日(木)』
営業時間 12時〜20時30分
指導対局受付 14時から
講師 所司和晴七段
 
  • 渡辺弥生女流初段 指導対局 『4日(金)』
営業時間 14時〜20時30分
指導対局 14時から 
講師 渡辺 弥生 女流初段 所司和晴七段
 
指導料金について
『席料別1000円』 『教室生徒(青砥・津田沼)500円』 
何度でも指導を受けられます。『多面指し』
指し納め、新春の指導対局に、是非、ご利用を頂けたらありがたいです。
4日(金)!! 渡辺弥生女流初段が指導に来ます。
※津田沼店・青砥店の生徒利用料金につきましてはこちらをご覧ください
 
12月31日(月)から1月4日(金)は菅が席主を行います。
どうぞ、みなさま良い新年をお迎えできますように、
今後とも、所司一門将棋センターをよろしくお願いいたします。

この記事に

年末の世界の将棋大会は無事盛況のうちに終了いたしました。  
トータルでは30名以上で夏よりも多かったです。
 毎回多くの皆さんに参加していただきありがとうございます。
今回も前回に引き続き岡野さんがたくさんの珍しい世界の将棋を持ってきていただき展示することが出来ました。
イメージ 1



イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

岡野さんは世界の将棋の多くの著書も書います。
今回は台湾のシャンチーの女子の代表でたくさん国際大会に出られている李さんが日本に留学されているとのことで来ていただきました。
李さんは日本語が上手になり、将棋を紹介し教えました。
シャンチーの強豪なのでのみこみが早かったです。
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

午前中からのシャンチー、チェス、チャンギの講座は日本シャンチー協会理事の熊野さんにも残局(終盤)の講座で入っていただきました。
私は布局(序盤)の講座です。
続いてチャンギ(韓国将棋)の講座をおなじみの宋さんにしていただきました。
宋さんの講座は本の内容を使って中盤戦を解説されました。
最後の講座はチェスでジャック ピノー先生です。
早指しのトップクラスの実戦をも元にイメージ的な考え方を取り入れたいい内容でした。
午後1時半ごろからいつものように私は異種6面指しで、ジャック ピノー先生は目隠しの多面指しです。 
私はまずどうぶつしょうぎが負けです。
今回初めて来ていただいたドラフツの方です。
さすが読みがしっかりしていました。
その後はどれもじっくりした対局です。
マークルックは難しい中盤戦から飛車を切って結果は三枚替えになる大技で勝利できました。
シャンチーは定跡形から細かい有利を積み重ねて快勝できました。
チャンギは先月の世界大会で外国人部門で優勝された董さんでさすがに厳しく負けでしたが、途中までは優勢でした。
大桂馬の象のうまい動きで王手車取りがかかってしまい残念だったです。
将棋は指定局面バトルで取り上げた新しい戦型でしたが小さな有利を積み重ねて快勝できました。
でも結構時間はかかりました。最後に残ったのがチェスで前はレーティング1700点台とのことで少しずつ指しにくくなり、最後は一気にチェックメイトで決められて完敗でした。
3勝3敗でいつもと比べると今一つでしたが、どの大会もいい内容で私自信とても楽しめました。
ジャック ピノー先生は目隠しの多面指しは、ピノー先生の5勝1敗でした。
表彰は今回はずば抜けた方がいなかったですが勝率で最優秀賞はなしで、優秀賞を多面指しのイベントに勝った方や多種目、多い対局数の多い方など7人にしました。
優秀賞の方は好きな賞品を2つ選べる形です。
大会のあとは忘年会です。
こちらも楽しいひとときが続きました。
また来年も8月、12月と年2回のペースで世界の将棋大会を行ってまいりますので、近くなりましたらこちらのブログなどでお知らせいたします。 
世界の将棋関連のイベントでは3月17日曜日に日暮里駅前で「世界の将棋まつり」を開催予定です。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事