ここから本文です
ブログ移転しました
5月3日から5日は青砥将棋まつりを行い、5日の今日は渡辺明杯かつしか子ども将棋大会が無事終了しました。
一昨日は所司一門将棋センター青砥店に約70人、昨日は渡辺明棋王や松尾歩八段も来て約90人のお客さんが来場していただきました。
子どもさんのご父兄の方も見えましたので、2日間とも100名を超す人数で大盛況でした。
最後の日の今日は渡辺棋王が審判長での子ども大会です。
イメージ 1
イメージ 2

イメージ 3
イメージ 4

イメージ 5
イメージ 6


メインは青砥地区センターですが、D級は所司一門将棋センター青砥店で行いました。
参加選手は130人弱でC級が40人以上で一番参加が多かったです。
指導対局は青砥地区センターでの午前は渡辺棋王、石井健太郎五段、近藤誠也五段が行いました。
私は大会観戦などのんびりさせていただきました。
お昼に所司一門将棋センター青砥店に私と渡辺棋王で行きましたらもうすぐスイス式トーナメント5回戦が終わるところで、それを待って挨拶をし、表彰式を行いました。
その後D級の審判担当の石田直裕君とで地区センターに戻り、午後からは宮田敦史六段、石田直裕五段を加えての指導対局となりました。
大会はおおよそ3時前後に順次終わりました。
かつしか名人には幡谷君がなりました。
幡谷君は所司一門将棋センター津田沼店が奏の森にあったころから来ていた子です。
渡辺棋王との記念対局は飛車香落ちでした。
今回青砥での大会ははじめてですが、スムーズに大会を終えることが出来ました。
スタッフの皆さんありがとうございました。
大会が終わった後はフタッフの皆さん中心で打ち上げをしました。

この記事に

イメージ 2

イメージ 3

ゴールデンウイークの5月3日、4日に行われましたシャンチーの全日本選手権は5勝2敗で2位に終わりました。
スイス式トーナメントを5勝1敗で2位通過で終え、最後が決勝戦となりましたが、5回戦でも負けた前年優勝のグエンさんにまたも敗戦で2位でした。
5回戦は少し有利な局面で持ち時間が切れて、決勝戦は勝てる局面での時間切れ負けで残念だったです。
ただ2位は前回5位でしたので順位は大きくアップ出来ました。
全日本選手権の模様は日本シャンチー協会のオフィシャルブログに載っています。
イメージ 1

この記事に

竜王戦6組昇級者戦で泉正樹八段戦です。
私が先手となり、戦型は左美濃急戦となりました。
私は何度か採用している居玉で引き角にする対抗策です。
第1図の8筋の突き捨てがない形で、昨年の8月25日に朝日杯で佐藤紳哉七段と戦っています。
そのときは▲7五歩△8四飛▲5七銀と対抗しましたが、△4四歩とされると難しい将棋でした。
本譜は4つ歩があるので第1図から動いていきました。イメージ 1
第1図以下△7四飛▲2四歩△同歩▲2三歩△同銀▲2五歩△同歩▲2四歩△1四銀▲2五桂△3二金▲7五歩△8四飛▲1六歩△4四角▲3七銀△2七歩▲6八飛△2五銀の順となり、桂損で先手不利となりました。
第1図で歩が多いので▲2四歩からどんどん行きましたが、△1四銀を軽視していました。
形が悪いようですが、結局桂と取られる順になってしまいました。
▲2五桂のところ▲1六歩としたいのですが、△7六飛▲同銀△9九角成で次の△2六香が厳しく先手不利です。
本譜は▲1六歩に対して単に△4四角が好手で困りました。
読みでは△4五銀なら▲1五歩△2七歩▲同飛△3六銀▲3三歩で行けそうです。
また△2六歩▲同飛△4四角も▲3五歩で難しいと考えていましたので甘かったです。
本譜の△4四角に▲3五歩は△4五銀▲1五歩△2七歩▲同飛△3六銀で角の当たりも避けられているのでだめです。
桂損した局面はかなり悪くなったのですが、その後少し接近してきたと思ったのですが、終盤見事な寄せをうっかりで決められてしまいました。
結局第1図では無難に▲7五歩が普通で△8四飛にどうするかです。
一例は3つ歩があるので▲2四歩△同歩▲2五歩△同歩▲2四歩△4四角▲2五飛△2二歩と動くのはありますが、やはりここからが難しいです。

この記事に

5月のゴールデンウイークの3日、4日、5日は所司一門主催で青砥将棋まつりを開催します。
5月3日、4日が所司一門将棋センター青砥店で12時から20時30分まで行います。
また3日、4日とも午前中は予約制のこども将棋大会を開催します。
3日のちらしアップしました。
イメージ 2

ホームページのお知らせはこちらです。
4日のチラシもアップします。
4日は豪華で渡辺明棋王、松尾歩八段ともに来場します。
5月5日が最も大きなイベントで所司一門将棋センターのホームページでお知らせしていますが、渡辺明杯かつしか子ども将棋大会を青砥地区センターで行います。
なお初心者クラスのD級は所司一門将棋センター青砥店で行うことに変更となりましたのでご了承ください。
大会の賞品はだいたい一門での記念将棋大会や夏休み子供将棋大会などと同じような賞品です。
賞品の詳細も近日中にホームページなどにアップします。
参加賞は将棋センターの無料券とともに新作で渡辺棋王はじめ数人の一門棋士の似顔絵が入っているクリアファイルですので楽しみにしてください。
かつしか名人戦の部門はさらに追加の参加賞として渡辺棋王の色紙を模った駒のキーホルダーももらえます。
イメージ 1

御蔵島の柘植で限定品ですので、棋力が低い方でも葛飾区在住の方はかつしか名人戦の部門に出られるのがおすすめです。
なお私は3日、4日はシャンチーの全日本選手権がありますので、5日のみ出演です。
 

この記事に

明日3月29日(木曜日)は所司一門将棋センター青砥店で14時から2回目の春休み無料体験教室です。
講師は私所司和晴七段が行います。
対象はこれからルールを覚える方から有段者の方まで幅広く対応します。
大人の方も大歓迎です。
前回の3月21日は大人の方に多く来ていただきました。
体験教室は初めに将棋センターや教室の説明などをしてから大盤解説をはじめます。
大盤解説の内容は以前将棋世界に連載しました「さあ将棋をはじめよう」という講座で行います。
予定は1回目と同じ「定跡を覚えよう」からですが、参加者の棋力に応じてどの場所から行うか決めます。
これからルールを覚える方もスタッフがていねいに対応いたしますので、ふるってご参加いただけますとうれしいです。
大盤解説は40分程度で、その後私の指導対局となります。
写真は前回の春休み体験教室の模様です。
イメージ 1

イメージ 2

無料体験教室は16時で終わりになりますが、16時からもまだまだ指していかれたい方は、夕方料金の800円で将棋センターが終わる20時半までたくさん指せます。
また明日は各教室で受講できなかったり、教室が平日希望の方用に補講も18時ごろから行います。
ですので、明日はずっと青砥店におります。
今週は日曜日から今日の水曜日までずっと津田沼店でした。
あさってからは中国の上海に8泊9日で行ってきます。
しあさっての3月31日は毎年恒例の上海での所司和晴杯大会です。
今年は日本からも30人ぐらい交流に行きます。
京都と高知県が多く、私の地元からは私含めて5人です。
31日の所司和晴杯大会のあと観光もありますが、将棋の指導で学校訪問をしてきます。


春休み無料体験教室のお知らせ
 
春休みから将棋を、はじめよう!!
 
場所 所司一門将棋センター 青砥店
 
青砥店!!春の将棋企画 無料体験将棋

講師 所司和晴七段
 
日時
3月21日(水・祝) 14:00~16:00
3月29日(木)   14:00~16:00

「対象」

将棋のルール、駒の名前、駒の動かし方から学びたい方、有段者の方まで学べます。
大人の方も、見学、体験は可能です。
ぜひ、この機会に学んでみませんか(*^。^*)
親子での参加も大歓迎です。
申し込み、お問い合わせは、こちらです。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事