ここから本文です
ブログ移転しました

書庫全体表示

竜王戦6組一回戦で石川陽生七段戦です。
石川七段が先手となり、三間飛車から角交換向かい飛車となりました。
私は美濃囲いに組み、直近で弟子の石田直裕五段が指した順と同じにしました。
工夫は1筋を早めに突き合って、9筋を詰めていることです。
これで▲8五桂の筋をけん制していると思います。
石川ー石田戦は▲5六歩から▲5七銀〜▲8九飛〜▲6八金というじっくりした展開でした。
本譜は先に▲8九飛と引いて、いきなり▲8五桂と捨てました。以下△同飛▲8六歩に飛車の逃げ方が悩ましいです。
元に位置に引く△8二飛は▲8五歩のときうまい対策がないと後手大変です。
たとえば△9三桂では▲8四歩△8五桂打▲8三角で次に▲9四角成があり後手不利です。
飛車は横に逃げるべきと思いますが、どこが最善かわかりません。
本譜は△3五飛(第1図)と変な感じのところに逃げました。
イメージ 1
△2五飛が普通だったと思いますが、△2四桂と打つ筋のときは▲2六歩△同飛▲2七銀の筋が気になりました。
本譜は第1図以下▲8五歩△4四角▲6六角△9三桂▲4四角△同歩▲8四歩△8五飛▲同飛△同桂▲6六角△8七角▲5八金左△7六角成▲8三歩成△8六歩▲8八歩△8九飛の展開でやや有利で進み、結果は106手で勝つことができました。
ただこの後有利を拡大したのですが、一回縮めてしまったと思います。
その後優勢になってからは、手厚く駒を自陣に投入してじっくり指し、チャンスの場面では一気に馬と龍を切って決めることができました。
まず第1図で▲8五歩はやや意外でした。▲8二角や▲7二角などいろいろあり、どちらもわからなかったです。
石川七段は▲8二角は△9三香▲9一角成△9六歩▲同歩△同香▲同香△9五歩で先手大変との見解でした。
私の方はいったん逃げてから香車を捨てるので、あまり深く読んでいませんでした。
私は▲2八角には△5五角をメインに読んでいました。
第1図の▲8五歩にも次の一手をどう指すか迷いました。
△9三桂で飛車をさばくことは可能となりましたが、△2四桂も狙い筋で有力です。
本譜は△4四角ですが、これも良かったようです。
ただ飛車交換後の▲6六角も粘り強い手です。
ここ▲8三歩成は△5五角が好手で後手良しです。
なお△8五飛の飛車交換で△8五桂もありましたが、やはり▲6六角の自陣角で次が分からなかったです。
△8六歩の垂らしはと金の速度では遅いようですが十分間に合いそうです。
▲8八歩と受けてもらえて、△8九飛から△9九飛成と香車を取りやすくなり、十分になったと感じました。
これで公式戦は3連勝となり好調です。

20日水曜日に佐藤天彦名人と王位戦の対局があります。
好調を維持して名人と指せますので、いい内容の将棋にしたいです。
現名人との対局は20年以上前にさかのぼり、かなり久しぶりです。
名人と指せる機会はもう最後かなと思っています。
年内はもう1局25日月曜日にも対局があります。
年末にこんなに対局が続くのは私としては珍しいです。



この記事に

  • 顔アイコン

    4連勝を期待しています! 削除

    [ 川口宏 ]

    2017/12/16(土) 午前 3:42

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事