ここから本文です
ブログ移転しました

書庫全体表示

イメージ 1
王位戦の予選4回戦で佐藤天彦名人とです。
佐藤(天)名人が先手となり、戦型は角換わり模様から▲8八銀でなく▲6八銀でしたので△4四歩と角道を止めて対抗しました。
以下進んだ局面は準備していた順になり、後手としては一応満足と思っていました。
第1図は▲2四歩と突いた局面です。
この手で▲3四歩なら△4五歩▲3七銀△3四金として、△3六歩を受ける▲1八飛なら△5三銀から盛り上がって 後手十分と思っていました。
第1図の▲2四歩は指されてみれば自然な一手です。△2四同歩もありますが▲同飛で、後に手順に▲2六飛と引かれるのが不満と思いました。たとえば▲2四同飛に△3五歩は▲5六歩△5三銀▲5五歩の調子でしょうか。
本譜は第1図以下△3五歩▲2三歩成△同銀▲5六歩△5三銀▲5五歩△4一玉▲7五歩△同歩▲7四歩△8四角▲3五銀△7六歩▲8八角△3六歩▲2四歩△1四銀▲5四歩△同金▲3四銀△2二歩▲5五歩△6五金▲5四歩△同銀▲4四角△6六角▲同角△同金▲7一角の進行で、こうなっては後手不利で、以下77手の短手数で負けとなりました。
第1図から△3五歩で後手まずまずと思っていましたが、▲2三歩成△同銀に▲5六歩で、次に▲5五歩を見せられ後手難しいです。
△5三銀は普通と思いますが、▲5五歩に△同歩では▲7五歩で先手ペースです。
ゆえに△4一玉も無難と思いました。
ここで▲7五歩△同歩▲7四歩で角筋をそらしにきました。
△8四角の方が角が働いていると思いましたが、△6二角も考えられました。
▲3五銀△7六歩▲8八角と進んでみると、先手はカベ角が嫌みと思いましたが、▲5四歩△同銀▲4四銀のさばきがあり、ここで次の一手をどう指すか難しいです。
本譜の△3六歩は攻め込まれて疑問でした。
佐藤(天)名人は△5五歩▲同角△6四歩で難しい将棋との見解でした。
角をさばかれ後手不満のようですが確かに難しく、この順が本筋の展開でした。
△3六歩以下は一気に筋良く攻められ、不利になってしまいました。
その後は粘りのきかない将棋になってしまい残念だったです。
第1図あたり後手十分と思っていましたが、後手は居玉なのでまとめるのが難しく、実戦的には大変でした。


この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事