ここから本文です
ブログ移転しました

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 6

イメージ 5

イメージ 8

イメージ 7
年末の世界の将棋大会は無事盛況のうちに終了いたしました。 
今回は始まりのときは15名ぐらいで、トータルでは30数名でした。
毎回多くの皆さんに参加していただきありがとうございます。
対局が一段落した11時ごろから私がシャンチーの講座を行いました。
何回か続いていますので入門講座というより、過宮炮という少ない布局を紹介しました。
メインは過宮砲対中砲の駒組みや戦い方の感覚などを主に解説しました。
この過宮炮は来年の全国選抜トーナメントの指定局面でもあり、解説するのが私自身にもためになります。
続いてチャンギ(韓国将棋)の入門講座をおなじみの宋さんにしていただきました。
宋さんの講座も出だしの駒組みで、知っている部分も結構ありましたが、改めて参考になりました。
最後の講座はチェスでジャック ピノー先生です。
白マスと黒マスの戦い方での考え方で、少し中級から上級向けの部分もありましたが、チェスはみなさん知っている方がほとんどなので、ちょうどいい内容だったと思います。
私も大変参考になりました。
午後1時半ごろからいつものように私は異種6面指しで、ジャック ピノー先生は目隠しでチェス6面指しです。 
私はまず勝率の悪いどうぶつしょうぎを勝ちました。
その後はどれもじっくりした対局です。
チェスが大きなミスをして大苦戦になりました。
その後ほぼ互角近くに戻した感があったのですが、ルークを捨てる妙手順でうまく負かされました。
チャンギもうまく指され完敗でした。
シャンチーは布局はほぼ互角でしたが、将棋やチェスでは少ない筋に入って、こちらは快勝でした。
マークルックは互角が続き1手1手結構考える展開でしたが、駒得となり最後は快勝でした。
最後に残ったのが将棋で、こちらも中盤までは僅差でしたが、結果は快勝でした。
今回は4勝2敗でしたが、最後は差がつく展開になり全部終了したのはいつもよりは早めでした。
表彰は今回はずば抜けた方がいなかったですが勝率を重視して最優秀賞をお一人決めました。
あとは多面指しのイベントに勝った方や多種目、多い対局数の多い方など優秀賞にしました。
大会のあとは忘年会のような形で打ち上げです。
こちらも大勢の方に参加いただき、楽しいひとときが続きました。
また来年も8月、12月と年2回のペースで世界の将棋大会を行ってまいりますので、近くなりましたらこちらのブログなどでお知らせいたします。 

この記事に

  • 顔アイコン

    盛況、おめでとうございます。将棋(シャンチー)のファンが増えるといいですね。 削除

    [ 熊野和伸 ]

    2017/12/31(日) 午後 0:09

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事