ここから本文です
ブログ移転しました

書庫全体表示

棋王戦の予選一回戦で青嶋未来五段戦です。
私が先手となり、相矢倉から後手右玉の戦型となりました。
古くから時折指されている形ですが、実戦的には飛車先を切って、先手十分の体制に感じました。
イメージ 1
第1図は△4一飛を△8一飛と戻した局面です。
少し前まで実戦例のある将棋でした。
私は11分の考慮で▲2九飛と引いて手待ちをしました。
ここは▲8八玉もあり迷いました。以下△7五歩▲同歩△7七歩なら▲同銀と銀桂交換に応じて先手大丈夫そうです。
▲7七同銀で▲7七同桂は△8六歩▲同歩△6六角▲同金△8六飛の十字飛車が決まります。
▲8八玉に局後の検討では、それでも本譜のように△1三角で戦うとのことです。以下▲同角成△同桂▲4六角△2四角▲同角△同歩▲4六角△3三金▲1五歩△同歩▲同香でどうかですが、本譜より若干先手が勝ったようです。
第1図から本譜は▲2九飛△1三角▲同角成△同桂▲4六角△2四角▲同角△同歩▲4六角△3三金▲7七桂△同桂成▲同銀△3五歩▲4四歩△同銀▲4五桂打△2三金▲4七銀△2五桂▲6五歩△3七桂不成▲同角△6五歩▲6四歩△5二銀▲5七桂△3四桂▲3五歩△4六歩▲3四歩△4七歩成▲3三歩成△3七と▲2三と△4六角▲8八玉△6六桂で先手不利となり108手で負けとなりました。
▲2九飛には△1三角が有力でした。△3三金まで後手はうまく間合いをはかっています。
ここで次の一手をどう指すか迷い▲7七桂としましたが、疑問手でした。
ここは堂々と▲8八玉あたりで一局の将棋でした。私は以下△8六歩と飛車先を切って待たれたとき難しいと思いましたが、局後の感想で青嶋五段は△8六同飛のとき▲8七金△8一飛▲8六歩と手を渡されると後手難しいとのことでした。
お互い手待ちをしてパスするのが有有力な難しい将棋でした。
本譜の桂交換は△3五歩が好手で軽視していました。普通は▲3五同角ですが△4八角と打たれて応手が難しいです。
青嶋五段は△3五歩に▲9五歩が心配だっとのことです。以下△3六歩▲9四歩△9二歩で、後手十分ではありますが、実戦的には大変とのことです。
本譜の▲4四歩は暴発でした。
▲4五桂に△2三金が好手で軽視していました。ここ△3四金▲6五歩ならいつでも▲3五歩の強攻策があり相当と思っていました。
本譜はその後6筋に拠点を作り、▲5七桂と打った場面は少し難しくなった気がしましたが、△3四桂が好手でやはりだめでした。
青嶋五段の緩急自在の指しまわしに完敗でした。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事