ここから本文です
ブログ移転しました

書庫全体表示

竜王戦6組一回戦で金沢孝史五段戦です。
金沢五段が先手となり、戦型は流行の▲2九飛・4八金対△8一飛・6二金型にしましたが私は△5四銀を上がらない待機策にしました。
そして中住まいからチャンスがあったので右玉に組み替えました。
これで以前よくあった基本型の1つになりましたが、私はあまり右玉は採用しないので感覚がつかめていません。
イメージ 1

第1図は△4四銀▲5六歩△5二金▲2四歩△同歩▲同飛と進んだ局面です。
まず△4四銀では△5二金から△6二金の手待ちで千日手狙いの実戦例が多いです。
ただ積極的にいきたい気持ちがありました。
しかし▲5六歩に43分の考慮で結局6二の金を5二に寄って待ちました。
先手は▲2四歩の交換はちょっと怖いのではと思ったのですが、やはり2筋交換が自然な手で第1図では次の一手をどう指すか難しいです。
第1図で平凡に△2三歩▲2九飛なら無難ですが、一歩を手に持ち先手一応満足です。
それで第1図から△6五歩▲同歩△同桂を読んだのですが、▲6八銀を心配しました。以下△8六歩▲同歩△8七歩▲同金△1三角▲2九飛△4六角という順でどうかですが、この変化の他に△8七歩に▲7九玉の変化も△2三歩▲2九飛△8六飛に▲6四歩△同銀▲9七角△8八角▲同金△同歩成▲6九玉の変化も気になりました。
それで第1図で38分の考慮で△3五歩と突きました。
以下▲3五同歩△6五歩▲同歩△同桂▲6四歩△同銀▲6六銀左△8六歩▲同歩△8七歩▲同金△8五歩▲6五銀△8六歩▲7七金△6五銀▲6四桂△6二玉▲8二歩△7一飛▲8四角で後手劣勢となり負けです。
最後の△7一飛は▲8四角の見落としでひどかったですが、他の場所に逃げても後手苦戦です。
第1図から3筋を突き捨ててから△6五歩で工夫しました。
△6五同桂に▲6六銀左ならじっと△6四歩で後手の陣形が安定しています。
▲6四歩が相手の打ちたいところへ打てで強気な反撃でした。
ただ3歩入ったので玉頭からの継ぎ歩で行けそうでしたが、やはり△5二金と寄っている形が薄く激しい攻め合いは局後の検討でも後手が指せる変化が出ませんでした。
右玉は指しなれていないので、やはり中終盤の感覚がつかめませんでした。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事