ここから本文です
ブログ移転しました

書庫全体表示

叡王戦予選一回戦で小林宏七段戦です。
本局はニコ生で放送され、モバイル中継もありました。
私が先手となり相矢倉の戦型になりました。
私は急戦を警戒し、▲7七銀型から▲2五歩を早く決める最近多い出だしです。
小林七段はそれでも△6四歩で急戦矢倉を狙いましたので、急戦をけん制して▲4七銀・△6三銀型の相矢倉となりました。
私は▲8八玉に代えて▲9六歩とし、小林七段が手抜きで△2二玉でしたので、▲9五歩と端歩を伸ばす形にしました。
対して1筋を突き合ってから△6五歩▲同歩△同桂の仕掛けに来られました。
私はどちらかというと△6五同桂で△7五歩かと思いましたが、本譜の方が有力でした。
対して▲6六銀では▲7九玉型を生かしにくいと思い、▲8八銀とがんばりました。
対して△8六歩と突いて第1図です。
イメージ 1

私は第1図の△8六歩ではどちらかというと△7五歩や、△6四銀▲6六歩△7五歩などを予想していました。
△8六歩はカベ銀を相手にするのでやや意外でした。
しかしこれで先手難しいようです。
本譜は率直に▲8六同歩と応じましたが、局後の検討で小林七段は▲6六歩△8七歩成▲同銀△8六歩▲9八銀を気にされていたそうです。以下は△9四歩か△7五歩ですが、確かに有力でした。
本譜は▲8六同歩に△6六歩でした。
小林七段の当初の予定は△8六同角でしたが、▲6六歩△6八角成▲同玉と応じてどうかです。
△6六歩以下▲同金△8六角▲6五金で桂得となりましたが、△6八角成▲同飛△5七角で準王手飛車です。
小林宏七段は▲6八同飛で▲6八同玉△6四歩▲7三角の順をメインに読まれていました。ここで飛車をどうするかですが、先手自信はないです。
ただ本譜よりはましでした。
本譜は△5七角以下▲7三角△6七歩▲同金△6八角成▲同金△8三飛▲9一角成△4九飛▲6九角△1九飛成▲8七香△8五香で先手劣勢となり、88手にて負けとなりました。
途中△6七歩は歩切れなので打ちにくいと感じましたが、好手でした。
▲9一角成は粘りを欠いた手で▲6二角成で対抗するべきでした。以下△4九飛▲6九角△1九飛成▲8四歩△8二飛に▲6三馬と銀を取ると△6一香が痛いですが、▲6三馬でなく▲7三馬としてどうかです。
苦しい戦いと思いますが、本譜より勝りました。
本譜は△1九飛成とされた場面でどうにもまとまらない形でした。
このあたりはっきりした判断ミスで完敗でした。
放送や中継のある対局でしたので、もっといい内容を指したかったです。
短手数での負けは残念です。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事