全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

平成27年11月5日(木)
江差町阿弥陀寺様にて、
当教化団主催の帰敬式が行われた。

○戒師  阿弥陀寺住職  花田恭順上人
○勧誡師 当教化団副団長 寺井一哉上人
○日程
13:00  受付・諸説明
13:15  開白法要(かいびゃく ほうよう)
13:45  勧  誡 
14:25  休  憩 
14:40  勧  誡 ②
15:20  休  憩
15:35  帰  敬  式
16:30  閉  式

帰敬式とは、浄土宗入門の第一歩であり、
阿弥陀如来前にてお念仏についてのお話を聞き、
お念仏を称え、明るく正しく仲良く生き、
お念仏の教えを守ってゆく誓いをたてる儀式である。

当教化団の主たる事業として進めており、
この度で3回目の開催である。

この度は受者(参加者)は、ご当山の檀信徒を中心に、
組内のご寺院檀信徒が56名ご参加くださいました。
普段とは違う荘厳な雰囲気の中、
法要・勧誡・帰敬式とすべての滞りなく終了させていただきました。

今後も継続的に開催し、
お念仏の教えに御出会いする機縁を増やし、
さらにはお念仏の信仰を深めていきたい。

合掌

①開白法要の様子
イメージ 1
②勧誡の様子
イメージ 2
③オリエンテーション・諸説明の様子
イメージ 3
④帰敬式の様子
イメージ 4
(写真提供:函松組分団長・豊国寺住職 蔦 佳宏 上人)合掌十念

平成27年3月4日(水)

小樽市忍路の大忠寺様にて、
当教化団主催の帰敬式が行われた。

○戒師  大忠寺住職  長尾夕照上人
○勧誡師 当教化団理事 長尾晃行
○日程

13:00  オリエンテーション

13:10  入  堂

13:15  開白法要(かいびゃく ほうよう)

13:45  勧  誡 ①

14:25  休  憩 

14:40  勧  誡 ②

15:20  休  憩

15:35  帰  敬  式

16:30  閉  式


帰敬式とは、浄土宗入門の第一歩であり、
阿弥陀如来前にてお念仏についてのお話を聞き、
お念仏を称え、明るく正しく仲良く生き、
お念仏の教えを守ってゆく誓いをたてる儀式である。

当教化団では平成25年度に1回行われ、
今年度で2回目の開催である。

この度は受者(参加者)39名。
特に会所寺院の檀信徒を中心にご参加をいただき、
さらには小樽市内の浄土宗各寺院檀信徒のご参加もいただいた。

次年度以降も継続的に開催し、
お念仏の教えのご縁をさらに深めていきたい。

合掌
イメージ 1
















イメージ 2
















イメージ 3












イメージ 4
 



イメージ 1




















【開会式の様子】

平成27年2月21日(土)午後1時より、
小樽市民センター マリンホールにて、
当教化団主催「平家物語の熊谷直実〜音楽をまじえて〜」講師:熊谷かおり氏
講演会が開催されました。
(後援:浄土宗北海道第一教区教務所・浄土宗北海道保育協会・北海道第一教区浄土宗青年会
 
 
協力:浄土宗ともいき財団)

上記、写真は開会式の様子です。

当日は一般の方々も含め、300名以上のご来場をいただきました。
開会式では、北海道第一教区内の各分団長に出仕いただき、
勤めさせていただきました。

開会法要の後には、当教化団長 麻上昌幸より皆様へご挨拶、
そして、ご来賓より、浄土宗北海道第一教区 教区長 野村定弘上人より、
ご挨拶を頂戴いたしました。

イメージ 2





































イメージ 4
イメージ 3


























開会式が終わり、
午後1時30分より、
熊谷かおり先生にご講演いただきました。



先生は初めて北海道の地にお越しになられたそうです。
雪国に住む私たちにとっては、二月は雪も少なめに経過し、
例年になく穏やかな二月と感じていましたが、
北海道の冬景色、特に歩道に積まれた雪の壁を初めて目の当たりにして、
先生はすごい雪で感動したと仰っていました。

  
講演ではご先祖である熊谷直実公のお話を詳細にわたってお話くださいました。
講題にある平家物語の直実公、
一の谷の戦い、そして、法然上人とのお出会い、
お弟子になったこと…。

中でも印象的だったのは、
ご先祖である直実公とのご縁を深めることになったきっかけのお話でした。

約八年前、浄土宗の大本山の一つである金戒光明寺から電話があり、
チラシに熊谷さん宅の電話番号を載せてしまったとお詫びがあったとのこと。
実は金戒光明寺と熊谷さんの電話番号は一ケタ違いの番号だったそうで、
このことがきっかけで金戒光明寺に詣でることになったそうです。

それまで先生は、直実公はご先祖であるくらいで詳しくは知らなかったそうなのだが、
金戒光明寺が直実とご縁が深いのを初めて知るのです。
山門脇には蓮池院(熊谷堂)があります。
名前の通り、 蓮池院は直実が出家し、法力房蓮生法師となって修行した場であり、
一角には「熊谷蓮生供養塔」と「平敦盛供養塔」が法然上人御廟を挟む形で
建てられており、ここにお参りした時、運命を感じたと言います。
この時、奇しくも蓮生法師八百回忌の前年であったといいます。
本当に不思議なご縁というのはあるものだと感じました。

また、講演中、
来場の子どもたちがステージに上がって、
先生と一緒に歌を歌う場面もあり、
会場一体となって、
盛り上がり、楽しいひと時も幕を閉じました。

最後に一緒に歌った子どもたちから、
先生へ花束の贈呈があり、
先生も喜んでおられたと思います。

イメージ 5





















講演が終わって、
最後に閉会式が勤められました。

閉会式では、
北海道第一教区青年会会員に式衆を務めていただき、
閉会挨拶では、
当教化団 副団長 寺井一哉より、
来場の皆様へ御礼の挨拶があり、
無事に終了させていただきました。

改めて、ご来場の皆様には心より御礼申し上げます。
また、ご遠路よりお越しいただきました熊谷先生、
並びにお手伝い下さった多くの方々へ、御礼申し上げます。

合掌

浄土宗北海道第一教区教化団 帰敬式のご案内


 
小樽組内ご寺院檀信徒 各位


主 催  浄土宗北海道第一教区教化団

主 管  浄土宗北海道第一教区小樽組


 

 檀信徒の皆様におかれましては、お念仏信仰のもと阿弥陀さま、ご先祖さまのご加護をいただき、益々ご健勝にてお過ごしのことと拝察申し上げます。

 

 

 さて、帰敬式とは、浄土宗入門の第一歩の儀式です。本堂の仏さまの前で、お念仏についてのお話を聞き、お念仏を唱え、明るく正しく仲良く生き、お念仏の教えを守っていく誓いをたてることです。

 


 この度は、新しくお檀家さまになられた方々はもちろんのこと、平素からお寺とのご縁を深くされている皆様方にも、是非ともご参加をいただき、お念仏の教えのご縁をさらに深めていただきたくお勧め、お願いを申し上げます。

 

 

 つきましては、万障お繰り合わせの上、ご参加を賜りますようお願いを申し上げます。


 

             記


日 時   平成27年3月4日(水)午後12時30分〜受付

会 場   大 寺 小樽市忍路1丁目281号  

          (℡0134-64-2138)


戒 師   大忠寺住職   長尾夕照上人        

勧誡師   浄土宗北海道第一教区教化団 理 事 長尾晃行上人              

参加費   ありません

持参品   念

    平成2725(水)までに、

      小樽組内各お寺へお申し込みください


 

          【 スケジュール 】



   

13:00までにお集りください
13:00 オリエンテーション
13:10  入  堂
13:15  開白法要
13:45  勧  誡 ①
14:25  休  憩 
14:40  勧  誡 ②
15:20  休  憩
15:35  帰  敬  式
16:30  閉  式

 
 


 
 
 

イメージ 1
案内チラシ(表)
 
イメージ 2
 
 
 
案内チラシ(裏)
 
 
 
 
【講演会のご案内】
 
この度、上記(詳細チラシ参照)講演会を開催する運びとなりました。
 
ご講演いただく熊谷かおり氏は、武将熊谷直実公(くまがいなおざねこう)の末裔で、現在、「マイミュージカルカンパニー」を主宰されています。
 
ご講演では、ピアノによる弾き語りがあり、その後、
ご先祖である熊谷直実公のお話を頂戴いたします。
直実公は、のちに浄土宗祖法然上人のお弟子となられたお方です。
 
開催にあたっては、広く皆様にお足運び賜りたく、
どなたでもご自由にご来場いただければ幸いです。
 
何卒宜しくお願い申し上げます。
 
その他、詳細についての問い合わせは、
下記事務局まで、お問い合わせくださいますよう、
お願いいたします。
 
(問い合わせ先)
 
浄土宗北海道第一教区教化団事務局 浄土寺内 長尾晃行
 
 ☎  0134−62−2049
 
 
 
 
 
 
 
 

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事